グッドファイト3 ネタバレと感想 第1話 悩み多き日々

グッドファイトのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: グッドファイト(The Good Fight) あらすじと登場人物、キャスト


amazonプライムで【グッドファイト3】の配信が始まりました。一昨日まで何かトラブっていたようですが、たまたま昨日覗いてみたところ、タイムリーに視聴できたのはやはりドラマの神様のお導きでございましょうか


第1話は「悩み多き日々」(The One About the Recent Troubles~最近のトラブルについて)です。原題はすべてこの「The One ~~(定義)」で統一されていたようです。何をどう定義していくのか、今からワクワクしちゃいますね


以下ネタバレのあらすじですグッドファイト3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


のっけからお得意の「トランプネタ」です。こうしたヴィヴィッドなネタを、それも炎上後じゃなくてまだくすぶっている段階=事前に踏み切ってドラマにしちゃうところがスゴイですよね~。日本では考えられない表現の自由が超羨ましいです


レディック、ボーズマン&ロックハート事務所(以下RBLと省略)では新たな顧客を獲得するため、わざわざ人を雇って事務所の「カラー」(特徴という意味だけど「黒人」という意味でもある)を打ち出すことになりました。ことさら「アフリカ系」を売りにするつもりはありませんが、創業者で偉大なカール・レディックの業績と逸話は外せません。


事務所のサイトに乗せるため、マリッサとジェイはカールにゆかりのある人物にインタビューに行きました。すると秘書のシンシア・クロムリー(Regina Taylor)は、思いもよらない事実を告白します。なんとカールはシンシアをセクハラしていたのだそうです。しかもオー〇ル・セッ〇スを強要したのだそう!? 思わずハワード・ライマン@グッドワイフかと思っちまいました


その上、急いで緊急会議を開いたところ、その議事録をまとめるはずの速記係までカールのセクハラの被害者だったことが判明します他にもいそう(;´Д`)


もちろん、小心者のエイドリアンはなんとかもみ消そうとしましたが、マリッサが許しませんでした。徹底したフェミニストのマリッサはどんな時でも虐げられた女性の味方なのですオトコマエなマリッサが大好き( *´艸`)


でもエイドリアンも薄々はカールの性癖に気づいていたようで、それとなく戒めるために、オフィスをガラス張りにしたのだそうです


それでもスキャンダルは最小限にすべきだとの見解から、シンシアには金を払った上で「機密保持契約」(Non-disclosure agreement~NDAを結ばせることにしました。今回はグッドファイト小劇場」(The Good Fight Short)と称して、このNDAの歌まで作っちゃったのには感心しきりでございましたね


If there's a secret and you want someone to keep it kept. What kind of contract is the carpet under which it's swept? NDA!!
誰にも知られたくない秘密がある時、どんな契約を結べばいい?NDA!!


皆が遠慮して黙っていたのに気づいたリズは、自ら交渉役を買って出て、父との思い出を葬りましたHe's dead now.(これで本当に死んだ)


忙しいのは仕事のせいだと寂しさを我慢していたのに、裏でそんなことをしていたなんて、娘としてはやりきれませんね。しかもその後始末をしなくちゃいけないなんて。リズは早速マリッサに命じて「他の被害者」も探させました。


一方のダイアンは、いっそのことこの事実を公表すれば、肉を切らせて骨を断つの例え通り、RBLは一切隠し事の無い透明性の高い事務所だと胸を張ることができると主張しました


が、そのダイアンにも魔の手が忍び寄ってきます。なんとなんとカートがトランプの息子たち、ドナルド・トランプJr(通称ドン)とエリックを連れて狩りに出かけたのだそうです!?  


ダイアンは、これは紛れもなく自分と事務所への牽制だと解釈しました。私の夫は王様の家来と化した(I am married to the footman to the king)~その胸の内をベッドの中でカートの背中に語るんですが、それに答えているのは目の前にいるカートではなく「トランプ大統領」でした。あの声は本人のそれとしか思えませんでしたが、そこは合成したのでしょうか?


中絶の件をばらすわよ。神は信じてないけど地獄に落ちて!


You wouldn't do that. It's covered by an NDA.
できやしない。NDAがある。


ダイアンは鉢植えを窓辺にたくさん並べてタラ・ストロークス(Taylor Louderman)を呼び出し、契約書には欠陥があるから闘える、と促しますが、タラは及び腰のようです


ちなみに、このエピソードが放映された頃のアメリカでは、トランプ大統領がホワイトハウスの高官たちにこのNDAへの署名を求めたという話題で持ちきりだったそうです。もちろんホワイトハウスでは、契約を破ったら1件に付き1千万ドルの罰金を支払うというそのNDAの存在をキッパリ否定したそうですが、NDAという存在は明らかに「表現の自由」を奪っている=憲法修正第1条に抵触していますよね


また、角膜に傷が付いたらしいマイアは、目を守るためにいかつい、いかにも治療用のサングラスをかけて出勤しました。マリッサから上司の前では外すよう忠告されたため、マイアはジュリアスの前でボロボロ泣いてしまいます。ジュリアスはちょうど、マイアの父が事務所のイメージを下げるから、事務所のサイトにマイアを載せなかったと説明しに来たのです。


お人好しのマイアは特に気にしないと答えましたが、マリッサはそんなマイアにも忠告せずにいられません。もっと腹から大きな声を出して!小さくてか弱い女の子のイメージを消すためよ!!


そのマリッサからイケてるサングラスをプレゼントされたマイアは、自らのイメチェンに取り組みました。RBLのサイトのドメインをcomではなくてnetに変えたサイトを作り、ど真ん中に自分の写真を載せまくったのには脱帽でしたYounger, Tougher, Smarter(より若く、よりタフで、より賢い)って。その言葉通り、ナオミの鼻を明かすはずが逆にしてやられそうになったエイドリアンを助けます


もう3年目のアソシエイトなら、あんな狭いところにびっしり机を並べた「その他大勢の中で縮こまっていちゃダメですよね。まあ、机に脚を上げるのもどうかと思いまするが、仕事さえきちんとしてればようござんすね


またルカは事務所で搾乳して立派に子育てしていました。これまた事務所の戦略で「離婚部門」を任されそうになりますが、ルカは格が低いから嫌だと断ったようです。離婚専門というと(家族法の)デヴィッド・リーを思い出しちゃいますね


孫のお守にかこつけて、ルカの仕事に口出ししちゃうフランチェスカも相変わらず魅力的な女性でやんす。ルカは、夫はどうあれ、お姑さんには恵まれましたね


毎日見る時間はあっても書く時間がなさそうなので、今のところ週に1~2本が限界でしょうか。日本の春ドラマが終わったら集中できたら良いのですが。「グッドファイト3」は続きもとっても楽しみです



まずは一見


これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません