ブラックリスト4 ネタバレと感想 第17話 レクイエム

ブラックリストのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: ブラックリスト(The Blacklist) ネタバレと登場人物リスト


ジェームズ・スペイダー主演の【ブラックリスト4】~第17話は「レクイエム」(Requiem)です。ブラックリスターの該当者はおりません。なるほど~そんな過去があったのですね~。以下早速ネタバレですブラックリスト4のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ミスターキャプランことキャサリン・ケイト・ネメック(Joanna Adler~ジョアンナ・アドラー@デヴィアスなメイドたち)は、レッドより先にマーシャことリズに出会っていました。ケイトはカタリーナにナニーとして雇われたようです。その頃彼らは(たぶん)ヨーロッパにいたようですね。


ケイトは大学の医学部に籍を置きながら、遺体に興味を持ちすぎたことを憂え、児童発達学を学ぶことにしたのだそうです。


カタリーナはケイトを気に入りますが、決して娘を愛さないでほしいと伝えたそうです。ケイトもまた、愛することはないが、全力で守り抜くと約束しました


ある夜、ケイトはカタリーナが男と争っていたのを目にします。カタリーナが男を殺そうとしていると悟ったケイトは、床に落ちていたナイフをカタリーナに放り投げました。それでカタリーナは一気に男の首を掻き切ります


もうすぐアレグザンダーが戻ってくると心配するカタリーナに、ケイトは、私が掃除をする、と請け合います。これが初めての「クリーニング」だったのですね。そしてその仕事ぶりはKGBエージェントのカタリーナが認めるほど完璧でした


またケイトも、殺された男の遺体を片付ける際にカタリーナの正体を知ったようですが、マーシャを守ると誓ったからにはその母親も守り抜くと断言します。


一方のカタリーナは、アレグザンダーとの結婚生活を送る傍ら、危険で面白いアメリカ人=レッドと不倫をしていたそうです。そしてレッドは、マーシャことリズが自分の娘だと思っていたらしい。当時は「ブロンド」だったようですね。アラムのようにふさふさしていたんですよね~確か


レッドは、カタリーナが別れを切り出したことに激怒し、マーシャをさらったそうです。でもカタリーナ自身、マーシャの父親が誰なのかは分からなかったようですね


カタリーナはレッドのアメリカの家にマーシャを捜しに行ったようです。その間に例の「火事」が起きたらしく、マーシャが「父親」を撃つ事件が起きたようですね~多分


マーシャを連れ帰ったカタリーナは、そのままマーシャをケイトに預けてどこかへ行ってしまいました。その後の連絡によると、KGBがカタリーナとレッドの関係に気づいた上、アメリカからの諜報部からも追われることになったそうです


カタリーナはケイトに、マーシャをサム・ミルホーン(William Sadler~マイケル・ヒギンズ@ホームランド3)に預けるよう伝えました。サムはレッドとカタリーナ共通の友人だったそうで、ずっとマーシャあらためリズを育ててくれたのですよね。またカタリーナはケイトにも姿を消すよう強く命じたそうです。


その後カタリーナ死亡の記事が出ました。ケイトが悲しんでいた時に出会ったのがアニー・キャプラン(Amy Rutberg~レベッカ・スマーコーニッシュ@グッドワイフ6)でした。二人は意気投合し、行く当てのないケイトはアニーとともにアニーのおじのいるアマリロへ行くことにします。


アニーは保釈保証業者(bail bondsman)をしているおじ、リトル・ニコス(Jack Topalian)の事務所で働き、ケイトは司法解剖をする機関で働いていたようです。ふたりは恋人同士でした


そこへどうやら法廷で負けたらしい男がニコスに因縁を付けに来ました。男はアニーを脅し、その恋人のケイトを「ミスター・キャプラン」と揶揄します。これがミスター・キャプランという名前の由来なのですね


ケイトが警察に通報しようとしたため、男は怒ってアニーに発砲し、ケイトも頭を撃たれました。アニーは即死でしたが、ケイトは銃弾が貫通したそうで、頭蓋骨に金属を埋めこんだそうです。ケイトがレッドに頬を撃たれても九死に一生を得たのは、この時の金属のおかげなのでしょうか。映像で見る限りでは、傷跡はまだ生々しい様子でしたが


ようやくケイトが落ち着いた頃、サムが訪ねてきたそうです。レッドがケイトに話があるというのです。


ケイトはレッドが災いの元凶だと拒絶しますが、サムは、レッドがリズを守ろうとしていると伝えました。


ケイトが渋々出向くと、レッドはダブルスパイのカタリーナの娘として生まれたリズを守るには、強大な力を持たなければならないと語ったそうです。レッドが今の組織=帝国を築いたのもすべてはリズのためだったのです


それでケイトは協力を承諾しながら、こう断言したのだとか


If you ever put me in a position where I have to choose between what's best for you and what's best for her, I will choose Elizabeth every time.
もしあなたとエリザベスのどちらかを選ばなければいけない時が来れば、私は迷わずエリザベスを選ぶわ


そしてそれを実行したという訳ですね


一方でケイトは、現在、とあるモーテルへ行って壁を壊し、エヴェレット・オールドフィールドという人物の遺体を取り出しました。どうやらこれは、レッドに言われて消した人物のようでしたね。


今回ケイトはそのオールドフィールドと同じようにレッドに命じられて殺した人間の遺体をすべてスケートリンクに集めました。モーテルの壁に遺体が埋め込まれているなんて、いったい誰が想像したでしょうか


いやいやこれまたとんでもないことになりましたねレクイエムは面白かった( *´艸`)。引き続き18話もアップしますね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


  
ブラックリスト SEASON 1、2 & 3 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません