いだてん ネタバレと感想 第22話 ヴィーナスの誕生

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第22話は「ヴィーナスの誕生」です。どちらかというと孝蔵の話にはあまり興味がなかったおばさんですが、今回のくだり=東京オリン噺はなかなか良かったですね~ああいうクドカン節、結構好きです


以下ネタバレのあらすじですいだてんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


その孝蔵に見合い話が持ち込まれました。相手は高田馬場の下宿屋の箱入り娘=りん(夏帆)です。りんは以前父親と一緒に孝蔵の落語を聴きに行ったことがあるそうで、その時父親が「大人しくて真面目そうな孝蔵」をいたく気に入ったのだそう。って、舞台の上でそんなんじゃあ致命的でしょうが


その頃の孝蔵は「真打」への昇格話が出ていました。三遊亭小円朝一座に交じって土佐廻りをした時の仲間、万朝(柄本時生)は孝蔵の晴れ舞台のための羽織を送ってくれていたそうです。その時が来るまで渡さないでほしい~そうでないと質に入れて飲んじまうからとは孝蔵の性格を熟知していたようですね


そんな気持ちに感動はしたらしいものの、それだけにへそ曲がりな孝蔵としては、その着物をやっぱり質に入れて飲んだくれてしまいます。席亭や師匠の馬生が用意してくれた袴や草履、小道具まで一緒に質入れしたそうです。質屋には「これで誰でも馬きんになれるとばかりに一式飾ってあったそう。


いつも通りのヨレヨレな姿で真打のお披露目をした孝蔵は、その後すぐに見合いをして、りんを妻にもらいました。お嬢様育ちのりんは、孝蔵に言われるまま金をだし、夜戻ってこなくても仕事のためだとニコニコ笑っていたそうです。まさしく知らぬは女房ばかりなり~ってね


そんなりんがこれからどんな風に逞しくなっていくのか(絶対なるはず)、その経過が楽しみですね


さて四三はというと、あれから女生徒たちはすっかり素直にかつ真剣にスポーツに取り組んでいきましたすっかり四三に懐きましたね(^^)/。特に富江と梶原はテニスのダブルスで圧倒的な強さを見せ、また富江が、当時世界ランク1位のスザンヌ・ランランの写真をもとにデザインしたユニフォームも一躍話題となって女子スポーツ界のアイドル的存在となります


ちなみにこの富江と梶原にもモデルがいるそうですよ。お茶の水高女の田村富美子と梶川久子というふたりだそうで、二人が作ったテニスウェアは「田村・梶川式ユニフォーム」として三越で販売されたのだそう(はじめての女子参加国際試合)。


ドラマでは、シマの夫の増野の百貨店で売り出されたようですね


ふたりを初めとする女生徒たちは、スポーツの楽しさを教えてくれた四三を父親のように慕い始め、しまいには「パパ」と呼ぶようになったのだとか


ある時彼女たちは、短いスカートを履いても太い大根足ではカッコ悪い、西洋人のようなすらっとした脚になるにはどうすればよいかと真剣に悩みます。それで思いついたのが「陸上選手」の脚です。パパの脚を見せて!!


これを聞いたスヤの反応がまた可笑しかったですね~


パパ、ってなんか嫌らしか~鼻の下伸ばして!


四三の鍛え上げた脚に感動した彼女たちは、自らも毎日走ると言い出しました


その様子を見ていたシマの表情は複雑です。なんとシマはおめでただったそうなのです


せっかく女子体育が普及してきたというのに、自分は参加するどころか貢献すらできない、とうつむくシマを、スヤが大いに激励しました。何の負い目もなか。丈夫な子を産みなっせ!


もちろん四三も大喜びでシマの妊娠を祝福しました。でかした!でかしたぞ!!スヤの妊娠を聞いた時と同じ( *´艸`)


この報告を受けたトクヨも心中複雑そうでしたね。何せ増野は元々トクヨの見合い相手だったのですから。私が思う相手(野口)には妻も子もいたのよっ!!


トクヨは二階堂体操塾なるものを設立し、そこに講師として野口を招いたそうです。って、この話(片思い説)はもちろんクドカンの創作ですよね


その後富江たちは岡山で開かれたテニス大会に出場することになりました。そこに現れたのが、人見絹枝(菅原小春)です。金栗四三さんは知らなくても人見絹枝さんをご存知な方は大勢いらっしゃいますよね。何せ日本人女性初のオリンピックメダリストですからね。これはネタバレではありませぬね


とはいえ、銀メダルを取ったことは知っていても、その体格が並外れて大きかったことやテニスも強かったことは初耳でした。いくら強いとはいえ、所詮はお嬢様テニスの富江たちはまったく歯が立ちません。まるで大人と子どもの試合のようでしたね


ふたりと四三は負けたことに執着していましたが、付き添いのシマだけは、この人見こそ、今後の日本女子陸上界を背負っていく人間だと見抜きました。あなた東京へ出てこない?


人見は負けず嫌いなため、出るからには勝たねばと思うけれど、それでも勝てば大女と馬鹿にされるのが嫌で、高校を卒業したら大学の文学部に入るつもりだったそうです。シマは東京に戻ってからも熱心な手紙を送り、人見の説得に当たったそうです。


一方、自分たちが所詮井の中の蛙だったことを知った富江たちは、ますますスポーツに打ち込んでいきました。ある時障害物競争をするにあたり、ランニングシューズがきついと感じた富江はあっさり黒い靴下を脱いだそうです。


これが大いに話題を呼びました。今ならなんてことない出来事ですが、当時としては、若い嫁入り前の女子が人前で素足をさらすなどあってはならぬことだったのでしょう。その写真は飛ぶように売れたそうです。小梅に振られてホームレスとなった?美川も道端で会った紳士にこれを売りつけました


その紳士こそ、富江の父の大作(板尾創路)だったのだそうです!?


大作は早速学校に乗り込んできて、四三を首にしろと息巻きました。四三は懸命に「女子体育の必要性」を訴えますが、大作は聞く耳を持ちません。なんと署名活動までして四三を辞職に追い込もうとします


この騒ぎを知った富江たちは教室に立てこもり、断固反対しました


裸足で走って何が悪い!女らしくしろと言うが「女らしい」とは男が決めた基準ではないか!?絶対パパを辞めさせないっ!!男らしい基準は女が決める!( `ー´)ノ


果たして四三はこの事態をどう収めるつもりでしょうか?四三、ピーンチ!( ;∀;)


次回はどうやら関東大震災も起きるようでしたが??


いだてん」は女性が強くなってきてますます盛り上がってきましたね~。来週の放送も楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←21話のレビュー  23話のレビュー→



いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません