ワンダフル・ラブ ネタバレと感想 第42~46話 禍福は糾える縄の如し

韓国ドラマ、【ワンダフル・ラブ】の42話から本日放送の46話まで視聴しました。まさに人生悲喜こもごもですね。以下ネタバレのあらすじですワンダフルラブのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずはフンナムとヨンチェですが、ボッキの病を知ったギナムはその意思を尊重し、フンナムには真実を伏せると約束してくれました。が、性悪なウノクがユンジェから事実を聞き出して、フンナムに告げてしまいます


あなたとコ・ヨンチェは絶対に結婚できないわ!


フンナムはあまりの衝撃に言葉を失います。そこへヨンチェからフンナムがウノクとともに出かけたと聞かされたボッキが駆けつけてきました


私が本当のことを説明するわ!お願い、聞いて!!ミンスっ!!ミンスやっ!( ;∀;)


フンナムはそんなボッキを待たずに出ていってしまいます。


その後のボッキがまた哀れでしたね~。ボッキはウノクに泣いて懇願したのです


ウノクオンニ(ウノク姉さん)、もう過去のことは水に流して!お願いだから子どもたちを不幸にしないで!


いやいや、そんなことを言っても鬼のウノクには通じません。だってウノクはスジンにも「恩は水に流して恨みを石に刻めと教えたのですからね。逆だっつーの


だったら自分がユンジェに与えた恩こそ忘れるべきじゃありません?あ、忘れるのは「受けた恩」ですね~きっと。何せウノクはユンジェとスジンが付き合いだしたのを見て逆上し、ユンジェを恩知らず呼ばわりしたのですからね


ウノクがDNA検査の結果を捏造させたと聞いたスジンは、ほとほとウノクに愛想をつかし、それでも母親だから愛しているという言葉を残して家を出ていってしまいました。ボムソには、もう一度再検査をした方が良いと教えてくれます。でも結果は改ざんされていなかったのは、先週妄想した通りでした


ヨンチェは養子でボッキとの血縁関係はないと聞かされても、一旦は結婚を断念しようとしたフンナムも、ヨンチェを思うボッキの親心に感動して思い直します。ボッキはキム・ナンヒの陰謀で足りなくなったファッションショーのモデルを急きょ引き受けたのですが、カメラのフラッシュに驚いて転んでしまい、立てなくなってしまったのです


あの子たちがこの日のためにどんなに頑張ったか


ヨンイとギナムの言葉を思い出したボッキは勇気を振り絞って立ち上がり、立派にモデルを務めあげましたボッキ素敵だったわ~( *´艸`)。その様子はマスコミにも取り上げられ、ウノクはきりりとしたボッキのカッコいいモデル姿を目にすることになります


ヨンチェとの結婚を決意したフンナムに、ヨンイとギナムは母親=ボッキに会いに行くよう勧めました。フンナムはボッキに「息子のミンス」として会うのはこれが最初で最後だと言い渡します。ヨンチェを混乱させたくないというのです。


ボッキは、ミンスのために作った手料理でフンナムをもてなそうとしました。フンナムは一口食べて立ち去ろうとしますが、たまらずに戻ってきてボッキを抱きしめます。お母さん!!


考えようによっては、でも、こんなに幸せなことはありませんよね。ずっと離ればなれだった息子がようやく見つかって、実の娘のように可愛がってきた養子と結婚してくれるなんて、運命に感謝しこそすれ、呪う筋合いじゃありません


こうしてフンナムとヨンチェはめでたく結婚式を挙げました。付き添いにはハピルとジウが選ばれ、そこで小さな恋も芽生えます


フンナムはその誓いの言葉で、育ててくれた兄夫婦と妻となったヨンチェの母にも本当の息子のように尽くす、と誓いました。ボッキとボムソがまた実に感慨深げでしたね


が、幸せな時は長くは続きませんでした。ボッキの病状が急変し、通院しようとした車の中でパニックを起こしてしまったのです。いや~そもそも認知症患者がひとりで運転すべきじゃありませんよね。そう言えばドンスはどこへ行ってしまったと?


警察からの連絡を受けたボムソが駆けつけてきて、ボッキをすぐに病院に連れて行きました。ボッキは既にヨンジュンを忘れ、ミンスが3番目の息子だと思い込んでいます


ユンジェは、このところのストレスが原因で病状が急激に悪化したと診断し、一刻も早く家族に真実を告げるべきだと促しました。決して一人にしてはいけません。


ボッキはでもそのつもりはないらしく、せめて孫をこの手に抱きたかったとつぶやきました。どうやらボムソとどこかに身を隠すつもりのようです。


一方のヨンチェたちも、ついに3人が養子だと気づきました。ヨンチェはボッキの勧めでフンナムと寺に父の墓参りに行き、ヨンスとヨンジュンは結婚式のご祝儀の中に寺からの大金があったのを不思議に思い、寺を訪ねてきたのです。和尚さんにしてみれば、姪っ子の結婚式ですからね。それにお寺が立派になっていたのもボッキからの寄付に違いありません


そこで3人は実父ばかりか、生母の墓まで見つけたため、ボッキが生母ではないと確信しました。慌てて家に戻った時、ボッキはそこにはおらず、子どもたちに宛てた手紙とアルバムが置かれています。ボッキは口ではなかなか説明できないと、写真に手紙を添えて真実を明かそうとしていたのですボッキがまた可愛いんだこれが( *´艸`)


でもきっとミンスのことだけは内緒にしていたのでしょうね。


またもう一人の性悪女=キム・ナンヒは、実際に妊娠はしていたものの子宮外妊娠だったため、手術を余儀なくされました。しかも、その嘘が次々と明らかになっていきます


ウノクもジャンホも愛想をつかしてダジョンに戻ってほしいと言い出しますが、ダジョンはヨンスと生きていくことに決めたため、その心は揺らぎません。だってあなたも私を愛していないでしょう?


そこでナンヒは、最後の泣き落としに打って出ます。学歴も何もかも嘘だけど、あなたを愛していることだけは本当よ!


その人生ず~~っとウノクに愛されたいとこい願ってきたジャンホは、またしてもこの言葉にコロリと騙されてしまいました。最近はちょくちょく頭痛に悩まされていたようですが、来週はどうやら病院に緊急搬送されるようです。ウノクは結局、子どもたちをふたりとも失ってしまうのでしょうか。


これまたなんとも哀れですね~。あんなに裕福なのに、なぜもっと早く恨みを捨てられなかったのでしょうか。ボッキとウノクを見ていると、何事も前向きにとらえて生きていくことがどれほど大切なのか思い知らされます


来週(残り2話)はどうやらボッキとボムソの結婚式も行われるようです。ボッキには残された時間を目いっぱい幸せに過ごしてほしいですね



ワンダフル・ラブ~愛の改造計画~ BOX1~3


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  最終回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ