パーフェクトワールド ネタバレと感想 第8話 死ぬ時後悔しないために

松坂桃李さん主演のドラマ、【パーフェクトワールド】の8話を視聴しました。いや~ここまで来るのに死ぬほど長かったですね~ホントにしんどかったですわ。以下早速ネタバレですパーフェクトワールドのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


樹が倒れていたのは、山奥にあるモデルルームだったそう。そうそう、地元産の建材を使ったらどうかとつぐみが提案したんでしたね。そこにはつぐみと行くはずだったのに、樹は是枝に気を使ってひとりで見に行ったのだとか


つぐみは早速モデルルームへ向かいましたが、地震のせいで土砂崩れが起きたため、道は大渋滞です。そこへ長沢から電話が入り、排尿ができなければ尿毒症で死ぬかもしれないと聞かされました


つぐみはタクシーを降りて走りに走ります


一方の樹は材木の下敷きになっていましたが、何とか自力で脱出を試みていました。そこへようやくつぐみが到着します。


鮎川君!川奈っ!!


樹を助け出したつぐみは真っ先に排尿について確認しました。樹が気まずそうにまだだと答えると、つぐみはカテーテルを取り出して席を外します。


何でこんな危ないことしたの!?


樹は素直に反省し、つぐみが来てくれたことに感謝しました。でもつぐみは長沢が心配していると言ってすぐに電話をかけに行きます。


その後ふたりは地元民と一緒に避難所で過ごすことになります。おにぎりはもらえましたが、布団はなかったため、係の人=半澤がワゴン車を貸してくれました。樹は姿勢を変えないと褥瘡がひどくなってしまうのです。


つぐみはそこでも樹への批判を止められません


鮎川君は何でも1人でできるって思い過ぎ。そういうのって気遣いっていわないと思う。人間 1人でできることとできないことがあって当たり前じゃない。もっと反省して!もっと人を頼らなくちゃダメ!


かつてチャコがいなくなった時もこんな会話があったと思いだした二人は、自然に笑顔になりました


樹は、今回死ぬかもしれないと思った時、人生は何が起きるか分からない、と改めて痛感したと打ち明けます。川奈の笑った顔がまた見れてよかった


またつぐみは翌朝早くにまだ寝ている樹の寝顔をスケッチします。つぐみは以前、樹への想いがいっぱい詰まった桜の絵を捨てることで樹への気持ちを断ち切ろうとしていました。それがまたこうして、今度は本人の顔を描くことで、樹への気持ちを再確認したのではないでしょうか


そう言いながらも、その後も大きな進展は何もありませんでした


つぐみと樹は、それぞれ、迎えにやってきた是枝と長沢とともに帰っていき、是枝とつぐみは着々と結婚準備を進め、樹は高木夫婦の仕事を後輩に譲ると言い出します。長野に往復することで東京での仕事が溜まりに溜まったからというのが理由です。


渡辺は心配そうでしたが、樹は、10年前の事故の時は生きているのが嫌になったけれど、今回の地震ではハッキリ「まだ死にたくない」と思えたと語りました。そうしたら、霧が晴れたみたいに迷いが無くなって「大事なもの」がハッキリ見えたのだそうです


それでこれかい~と思ってまたまたヤキモキしていたところ、ラスト数分に来てよ~~~~~やくふたりが決意を固めてくれました


つぐみは、前に踏み出した高木夫妻を見て、どんな未来が待っていても2人が一緒なら乗り越えられる、どうなるかわからない未来を恐れて別れるなんて間違っていた!と悟り、樹も「後悔がある」と言ってつぐみのもとに戻ってきます。


もう逃げたくない。正直に生きていきたい。川奈のいない人生がどうしても考えられなかった。


これは予告のセリフですが、先走りで使わせていただきまする。そうそう、そうこなくっちゃね


同じ予告で是枝としおりはつぐみを詰っていたけれど、しおりはともかく、是枝はつぐみの気持ちを分かっていながら、つぐみが断れないのを百も承知でそこにつけ込んだのだから、それを非難するのはお門違いってもんざんすよ


これまでずっと自分よりつぐみの気持ちを優先してきたんだから、今回は譲らない~そう思った気持ちは手に取るように分かりますが、長沢が言うように、それは惨めなだけでしょう。ま、あんたにだけは言われたかないですが


これで来週は笑顔の二人を精一杯応援できそうで楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←第7話のレビュー  第9話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません