Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

THE FALL 警視ステラ・ギブソン シーズン3 3&4話 果てしなく広がる妄想

【The Fall シーズン3】今週は3話と4話です。ちまたでは、シーズン3は1、2に比べて動きが少なく面白くないとの声も耳にしたのですが、どうしてどうして、おばさんは3の方がワクワクします😍。も〜これってもしや😱?とどんどこ妄想が広がって早くそれを吐き出したくてたまりませんステラ・ギブソンが面白い(^^)/。以下3話「混沌」と4話「記憶」のネタバレ感想です。原題は「The Hell Within Him」(彼の中の地獄)です☠️。

記憶喪失は仮病ではない

ポールは、術後ついに意識を取り戻しましたが、過去6年間の記憶を失っていました。実に都合よく、フィオナを殺害して自分が撃たれるまでの記憶を全て失ったと聞けば、ステラならずとも「仮病」に違いない!と思って当然です。

が、アタイは逆に、あれは嘘ではない、少なくとも今の時点で嘘ではない、と確信しました😁。ポールは、自分が連続殺人を犯すような「最低最悪の人間」だと思わないことで、いずれは必ず「地獄の責苦」を味わうからです。果たしてこれ以上の刑罰があるでしょうか😨。

ステラは、あれほど綿密な計画を立てて殺人を繰り返してきたポールが、そのすべての記憶を失うはずがないと力説していましたが、だからこそ(ポール自身が理想としていた)「高潔な自分には犯せない罪」の部分を(彼の無意識が)そっくりそのまま消し去った、もしくは「消し去ろうとしている👿」のではありませんか?もちろんそれは「責任ある大人」がすることではありません👎。

それを悟っていたのが、たぶん、ポールの世話をしている看護師のキーラ・シェリダン(Aisling Bea)ではないのでしょうか。彼女はポールが母から愛されなかった話を聞いて、ポールの抱いていた矛盾を見て取ったからこそ「I'll pray for you」(あなたのために祈るわ)と告げたのではないでしょうか。

ほかアラカルト

そのほかの点についてもあっさりまとめておきます。

弁護士

サリー・アンは、弁護士のアドバイスを受けて、ポールに代理人をつけることにしました。やり手で有名なショーン・ヒーリー(Aidan McArdle)を選びます。ヒーリーはルイーズ・ウォレス(Ruth Bradley)を相棒にして、ポールに面会にやってきました。ふたりはポールの記憶がないことを確認し、リモートで行われた裁判の判事に、現状での裁判は無意味だと訴えます。

その結果、ポールは精神科病院へ移されて、精神鑑定を受けることになりました。そこで鑑定を担当する予定のガス・ラーソン博士(Krister Henriksson)が、ステラに電話をかけてきます。ステラは、ポールは暴力的なサディストだと主張し、その詐病を示唆しました。

サリー・アン

ステラは、サリー・アンは(ポールに騙されていた)むしろ被害者であって、これ以上彼女を断罪すべきではないと主張しましたが、頭の硬い男どもは、口を揃えてサリー・アンの罪を断じようとしました。訴追されると知ったサリー・アンは、子どもたちを連れて海辺へドライブします。あれはどう見ても心中ですよね。何とも可哀想な家族です😭。

もしポールが、サリー・アンはともかく「リヴィー」ことオリヴィアを本当に愛していたとしたら、どんなに自分を切り刻んでも足りないぐらい、自分の犯した罪を後悔することでしょう👎。その意識が彼の記憶を消したとしても何の不思議もありません。

過去の犯罪

アンダーソンは、ポールが自白した罪以前にも、似たような罪を犯しているのではないかと言い出しました。被害者はスーザン・ハーパーで、その犯人=デヴィッド・アルバレズはすでに捕まっていますが、そのアルバレズは、ポールと同じ養護施設にいたのだそうです☠️。

懲りない女子高生

ケイティはデイジーの目に何かの液体を投げかけて、彼女に復讐していました。も〜こっちもポールと同じお子ちゃまです早く大人になりなさい

見逃した方でPrime会員の方は2話まで無料で視聴できます:THE FALL 警視ステラ・ギブソン (字幕版)
関連記事