ワンダフル・ラブ 最終回 ネタバレと感想 (47&48) 親子の深い愛にもらい泣き

韓国ドラマ、【ワンダフル・ラブ】の47話と48話(最終回)を視聴しました。なんとも切ないエンディングになると心配していましたが、あにはからんや、希望の持てる温か~いエンディングに大満足です。以下2話分まとめたネタバレのあらすじですワンダフル・ラブのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ボッキは、自分たちが養子だと知った3姉弟に、ミンスと病気のことを除いた真実を明かしました。その上で、これからもこの2つを隠し通すため、ボムソとともにアメリカで暮らすことにしたと宣言します。これから幸せになりたいの。


ヨンチェたちはボッキの決断を寂しく思いながらも、それが母の望みならと快く送り出すことにしました。ボッキを精神的かつ経済的に支えていけるかとボムソに確認する3姉弟に、ボムソは、ずっとボッキを哀れだと思って来たけれど、それなりに幸せな人生を送ってきたのだと感動します


皆はボッキに内緒で結婚式の準備をし、ボッキを驚かせました。昼食会だと聞いていたのにこんな立派なところで食べるなんて割り勘だまた私にたかる気か!( `ー´)ノ!と怒鳴るボッキがまたいかにもボッキらしくて可笑しかったですね~


ヨンチェ手作りのオフホワイトのワンピースをまとったボッキが中に入っていくと、タキシードを着たボムソとミンス、そしてギナムの家族が待ち受けていました。皆心からボッキの門出を祝ってくれます


ヨンチェたちはボッキに感謝の手紙を書いたのを読み上げて泣き、横でこれを聞いていたフンナムも涙を止められませんでした


一方、ナンヒの正体を知ったウノクはナンヒを呼び出し、ジャンホと一緒になりたければ、ジャンホを会社から追い出すと言い、10億ウォンの手切れ金を渡しました。ナンヒは、案の定、あっさりこれを受け取って別れを承知します


隣の部屋で一部始終を聞いていたジャンホはウノクを罵りました。母さんは人を恨むことと怒ることしかできない!スジンが出て行った気持ちが分かる!!


でも、ことナンヒに関してだけはウノクの言い分が正しかったようです。ジャンホは懸命にナンヒを引き留めようとしましたが、ナンヒは、好きなのは社長のジャンホであって、肩書のないジャンホに未練はないとのたまいました。


怒ったジャンホはナンヒのカバンから小切手を取り出して、ビリビリに破いてしまいます。ナンヒがどんなに頑張って拾ってもあれではもう貼り付けられませんね。なんてことをするのよっ!!


その後ジャンホはついに倒れてしまいました。ユンジェは頭痛を訴えていたジャンホを心配して病院に行くよう勧めましたが、ウノクは酒の飲み過ぎだ、あんな女にまだ未練があるのか!と罵倒してから間もなくのことです


あの時病院へ行かせていれば!!


ボッキと「新婚旅行」に来ていたボムソにも連絡が入り、ボムソはボッキとともに病院に駆けつけました。


ウノクはでもボッキを見るなり狂ったようにわめき散らします。ジャンホに何かあったらあんたのせいよっ!諸悪の根源はあんたなのに、どうして天罰が下りないの!?


ボッキは静かに天罰は下ったのだと語りました。私はホン先生の患者(アルツハイマー認知症)なの


ウノクはそれでも憎まれ口を叩き続けます。どこまでひどい人なの!私に罪悪感を抱かせる気っ!?同情してほしいのっ?( `ー´)ノ


もはや、素直じゃないというレベルじゃありませんのでこれ以上は書きたくありませんね~。何度も言うようで恐縮ですが、ボムソが心変わりしたのも当然ですわね


ボッキはその後すぐに老人介護施設に入居したそうです。部屋には家族で撮った記念写真を飾っていました。夕方になると必ず、子どもたちが待っているから家に帰ると言い出すそうです。


入居後病は急激に進行し、2年経った今では子どもたちの名前も思い出せずにいたそうですが、それでも子どもたちに食べさせようと食料を肌身離さず持っていたのはやはり、いつになってもオンマはオンマなのですね


一方のヨンチェとフンナムは兄弟アパレルの支店を展開した上、新しい命も授かりました。これがなんと双子だそうです。ボッキに知らせたくても連絡が取れずにいたところ、ヨンスがボムソの帰国に気づきました。ジウを迎えに来たジャンスにボムソから電話が入ったからです。


このジャンスがすっかり柔和になっていたのがまた良かったですよね~。ヨンスとダジョンの結婚を心から祝福してくれました。


ヨンスはただちにヨンチェに連絡し、フンナムとヨンジュンも伴ってボムソのマンションに押しかけます。ボムソはアメリカでアルツハイマー型認知症の新しい治療が始まったと知って、ボッキを迎えに来たのだそうです


ボムソからボッキの病気について聞かされた4人は驚く間もなくすぐに介護施設へ向かいました。最初は気づかなかったボッキも「家訓」の一言で思い出します。ボッキはかつて子どもたちにいつも「母さんの言うことを聞こう!」と復唱させていたのだそうです


あなたたちのことを忘れそうで怖かった。忘れてしまったらどうすればいいの?


ヨンチェは、白髪が目立つようになったボッキの髪を撫でながら、忘れても大丈夫だと慰めました。今度は私たちが覚えているから


ヨンチェとヨンス、ヨンジュンに加えて、フンナムもボッキを抱きしめました


そうしてボッキは今度こそボムソとともにアメリカへ旅立ちます。ギナムが語っていたように、ボッキは日頃の行いが良かったから、きっと治療は成功する。これは頑張ったボッキに神様が与えてくれたチャンスだ~そう信じたいですね


途中、ウノクとスジンがあまりにもひどすぎてちとウンザリさせられましたが、それを除けばハートフルで楽しくてとぉ~っても良いドラマでした。お勧めです



ワンダフル・ラブ~愛の改造計画~ BOX1~3


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません