契約主夫殿オ・ジャクトゥ あらすじと感想 第12&13話 実はエリックがちょっと好きだったりする

契約主夫殿オ・ジャクトゥのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 契約主夫殿オ・ジャクトゥ (全34話)


韓国ドラマ、【契約主婦殿オ・ジャクトゥ】の12話は「初恋だから」、13話は「つながった欠片」です。あ~ついにジャクトゥに気づかれてしまいました。以下2話分合わせたネタバレのあらすじです契約主夫殿オ・ジャクトゥのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずはでもそのエリック=ボンシクですが、ああ見えてかなり誠実で、あれからずっと亭主持ちに恋する自分を責め続けています。も~ほかの韓ドラのキャラに爪の垢を煎じて飲ませたいわ~


いっそ仕事でも関わるまいと懸命にスンジュを避けようとしますが、スンジュはてっきりエリックに軽蔑されたと思い込み、何とかして売り込もうと必死です


スンジュはウンジョの紹介で、イ・ジニャン(ソン・インジャ)という国楽界の権威にインタビューに行くことになりました。スンジュは嫌がるエリックを(エリックの)車に乗せてびゅんびゅん飛ばしたため、エリックはますます「カリスマな彼女に惚れこんでしまいます。(


でもジニャンはエリックの顔を見るなり、席を立とうとしました。こんな男に話すことは何もない!!


エリックは懸命に、自分は父とは違うと説明しようとしますが、ジニャンは手を見せろと迫り、エリックの手が柔らかくて指紋もあることを批判します。お前はその手でカヤグムを作っていない!指紋が消えるほど指を酷使して初めてカヤグムについて語れるのだ!!


ふたりのやり取りを聞いていたスンジュは、おもむろにエリックを庇いました。私は代表を尊敬しています!!


エリックはこれでまたすっかり惚れ直してしまいますの。も~どんだけ純情なんでしょうか


とはいえ、もちろんジャクトゥの方が数倍オトコマエなのは間違いありません


今回ジャクトゥは、三婆あらため、ペ・イビ(ベイビー~パン・ウニ)、ナ・ジュンレ(パク・ヘジン)、そしてジャクトゥの正体を知るキム・ガンナン(オ・ミヨン)をスンジュの家に泊めたことをジョンオクに知られてしまいました。ジョンオクは詐欺師のジャクトゥを捕まえようと、なんと警官を連れて乗り込んできたのです!?


怒ったベイビーはジョンオクに掴みかかりました。残りのふたりもジャクトゥのことは自分達が保証する、と請け合いますが、ジョンオクは耳を貸しません。詐欺師じゃないなら本名を名乗れるはずだ!!


それでジャクトゥは仕方なく本名を明かそうとしましたが、そこにジュンレから電話をもらったスンジュが駆けつけてきます。私が親の反対を押し切って結婚した夫です!!


ここでスンジュの哀しい過去が明かされました。スンジュは幼い頃海辺で遊んでいて溺れそうになったのを父親が命懸けで助けてくれたのだそうです。


娘のために夫を失ったジョンオクは、なんとまあスンジュを捨てて出て行ったのだとか


それなのに、今はその捨てた娘の世話になっていることを負い目には思っているらしいのに、逆切れしてスンジュを非難します


捨てた子どもに戻ってこられた私の気持ちが分かる!?


こういうのを世間では「毒母」と呼ぶのでしょうね


心の中の苦い塊がいつまでも残って消えない~ジャクトゥもまた自分のせいで祖父を死なせたという経験があるから、スンジュの気持ちが痛いほどよく分かります


すっかりスンジュに同情したジャクトゥは、スンジュを誘って町に出かけました。スンジュが忙しいというのに「2時間だけここ可愛かったな~( *´艸`)と頬の横にVサインを出したジャクトゥがまた可愛かったですね~


ジャクトゥはまず最初に因縁のカフェに行き、二人分のカプチーノを完璧にオーダーしてみせます。彼女はシナモン、僕はココアで生クリーム抜きで


その帰りにジャクトゥが、たまには一緒に映画を見に行こうとスンジュを誘いました。ああそれなのに


またガンナンには早速ジニャンから連絡が入りました。チスの息子のボンシクがジャクトゥを見つけてドキュメンタリーを作ろうとしているというのです。もちろん「金目当て」だとしか思っていません。


ガンナンは、スンジュがテレビ局で働いているのを思い出し、スンジュに聞いてみたらいいとアドバイスしますが、ジャクトゥはまだ気づきません


その後ジャクトゥはテレビを見ていて、偶然、ウンジョとエリックが対談している番組を目にしました。そのエリックこそ忘れもしない、あのいけ好かないフランス語野郎なのです。それでようやく、一緒に仕事をしている社長さんよ~そう語ったスンジュの言葉と、ウンジョもまたエリックと仕事をしていると言っていたのがつながりました。スンジュが山にやってきた理由も頷けます。


スンジュが作ろうとしているのは他でもないオ・ヒョクのドキュメンタリーだと知ったジャクトゥは、ついに、家を出ていってしまいました


一方のスンジュは、ジャクトゥが誘ってくれた映画のチケットを初めて予約し、ジャクトゥに一緒に行こうと誘いの電話を入れて、映画館で待っていたのに、待ちぼうけを食わされてしまいます


ひとりに戻ったスンジュは、ジャクトゥが残したメモ通りに、ジャクトゥが直してくれた自転車に乗ってたまには運動をし、食事も抜かずに食べています。即席ご飯の蓋は、手では熱くて開けられないけど口で開け、えごまの葉っぱは誰にも箸で抑えてもらえないので、自分の指で剥がしました


大丈夫、ひとりで生きていける。それにまた死にそうに辛いことがあったらあの人のもとへ行けばいい


そんなスンジュをビョンチョルは性懲りもなく狙っているようで心配ですね。どうやらセラは病気(ガン?)で亡くなったようなのですが、いったい何を誤解して逆恨みしているのでしょうか。ホント困るよね~こういう人


来週スンジュは早速山にジャクトゥを訪ねるようです。「契約主夫殿オ・ジャクトゥ」は来週の放送も楽しみですね



契約主夫殿オ・ジャクトゥ DVD-BOX1


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません