グッドファイト3 最終回 ネタバレと感想 終末

グッドファイトのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: グッドファイト(The Good Fight) あらすじと登場人物、キャスト


グッドファイト3】の最終回は「終末」です。いや~またやってくれましたね~。最後、あれってどうなるのグッドファイト3のネタバレ感想行きますよ~(^^)/?とやっぱりシーズン4も期待しちゃいますね~


以下早速ネタバレですこのぐらい言えなきゃグッドファイトじゃありませんね( `ー´)ノ


なんとダイアンとカートの家にSWATが侵入してきました!?


ダイアンが、ジェイとマリッサに頼んでラシェルを脅させたことが原因なら、やったのはブッククラブでしょうが、カートが原因なら真逆(共和党)かもしれません


カートは大統領を支援する立場にありながら、しかも彼の演説中、その斜め後ろという絶好の場所に立っていたにもかかわらず、大統領が演説している最中、ずっと無表情で突っ立っていたのです。カートはすぐにその場を追い出され、ネットにはこんな「キャプション」付きの動画がアップされました。


Man in Suit Removed from Trump Rally for Not being Enthusiasthic Enough
喝采しなかった男性、退場させられる


マリッサはこれを見てすぐにダイアンにメールを送ってきました。早く見て!


ダイアンは高らかに笑ってカートへの愛を叫びますI love you!。その時ダイアンは「希望と愛」を感じたそうです。まだまだこの国も捨てたもんじゃないわ


でもその代償が「自宅にSWAT」では、ちと高すぎやしませんか。ドラマはここで終わりです


一方のマイアはブラムの要請に応じて彼のアソシエイトとして法廷に立ちました。あれこれ理由をくっつけてましたが、最終的はRBLを潰すのが目的のブラムに対し、マイアは、あくまでも依頼人を救うという信念を持っていたようです。


判事は大統領肝いりで「シンプル」な連邦判事のダッシュ・トゥーシ(Chris Sullivan~トビー@This is Us)で、彼のシンプルさ(=馬鹿さ加減)を見抜いたダイアンが、一歩マイアに勝りましたね


法廷に専門家を呼んで説明させたところで単純な判事には理解できないと、まるで幼稚園児に説明するかのように漫画を描いて説明したのには大笑いでした。おかげで大変よくわかりました


またダイアンはマイアにRBLに戻ってパートナーにならないかと誘います。ジュリアスがついに連邦判事になったからです!?


その後釜にはルカやロザリン(Christina Jackson)の名前も挙がりましたが、ブラムを潰すというおまけもついてマイアが有利になりました。


でもマイアはこれをきっぱり断り、資格を剥奪されたブラムとともにワシントンDCへ向かったそうです。しかも、マイアをあそこまで追い込んだフェンタニルキャンディを口にくわえて!?


も~すっかりたくましくなりましたね。あのマイアを見たらむしろマリッサは諸手を挙げて応援してくれそうな気もしますが


上の思惑に振り回されたルカは、こちらも一皮むけたようで、何もかも気にしないのが一番だと語っていました。I don't care anymore.


マリッサはルカにLSDを差し出して、ふたりで夜空を見上げながらつぶやきます。The end times are beautiful. 世界の終わりってきれい


ふたりに「世界の終わり」を感じさせた球雷(ball lightning)は実際にある現象みたいですね


さ~て、小劇場の歌にもあったように、ドラマは終わればそれで終わりだけれど、現実はそうはいきません


'Cause we're the ones coming to save us at the end of the world.
世界の終わりに私たちを救うのは私たちしかいない。


対岸の火事だとのんびり見物しているうちに足元に火が付かないよう、常に心に留めておきたいものですね。来シーズンも楽しみです



まずは一見


これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ