契約主夫殿オ・ジャクトゥ あらすじと感想 第18&19話 戦闘開始

契約主夫殿オ・ジャクトゥのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 契約主夫殿オ・ジャクトゥ (全34話)


韓国ドラマ、【契約主婦殿オ・ジャクトゥ】の18話は「苦渋」、19話は「守り抜くべきもの」です。以下早速ネタバレです契約主夫殿オ・ジャクトゥのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ソウルにやってきたスンジュは、親友ふたりにジャクトゥの正体を明かし、髪を切り、愛するジャクトゥを守るための戦闘を開始しましたスンジュ、かっけ~( *´艸`)。オ・ヒョクに関して集めた資料をまとめていたのは、その著作権を自分のものと主張して破棄するためです


その上スンジュはトン・セラの仇も討つつもりだったようですね。セラはやはりインピョと不倫関係にあり、ジウはインピョの息子だったらしいのです


それでもセラはインピョにジウのことを一切話さず、ずっと頼りもしなかったのが、最後の最後、彼に会いたがっていたのは、病のせいで死期が近づいたのを悟ったから、ジウを父親に会わせる、もしくは託したかったからなのではないでしょうか


スンジュも実はこのふたりの関係に気づいていたそうです。セラはスンジュたちの取材に協力したために大学も辞めさせられてしまったそうで、スンジュは大いに責任を感じていたのに、目先のトラブルとその後の日常に振り回されて、すっかり忘れていたのだそう


今回オ・ヒョクのドキュメンタリー企画を潰すことでインピョにもダメージを与えられます。もちろん、スンジュ自身も、この業界で生きていけなくなることは百も承知の上です。


一方、山でスンジュを待つはずだったジャクトゥも、ぎっくり腰になったジュンレをソウルに送ることになりました。そこで偶然ビョンチョルを見かけたジャクトゥは、ジウが落としていった手帳を拾い、そこにメモしてあったビョンチョルの電話番号を知ることになります。


その後ジャクトゥはスンジュに電話をし、家で待っているから早く帰って来いと促しました。そのスンジュに今度はエリックも連絡してきて、話があるから家の前で待っている、とのたまいます。スンジュは慌てて止めようとしますが、必死の覚悟のエリックは聞く耳を持ちません


こうしてふたりの男はスンジュの家の前で対決することになりましたジャクトゥ負けるな( `ー´)ノ。エリックはジャクトゥを「元夫」が何しに来たと言わんばかりでしたが、ジャクトゥは、俺たちは愛し合っているんだ!と宣言しますエリックのKO負けです( *´艸`)


スンジュはなんとかしてふたりを引き離そうとエリックを喫茶店に連れて行きますが、ジャクトゥはタクシーで追いかけてきて、スンジュの横に座りました。ちょうどスンジュは、オ・ヒョクの取材を断るのはジャクトゥの影響だと話したばかりの時です。


元夫、元夫と「結婚」にこだわるエリックに対し、ジャクトゥは、元々結婚もしていない「運命共同体だと言い放ちました。それに彼女は仕事相手を友人とはみなしていない


唯一のよりどころだった「仕事仲間」まで否定されたエリックはこれで茫然自失です


ふたりは互いに「秘密」を隠したまま、再びスンジュの家で時を過ごしました。ジャクトゥはちゃっかり、以前ベイビーたちからプレゼントされたペアルック~黄色のジャージを着ています


ジャクトゥは、どうせ山に戻るのだから、家を売るよう促しました。でもスンジュは、必死で手に入れた家だし、初めて好きになったジャクトゥとの思い出の詰まった家だから売ることはできないと拒否します。スンジュにとっては山の家もソウルの家も同じくらい大切なのです


翌日スンジュは弁護士を訪ねて資料を見せ、訴訟を起こせるかどうか確認しました。起こすことは可能でも勝つのは難しいという答えに、スンジュはそれで十分だと答えます。裁判沙汰になるだけで作品のイメージが落ち、企画自体が自然消滅すると考えたからです


一方のジャクトゥのところにはビョンチョルがやってきました。ビョンチョルは、セラがスンジュを恨みながら死んでいったと訴えますが、そんな話をうのみにするジャクトゥではありませんよね


そこへよ~~やく警察が駆けつけてきました。ビョンチョルはジウをジャクトゥに託して逃げようとしますが、ついに捕まってしまいます。ジャクトゥはジウを抱きしめて、その様子が目に入らないよう配慮しました


おじさん、パパは悪い人なの?


ジャクトゥは、このジウの問いに即答できませんでしたが、後からもう一度ジウを訪ねて、パパは悪い人ではないと念を押します


一方のスンジュは、エリックの自宅を訪れて、もう一度企画のことを頼もうとしました。が、エリックはもう限界に来ていて、ついにスンジュに愛を告白してしまいます。もし俺と付き合ってくれたら、企画を没にしてもいい!


さすがのスンジュもこの反則には承諾しかねて断りました。もう仕事も辞めるから二度と会うことはないだろうと付け加えます。


そうして家に戻ってくると、ジョンオクとスンテが無心に来ていました。山か家のどちらかを売らなければスンテが訴えられると脅します。


スンジュがどちらも断ると、ジョンオクはスンジュをまたしてもひどく罵倒しました。その様子は案の定、塀の向こうでジャクトゥが全部聞いてしまいます


俺に経済力があったら


ぽつんとつぶやいたジャクトゥにスンジュは、経済力のある男なんて掃いて捨てるほどいる、私は「山の男オ・ジャクトゥが好きなんだと伝えました。他の人になっては嫌よ


でもジャクトゥはついに覚悟を決めてエリックに会いに行きました。エリックは、スンジュとの話の後なので、てっきりジャクトゥがスンジュとの別れ話をしに来たのだと思い込みます。男同士の話ってそういうことだろ?


おまえがボンシクか


なぜ俺の本名を知っているのかと慌てるエリックに、ジャクトゥは、チスとボンシクは国楽界では有名な親子だと答えました。これでようやくエリックは目の前の男がオ・ヒョクだと気づきます


何でもジャクトゥはいまだにチスに多額の借金があるらしいのですよね。おじいさんの治療費は、落款を渡すだけじゃ足りなかったのですね。


ここでエリックに正体を明かしたってことは、エリックの下でオ・ヒョクとして働くってことですよね?スンジュがあんだけ頼んだのに~とはいえ、ジャクトゥの性格では放っておけませんものね。


なんとも切ない展開ですが、ジャクトゥがオ・ヒョクとして働く姿もちょっぴり見てみたい気がするおばさんです。「契約主夫殿オ・ジャクトゥ」は今日の放送が楽しみです



契約主夫殿オ・ジャクトゥ DVD-BOX1


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ