ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第43&44話 草原の再会

中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の43話は「対抗心」、44話は「草原の再会」です。以下ネタバレのあらすじですミーユエのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


蘇秦の宿を訪れた孟嬴は、蘇秦が宿代の代わりに毛皮を取り上げられたことを知り、すぐにこれを買い戻して蘇秦の後を追いました


孟嬴から、いまだに息子の職公子が人質になっていると聞かされた蘇秦は、その解決策を授けます。趙侯雍が職公子を人質にしているのは、燕の内乱を待って職公子を擁立し、燕に侵攻するためなのですが、今趙軍は函谷関にかかりきりでその余裕がないのです。


蘇秦は、まずは燕に内乱を起こし、趙侯雍に秦との戦いを諦めさせるべきだと進言しました。内乱を起こすカギは斉にあります


孟嬴(易妃)の義理の息子に当たる燕王の(かい)には太子という息子がおり、こちらは斉で人質になっているのだそうです。易王亡き後の燕で絶対的な権力を持つ宰相の子之が即位すれば、平太子が黙っていないはず。斉もまたこの平太子を擁立して燕に乗り込む機会を伺っているようです。


~確かこの趙侯雍というのが、以前威后が勧めていた羋姝のお婿さん候補でしたよね?


孟嬴はこの素晴らしい作戦に感激し、どうして父は蘇秦を認めないのか、と悔しがりました。でも蘇秦はもうすっかりあきらめた様子で、孟嬴と秦に別れを告げます。孟嬴はせめてもの思い出にと蘇秦の毛皮を返し、手作りの小物入れ?を贈りました


王宮に戻った孟嬴はさっそく大王に進言します。大王は、同じようなことを張儀も言っていたと語り、すぐに軍議を開きました。


蘇秦という才能は実に惜しいと考えた大王が蘇秦を呼び戻そうとすると、機会を伺っていた羋姝がすかさずやってきます。羋姝は、ユエが以前語った「両雄並び立たず」をあたかも自分の意見であるかのように進言しました。秦には張儀がおりますから蘇秦は必要ありません!


大王は羋姝の言うことをもっともだと納得し、羋姝の見識の広さに感動しました。羋姝と張儀は反目しあっていたはずだからです。


その後羋姝は周囲にかん口令を敷き、蘇秦に関する大王の決定はユエの影響だと孟嬴に思い込ませました。おそらくは初恋だった蘇秦へのあまりの仕打ちに怒った孟嬴は、ユエが何度訪ねて行っても門前払いをしたそうです


昔の孟嬴なら、直接ユエに理由を尋ねたことでしょうに、見知らぬ土地での苦労が孟嬴の心をゆがませてしまったのですね~。


その後、秦は函谷関の戦いで大勝利を収めました。その功績をたたえられ、魏冉は将軍に昇格(裨将軍)し、公乗爵位も賜ったそうです。この位は秦における二十等爵の8番目だそうですよ


それを聞いた羋姝は、大王が軍人の世襲制を廃止したために、老いた将軍の甘茂が不満を抱いているはずだと、密かに味方に抱き込もうとします。その誘惑の手は蕩の叔父にあたる樗里疾にも伸びたようですね。


その蕩は我がままに育てられたために、すっかり横暴になり、兄弟たちを苛めていました。樊長使の息子の通公子は、飼い犬の緑児を殺されたうえ、突き飛ばされて怪我をしてしまいます。お利口な稷がこれをしっかり見ていて証言したのにはまた感心させられました。その稷は通公子に同情し、自分がもらった鶯をプレゼントしたそうです


かねてより蕩の横暴ぶりを心配していたユエは、さりげなく羋姝に忠告しますが、そんな忠告を素直に聞く羋姝ではありません。


その後ユエは、大王とともに義渠に行くことになりました。義渠が秦の臣下に入ることになったのです。これまたユエ一人が供をすることになったことで、羋姝の嫉妬を買っています。


張儀が留守なため、大王から交渉役を依頼されたユエは、司馬将軍とともに翟驪に会いに行き、立派に交渉を成立させました。大王はこの成果に大満足です


また義渠でユエは、久しぶりに弟の狼に再会しました。すっかり良い青年になった狼に、ユエは「白起」という名を授けます。翟驪にも頼んで、白起を秦に連れ帰ることにしました。とはいえ、入隊することになったので、しばらくは兄の冉と一緒です。


冉はほかに兄弟がいることを知らず、最初は白起を疎んじていましたが、敬愛する姉からよく言い含められては従わざるを得ません。白起の面倒を見てやってね


一方で大王は義渠で毒虫に刺され、体調を崩してしまいました。そこへ、斉が燕に侵攻したとの知らせが入り、大王は無理を押して秦に戻らざるを得なくなります。虫に刺されたぐらい大丈夫だ!


いやいや、最初の出会いから「おじさん」呼ばわりされていたぐらいですから、そろそろ年を考えねばならんでしょう


遅れて秦に戻ってきたユエは、迎えてくれた嬴夫人から、孟嬴が蘇秦に恋心を抱いていたと聞かされました。自分のせいでふたりの恋が成就しなかったと知ったユエは残念がりますが、嬴夫人は、もはや皇太后となる孟嬴にとって、娘時代の恋など小川のようなものだと語りました。大海に向き合えば、気持ちも変わるはず


まさにユエと黄歇のことを指摘されたみたいでしたね


さ~て今日はいったいどんな展開が待っているのか、「ミーユエ~王朝を照らす月~」は続きを見るのが楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ