集団左遷!! ネタバレと感想 第9話 実を取るか名を取るか

福山雅治さん主演の日曜劇場、【集団左遷!!】はまたしても難しい選択を迫られそうです。以下、第9話のネタバレの感想です集団左遷!!のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


横山はダイバーサーチとの提携を「錦の御旗」にして藤田を味方につけました。たとえ不正をしていても、横山は三友銀行の将来に必要な人材だと藤田は考えたようです


しかも横山はこの他にも「顧問料」として得た金を政治家への賄賂に使っていたことが判明します。その顧問料も通常よりかなり高額だったらしいので、そこにも何らかの不正が隠されていたのかもしれません。これを教えてくれたのは今や廃人同様の宿利です


これはドラマですから、かなり極端な例でしょうが、最初の頃の蒲田支店の体たらくを見る限りでは、横山が鉄槌を下したくなった気持ちも分からぬではありません。今回も「何もしないでふんぞり返っていた役員をリストラしたシーンでそれが如実に描かれていました


ただそんな彼らを罰しようとする横山も法を犯すべきではないというのが、片岡たちの主張ですよね。不正を野放しにして生き残った会社で、果たして誇りをもって働けるのか?という問題です。だから横山や藤田の趣旨とはもうかなりズレているような気がします。「名より実を取れ」とはいえ、違法は論外ですよ


今回は、鮫島が横山の金の流れを記していた手帳を「梅ちゃん」に預け、その梅ちゃんは絶対に何か知っていると片岡が説得したことから、梅ちゃんが横山を裏切ります


片岡はバカだけど、梅ちゃんはもっとバカだ


梅ちゃんが真山に言ったセリフ、そして追いかけてきた片岡に見せた梅ちゃんの笑顔が実に良かったですよね


が、そんな梅ちゃんの必死の反撃も、横山の前にはあっさり潰されてしまいます。三友銀行の役員会は、この不正が明かされても、その横山を副頭取に指名したのだそうです!?


確かに、サラリーマンが会社に残れること、その会社が潰れないことは文字通りの死活問題ですが、だからといって罪を犯していいということにはなりません


しかもこれからさらに9500人のリストラを行うそうです。頭取は自分が責任取るって言ってたけど、頭取ひとり辞めるだけじゃ責任取ったことにはなりませんよね。もし9500人にそれぞれの家族がいるとしたら、9500世帯が路頭に迷うことになるんですよ?!保証はどうするんだ!?


横山や片岡が言っていたように、確かに銀行は今、大きな転換期に来ているのでしょう。


メガバンクと言うだけでふんぞり返っていたら、いつ潰れるか分からない世の中です。超低金利な上に手数料は取る、サービスは悪い、ネット対応もできないでは、誰もが預金全部引き上げちゃいます~って実際おばさんも、偉ぶっている地方銀行からすっかり小金を引き揚げたので、横山の言い分も分かります


分からないのは、片岡たち蒲田支店が必死になってキツイノルマを達成したことを評価しないこと、最初から諦めて、最も安易なリストラと提携という道を選んでしまったこと、です


できることならリストラなどしたくなかった~それも横山の本音なのかもしれません。決して「安易」な方法を選んだのではなく、どんなに檄を飛ばしても動かない行員たちに嫌気がさしてああなったのかもしれません。


でも、ここにきてようやく一筋の光明が見えてきたのなら、何とかして彼らの奮闘を生かす道を模索すべきなのではないでしょうか~と思わずにいられません。名(名誉)と実(実利)の中間=どっちも取る道はなかと?


一方の片岡に残された道は、あそこまで上層部が腐り切っていたら、もはや「内部告発」しかありませんよね。「集団左遷!!」はいよいよ次回が最終回です


前後のあらすじはこちらから

←第8話のレビュー  最終回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません