契約主夫殿オ・ジャクトゥ あらすじと感想 第10&11話 円満アピール

契約主夫殿オ・ジャクトゥのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 契約主夫殿オ・ジャクトゥ (全34話)


韓国ドラマ、【契約主婦殿オ・ジャクトゥ】の10話は「円満アピール」、11話は「本当の名前は」です。これまためっちゃ可愛かったですね~。もはやすっかりハルモニの気分です。以下ネタバレのあらすじですangel onpu


まずは「円満アピール」が楽しかった


スンジュは、ジャクトゥが事故に遭ったと聞いて激怒し、(私のハニーを轢くなんて)相手は誰だ!、徹底的に謝罪させて慰謝料をふんだくってやる!!と息巻きました。ジャクトゥがいくら大丈夫だと言っても耳を貸しません。


早速「連絡先」に電話をし、大声でエリックを怒鳴りつけて呼び出しました。夫が死んだらどうするのよっ!!


エリックは、大人しく帰ったと思ったら本当は「当たり屋」だったのかと疑います。いざとなったらすぐに警察を呼ぶ準備をして待っていたら、現れたのは愛しのスンジュでした。驚くエリックにスンジュもまた、大きな態度を取れなくなります。何せスポンサー様ですからね


エリックは、今さらスンジュが好きだったとは言えず、人妻に恋をしてしまった自分を恥じ入ります。既婚者が差別されると思って黙っていたのか?夫婦円満なら何よりじゃないか!


そこでスンジュは、エリックの前では特に円満ぶりを発揮せねばと思い込み、ジャクトゥに言って聞かせます。熱々ぶりを披露しないと、私の仕事に差し支える


エリックは、自分の動揺を隠すためにも大いに張り込み、ふたりをフレンチレストランに連れて行きました。そこで流暢なフランス語を話すエリックにスンジュが見惚れていると、ジャクトゥはそれを面白くなさそうに見ています


食事が運ばれてくると、ジャクトゥはナプキンを首にかけました。エリックは注意しようとしますが、スンジュもすかさずこれに倣ったため何も言えなくなってしまいます。しかもふたりは、その格好でイチャイチャした上にジャクトゥがスンジュに「あ~ん」と食べさせたのです。絶対できないと言っていたわりには、ジャクトゥ、上手にお芝居しましたね


調子こいたジャクトゥはどんどん強気に出ました。大怪我をしていたら多額な損害賠償を請求するつもりでしたよ


スンジュは慌ててこれを止め、心配はいらない、山育ちだから頑丈にできている、とジャクトゥを触りまくりました。その上ジュースにむせてしまうと、ジャクトゥがかいがいしく世話をします。こういう時はお湯だと言って、自らお湯を飲ませました


エリックはもうそんなふたりを見ていられず席を立ちます。胃がもたれるからお先に


世話好きなジャクトゥは、もたれる時は血を抜くのが一番だと後を追いかけようとしますが、スンジュは「高級羊羹」を残すのはもったいないと引き留めました。ジャクトゥがどうでもいいと言っても、ちゃっかりナプキンに包んで持ち帰ります


会計をしていたエリックに、店員が、スンジュがプロポーズの相手かと思ったのに残念でしたねと声をかけると、エリックは本心を悟られまいとして、わざとスンジュの悪口を言いました。あんな女性が好みだと思われたくないな


先に来てこれを耳にしたジャクトゥは、後からきたスンジュの耳を塞ぎます。んも~なんて優しいんだ、ジャクトゥ


ジャクトゥはエリックを睨みつけて黙らせ、帰りの車の中であんな男は信用しちゃいけない!とさんざん言い聞かせました。でもスンジュは相手にせず、高級羊羹を渡して先に帰宅するよう促します


仕事を終えて戻ってきたスンジュは、ジャクトゥに湿布薬を渡そうとして、何も考えずに寝室に入りました。ジャクトゥは思わずハッとして身構えましたが、スンジュはそれより数秒、否数十秒遅れて気づきます。怖くなかったわ!病気が治った!!


それでもスンジュは「契約延長」を申し出ましたが、ジャクトゥは、山は3月が一番忙しくて楽しい時期だから帰ると言い張りました。とはいうものの、犯人のことはまだ気になっていたようです。


その犯人がスンジュを恨んでいる原因はどうやら「セミ」という女性のようです。今回キョンスクが、以前スンジュは独身だというだけでインピョと噂になったことがある、と語っていたので、やはり嫉妬絡みなのでしょうか?


また11話の「本当の名前は?」では、そのタイトル通り、スンジュがジャクトゥに「本当の名前」を教えてほしいと迫りました。きっかけは、ジョンオクが「オ・ジャクトゥ」を調べたのに存在しないと知って「詐欺師」呼ばわりしたことですが、本音は好きな人の本名を知りたくなったからですよね


今日山に帰ると言っていたジャクトゥが、三婆が上京してきたために帰れなくなり、スンジュが戻ってきたら家に電気がついていたのを見て喜んだシーンも可愛かったですね~。まだ帰らなかったんだわ!!


皆で夕飯を食べる際、スンジュが下を向いて髪が下がってきたのをジャクトゥが心配してつかんでいたシーンも可愛かったですね~。三婆は思わず見とれてしまいます


この三婆の配慮によって、ふたりは同じ部屋で寝ることになり、ジャクトゥは境界線にトイレットペーパーを置きましたが、そこを挟んであれこれ話しているうちに、スンジュは寝ぼけながらどさくさ紛れにジャクトゥが好きだと告白してしまいます。


これまでは生活費を稼ぐことで精一杯で誰かを好きになったことなどなかった。「誰かを好きになったかもしれない」とこの私が思うなんて生まれて初めてです。名前も教えてくれないのに


でもかまわない。人を信じるということはたとえその人に騙されても信じ続けることだから


ジャクトゥは、スンジュの髪を指でかき揚げ、オ・ヒョクです、と伝えました。それが俺の名前です。


でもスンジュはすっかり寝入ってしまったようで?? この記憶がフラッシュバックする姿が目に見えるようですね


契約主夫殿オ・ジャクトゥ」は続きもとっても楽しみですね



契約主夫殿オ・ジャクトゥ DVD-BOX1


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません