ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第31&32話 籠の鳥

ミーユエのあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: ミーユエ~王朝を照らす月~全81話 あらすじと感想、登場人物一覧


中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の31話は「血書」、32話は「光と影」です。以下ネタバレのあらすじですミーユエのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


崖っぷちに立たされた魏夫人は、血書を書いて大王に拝謁を願い出ましたが、大王(恵文王)は応じてくれません。母を哀れに思った華公子は、そんな魏夫人に付き添ってともに許しを請いました


一方の魏長使はすべてを白状して自殺してしまいます。樊少使に足を引っかけて石段から落としたのもこの魏長使だったそうです。


報告を受けた大王は、ユエが正しかったのだと改めてユエの賢さに舌を巻き、魏長使の死に免じて魏夫人を許すことにしました。魏長使は果物のはちみつ漬けが得意だったそうで、大王はそれももう二度と食べられぬと感慨深げでしたね


それでも不安な魏夫人は、穆大監におもねってなんとか大王の本音を聞き出そうとしました。老獪な穆大監は魏夫人からの付け届けをチャッカリ受け取り、大王は、行いさえ正せば許してくれると答えます。


と同時に、大王が魏を討伐するつもりだと知った魏夫人は早速大王に手紙を書きました。魏の討伐には息子の華公子を先陣に送ってほしいと願い出たのです


そもそも恵文王はたとえ王室関係者であろうとも、武勲を挙げなければ報酬も与えなかったそうなのです。逆にいうと、どのような身分の者でも武功を立てれば引き立ててもらえるということです。それを思うと冉の今後も楽しみですね


またライバルが失脚して余裕の羋姝は、魏長使の遺児(壮公子)を引き取ることにしたそうです。愛情や憐れみからではなく、敵を減らすためだという羋姝は、なんだか威后に似てきましたね


その後、恵文王の誕生日が近づいてきました。毎年誕生日を祝ったことはないらしいのに、羋姝は、世間に広まる「凶兆」の噂を払しょくするためにも慶事で厄払いがしたいと考えたそうです。


また穆大監も、こちらはユエに、盛大に祝ってほしいと頼んできました。ユエは葵姑と一緒に大王の着物を縫って刺しゅうを施していたようです


が、大王は、祝宴の場に顔を見せてすぐに「友人に会いに行く」と出ていってしまいました。しかもユエにだけ供をするよう命じます。羋姝は立場がありません


大王が出かけたのはなんと商鞅の墓でした。かつて商鞅を車裂きの刑にした恵文君こそ、今の恵文王だったのだそうです!?(第1話 覇星の誕生) しかもその処刑の日は恵文王の誕生日だったのだとか


自ら手を下したとはいえ、大王は商鞅を高く評価し、尊敬もしていたそうで、商鞅が死んで以来、公孫衍をその代わりにしようとしたけれど、逃げられてしまったとその墓に報告しました。


この事は決して誰にも言ってはならぬ


そう命じられたユエは、羋姝が気をもんでいると知りながら、何も話すことができませんでした。


こ~れは大王が悪いですよね。いくら仲の良い姉妹とはいえ、方や王后、方や寵妃という立場で、その寵妃に秘密を明かしたのに王后には内緒って、王后がむくれるのも当然ではないでしょうか。んなことも分からんで、政治が務まる??それともわざと仲たがいをさせたかったの?


一方、四方館でユエを見かけた黄歇は大声でその名を呼びましたミーユエ!。が、そこにいた張儀に邪魔されてしまいます


ユエは確かに黄歇の声だったと悩みました。羋姝を襲った犯人が分かった今、私は秦に留まっていても良いのだろうか?あの世にいる黄歇が私を呼んだのではないだろうか?


その黄歇は市場で偶然見かけた女医の摯にユエへの文を託しました。私が生きていることをユエに知らせたい


時を同じくしてユエはついに妊娠しました。大王は大喜びで男の子を産んでくれ、と激励しました。ユエはこれで自由を失った、とうつむきながらも、今後は子どものために生きようと決意します。


そう言いながらも、大王から贈ってもらった「籠の鳥」に自分を重ねるユエです。もう自由に空を飛べないのに、美しく歌うことなどできるのかしら?


そんなユエを見た摯は黄歇からの手紙をこっそり燃やしてしまいました。今さらふたりが会ったところでどうなるものでもないと考えたのでしょうが、せめて黄歇が生きていたことだけはユエに知らせてあげてほしい。そして黄歇にもきっといつか素敵な人が現れると信じたいです


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません