韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

アンネ-トルコ版Mother ネタバレと感想 第21話 好意が仇に

2020/10/01
Anne-トルコ版Mother 0
アンネ Mother ジャンス・デレ ヴァーヒデ・ペルチン

「Anneアンネ」の21話を視聴しました。あ~ゼフラおばさんはとんでもないことをしてくれました。以下怒りのネタバレですアンネのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ゼフラはアリから、そのうちシューレが訪ねてくると聞かされたのに一向に連絡が来ないので、しびれを切らして自分からシューレに電話をしました。シューレは、忙しくなったから行けなくなったと説明します。するとゼフラは、自分が遊びに行くと言い出しました。それでシューレは、今はバンドゥルマではなく、イスタンブールに引っ越したのだと教えます。

ゼフラはしたり顔で、シッカリ者のシューレなら、都会でも十分やっていけると思っていた、と誇らしげに語りました。ダメな女性も多いけれど、あなたは違うわ。夫や男に頼らなくても、ひとりで十分メレクを立派に育てられるわ。メレクはきっとあなたのような強い女性になるはずよ。

大好きなゼフラからそんな風に言われたシューレは、がぜん張り切ってトゥルナを連れ戻しに行きます。いやいや、そういう問題じゃないんだってばこの女、アホちゃうか?。もしどうしてもトゥルナを連れ戻したいなら

まずはヒモと手を切ること

が先決でしょうが。しかもトゥルナはそのヒモから虐待されていたというのに、この人はすっかり忘れてしまったのでしょうか?

シューレはトゥルナのいる小学校へ行き、そこにはゼイネプも一緒にいたにもかかわらず、トゥルナの手をつかんで連れ去りました。ゼイネプはトゥルナの手を握っていたのだけど、その手に手袋をはめていたので、スポッと抜けてしまったのですよね。あ~あそこは手をつかむんじゃなくて、シッカリ抱きしめてなくちゃダメじゃないね!!ゼイネプも弱すぎっ!!

しかもシューレがまた浮気をしているのではないかと疑ったヒモが後をついてきて車で二人を連れていってしまいます

後ろの窓からゼイネプを呼ぶトゥルナを見ても、シューレは「母親は自分なのだから大丈夫」とでも考えていたのでしょうか。トゥルナはあんなにハッキリと、シューレは母じゃない、と言ったのに

当然ジェンギズはふたりをルハトの家に連れてきました。ルハトはトゥルナが裕福な身なりをしていることに気づきます。そしてジェンギズが、トゥルナを警察に連れていき、自分に掛けられた虐待の容疑を晴らして「課長」を見返すというのを押しとどめました。トゥルナに下手なことを言われたら藪蛇になると止めたのです。

~やっぱり「課長」はアンカラの署長みたいですね。あの時も「署長」じゃなくて「課長」だったのかなあアタイの勘違いだったのかも?

シューレは、トゥルナにフレンチトーストを焼き、サクズの兄弟を買ってやるなどと懸命にトゥルナのご機嫌を取ろうとしました。でもトゥルナは、片方だけになった赤い手袋を握りしめて、一言も話そうとしません。シューレが、電話でゼイネプに、警察に通報されないだけありがたいと思えと言った台詞も聞いていたのではないでしょうか

アリもゼイネプから事情を聞いて駆けつけてくれましたが、シューレの居場所はまだ分かりません。それとは別に、すっかり連絡の途絶えたゼイネプを心配したギョニュルも電話をかけてきますが、ゼイネプは話そうとしませんでした。でもそこには二人の関係を知るアリもいたので、アリがギョニュルに話してくれるかもしれませんね

は~なんとも腹立たしい限りですあ~イライラするっ!。母親のくせに娘を不幸にして平気なのかしらねっ!!シューレのアホっ!

ゼイネプはもうすっかり弱気でした。しかもジャヒデは、早く戻せてよかったなどと言い出します。自分はギョニュルにゼイネプを帰さないくせにっ!!ジャヒデも許せんっ!

ゼイネプも同様で、本当の母親と一緒の方が幸せになれると、心のどこかではまだ思っていたようです。ふん、自分はギョニュルをあんなに否定しているくせに、どーしてその矛盾に気づかんのかな。結局心の底ではギョニュルを恋しく思っているということなのね、きっと。

(双方とも事情が違うことは分かっているんですが、今は言わずにいられませんの

いっそゼフラにすべてを話してシューレを説得させるっていうのはどうかしらね?シューレがあのヒモと別れて自立できればまだしも、ずるずる付き合っているのですからね。そんなシューレなんて

ゼンゼン信用できませんよっ!!早くトゥルナを返せっ!

 
文字で読んでみるのも悪くないかもしれませんね

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》