集団左遷!! ネタバレと感想 第8話 横山の真の狙いはどこにある?

福山雅治さん主演の日曜劇場、【集団左遷!!】の8話では驚きの事実が明らかになりました。以下早速ネタバレです集団左遷!!のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


なんとなんと、三友銀行の上層部は、日本橋支店に裏金をプールしていました。まさに日本橋支店は彼らの贅沢なATMと化していたのだそうです!?


支店を次々に廃店にする前に、そっちをどうにかしなさいよって話でやんすが、もしかしたら、横山の真の狙いはそこにあったのかもしれません。肉を切らせて骨を断つ?


それが明らかになった経緯はこうです


その後も続々と廃店が増えていく中、片岡は隅田から上場を控えているレジーナホームズに不正融資の疑いがあると打ち明けられ、その調査を頼まれました。レジーナホームズは日本橋支店の管轄であり、これは頭取直々の依頼だそうです。


時を同じくして、日本橋支店の真山もこのレジーナホームズに対する疑いを抱いていました。レジーナホームズの担当は金村支店長ですが、元々日本橋支店にこの会社を紹介し、その後も積極的に融資を勧めたのは横山だそうです


真山いわく、レジーナホームズはシェアハウスで有名で、確かに書類上は優良企業らしいのですが、ネット上の評判は散々なのだとか。


真山と片岡は早速協力して調査に乗り出しました。ふたりはまずレジーナホームズへ乗り込み、経理担当者にカマをかけて「本物の書類」を手に入れます。実際の片岡は「本部の融資部」とは名ばかりのお飾りですが、名刺にそうは書かれてませんからね。本部の融資部が尽力すると言われれば、相手の気も緩みます


入手した書類を精査すると、入居率は50%以下の自転車操業だったことが判明しました。金村支店長は実態を隠して融資を続けていたのです!?


片岡は早速これを隅田に報告に行くのですが、その頃横山は抜かりなくこの件を取締役会に報告し、金村に全責任を押し付けていました。横山が背後にいたのは明らかですが、銀行にとってもひとりの責任で済ませる方がダメージが少ないということのようで、金村は責任を取って辞職したそうです。


片岡は、それが本当に三友の未来にとって正しいことなのか?と隅田に問いかけました。隅田は引き続き片岡に調査を続けるよう命じます。


片岡と真山が調査を進めた結果、横山がレジーナホームズを日本橋支店に紹介した時点で、レジーナホームズが建築基準法に満たない部材を使ってコストを削減するという不正が行われていたことが判明しました


ふたりはこれで、横山にとって何らかのメリットがあったに違いないという結論に達します。それが「裏金」です


金村に聞いてもらちが明かなかったため、片岡は真山に融資先を見直してもらうよう指示しました。片岡自身は「口座情報」を確認することにしますが、梅ちゃんこと梅原からは、もう片岡には協力できないと断られてしまいます


きれいごとじゃ家族は守れないんだ!


梅原はこれを早速横山に報告したため、横山は融資部の部長に命じて片岡に仕事をタップリ押し付けました。部長は同じ部の新堂(馬場徹)に片岡を見張るよう命じます。が新堂は、リストラでも出向でも、自分が納得できればそれでいいと語った片岡を信頼し、部長の目を盗んで口座情報を引き出してくれました


その片岡は、もう外も真っ暗だというのに、横溝がいる町田支店が廃店になったと聞いて町田支店に駆けつけます。そこには横溝が立ち尽くしていて、片岡が来てくれたことに感謝しました。ここでも頑張ったけど、蒲田支店の時のようにはいかなかったという横溝は次は電機会社への出向が決まったそうです。


そこでも頑張りますよ


横溝はそう言って、むしろ片岡のことを心配してくれます。下手なことしちゃダメですよ、ご家族のためにも


一方の真山は、金村に代わって支店長になった鮫島の手帳を盗み見る機会に恵まれました。そこには口座番号らしい数字が羅列してあったそうです。


片岡は再度金村に会いに行って、この数字を知らないかと問いただしました。相変わらずだんまりを決め込んでいる金村に、それで納得できているのか?と迫ります。これは金村さんにとって正しいことなんでしょうか?


この時は片岡を追い返した金村も不安になったらしく、横山に話を聞くことにします。横山は「すべては三友のためだ」という言葉を繰り返しますが、その帰り道、横山がダイバーサーチの代表と会っているのを見た金村はついに決心しました


時を同じくして片岡は、鮫島の手帳に記載されていた番号が、大口融資先が海外に持つ銀行の口座番号だと突き止めていました。どの融資先も、融資を受けて3日以内にその銀行口座に全額振り込んでいたそうです。


それが横山の裏口座に違いない!!


口座は既に解約され、通帳も鮫島がシュレッダーにかけていましたが、金村がついに事実を明かしてくれました


「大口融資先」はすべてペーパーカンパニーであり、その銀行口座は代々の日本橋支店長が支店の金庫で管理していたのだそうです。その金は三友の役員たちへの裏金に使われていました。金の受け渡しには骨董屋が使われていたそうですよ。価値のない骨とう品を購入したことにして、現金を渡していたのだとか


金村はその店に誰がいつ来ていくら受け取ったのかをすべてメモしていたのだそうです。そこには横山を初めとする7人の役員の名前が記してありました


これで横山の不正を暴くことができる!!


ところが、土壇場に来て、なんとなんと頭取の藤田が裏切りました。藤田は片岡からこの手帳を預かり、そこから横山の名前を消してしまったらしいのです!?


横山はニヤリと笑って他の6名を断罪しました。となると~藤田はとりあえずこの6人の敵を排除するために横山と手を組んだのでしょうか?


しかも横山は、このピンチを脱するにはダイバーサーチと資本提携するしかないと提案します。それが「正義」だとのたまう横山は、いったい何を守ろうとしているのでしょうか?


横山はさておき、真山や片岡が一貫して「正しいこと」をしようとしている姿勢が何とも好ましいですね。それも会社を基本に考えるのではなく、人~自分や顧客が幸せになって初めて会社も成長できるという信念には大いに共感させられます


横山の正義も我々を納得させてくれるものなのでしょうか?


集団左遷!!」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←第7話のレビュー  第9話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ