ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第39&40話 罠

ミーユエのあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: ミーユエ~王朝を照らす月~全81話 あらすじと感想、登場人物一覧


中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の39話は「毒と薬箱」、40話は「疑心」です。いやいや危なかったですね~。以下早速ネタバレですミーユエのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


なんと「和氏の壁」を入れた箱には毒針が仕掛けてありました。謎を解いたユエはその針に刺されますが、猛毒だったにもかかわらず、自分ですぐにその毒を吸いだしたため、すぐに死に至ることはなかったそうです。一方羋姝のスパイ=元児は、ユエが倒れたのをいいことにこれを盗もうとして毒で死んでしまいました


この元児が羋姝のスパイになったのも、以前玳瑁の言いつけでユエの命を狙った女医の艾氏も、家族を救いたかったからというのがまた何とも哀れでしたね。「侍女」という響きは悪くないけど、要は奴隷扱いされていたのですね。艾氏のことを知ったユエはでも、自分の侍女たちに結婚という選択も与えましたが、恵児と香児は、ずっとユエに仕えたいと語ったそうです。


さて、そのユエは昏睡状態に陥りましたが、李密には毒の種類が分からないので解毒をすることができません。毒に詳しいという摯の見立てでは、蛇か虫の毒だということですが、それでも特定が難しいようです。


これを聞いた景氏は早速羋姝に報告に来ました。羋姝も「和氏の壁」を触っていたから毒に触れたかもしれないと忠告します


怖くなった羋姝は、楚から持参してきた秘薬の入った薬箱から、蛇や虫の毒に効くという解毒薬を探して服用しました。この薬箱は玳瑁が管理していたもので、例の眠り薬もここにあったのでしたよね。


この話は魏夫人の耳に入り、魏夫人は早速大王に言いつけに来ます。解毒薬を持っているということ自体、毒を盛った犯人だと言わんばかりです


大王は早速羋姝を呼び、解毒薬があるならなぜ報告しないのか、なぜ自分だけ解毒薬を服用したのか、と問い詰めました。羋姝は自分が犯人だと疑われていると察し、なんとか言い逃れようとしますが、矛盾だらけの答えに納得するような大王ではありません


この解毒薬がユエの症状に効くことが判明すると、大王はすぐに羋姝に禁足令を出しました


また、庸芮が捕らえた中行期と張儀が既知の仲で、中行期は最終的に張儀に宝玉を売るつもりだったと知った樗里疾は、張儀こそが黒幕ではないかと怪しみます。戦を前に諸国への使者を命じられた張儀が、いざという時のための軍資金を用意したのではないかというのです。


張儀は、金を持って逃げるより宝玉を持って逃げた方が楽だとうそぶき、またしても大王に疑われたと自棄になってしまいました


でも薬が効いて目覚めたユエは、羋姝も張儀も毒殺には無関係だと主張します。むしろ中行期が玉を張儀に売るつもりだったなら、狙われていたのは張儀に違いないと推理したのです


それで大王は、黒幕は公孫衍だったと気づきました


しかもユエはこの「和氏の壁」は偽物だと指摘します。本物の和氏の壁は、この原石を見つけた卞和(べんか)が楚の王に献上した際、その価値を疑われて足を切られたために血の涙を流したその跡がついているはずだというのです。が、今目の前にある玉には沁み一つなかったそうです。


ということは、やはり(誰かに)盗まれたのは本当だったのですね~。本物そっくりな宝玉を作らせたのは本物を知っている昭陽で、中行期を通して公孫衍と手を組んだに違いありません中行期は魏の密偵だったそうですからね。


公孫衍はわしが宝玉も人材も見る目がないと言いたかったのか!


この「血の跡」の話は本当かどうか分かりませんが、wiki情報によると傷一つない様を「完璧と呼ぶのはこの「和氏の壁」からきているそうです


羋姝や張儀に対する大王の疑いはこれで晴れ、魏夫人の行為は、その息子で健気な華公子に免じて不問に付すことになったようです


最初はふてくされていた張儀も、ユエに説得されて機嫌を直しました。大王は張儀に、もし今後本物が見つかったら、必ず手に入れて張儀に与えると約束したそうです。


また羋姝は、穆大監からの忠告を聞き入れ、楚から持参した輿入れ道具の目録を提出することにしたそうです。


となると~残るのは昭氏ですか。唆した魏夫人が庇ってくれるはずもなく~浅はかな彼女の末路はきっと言わずもがでござるね


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません