韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ブラックリスト4 ネタバレと感想 第6話 つぐみ

2019/12/22
ブラックリスト-TheBlacklist 0
ブラックリスト

ブラックリストのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: ブラックリスト(The Blacklist) ネタバレと登場人物リスト


ジェームズ・スペイダー主演の【ブラックリスト4】~第6話は「つぐみ」(The Thrushes No. 53)です。あ~やっぱりそうでしたか。以下早速ネタバレですブラックリスト4のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


やはりアラムのGF=エリースはカークが送り込んだスパイでした。彼女は「つぐみ」という組織の工作員だったのです


レッドは、ルネ・ルブロン(Patrick Page)という犯罪者専門の金貸しを捕まえました。ルブロンがカークに金を貸しているという触れ込みでしたが、実際の目的は、ルブロンが捕まったという情報がカークに漏れるかどうかを知りたかったらしい


ルブロンが、協力する代わりに証人保護を求めていると聞いたハロルドは、早速パナベイカーに連絡をしました。この会話はカークの手下に盗聴されています


その結果、ルブロンは移送中に殺されてしまいました


レッドはこれを受けて、密かにFBIの仲間たちをある場所に呼び出します。そこは一切の電波が遮断される場所だそうです。


そこでレッドは、FBIが「つぐみ」にハッキングされていると伝えました。つぐみはブルガリア人の天才が設立した組織で、今は地下で活動しているそうです。つぐみのハッキング技術は相当なもので、ハッキングをしたという痕跡すら残さないほどなのだとか。


サマルはつぐみが関与したインドでの事件を調べに行き、死亡したことになっていた38名の中にエリースの写真を発見しました。そもそもスパイのくせに、顔出し過ぎよね


サマルはハロルドとレスラーに報告しますが、ふたりとも、アラムは嘘が付けないからアラムにはこの事実を伏せておこうと言い出します。が、3人から聞く前に、アラム自身が真実を突き止めてきました。


なんとハッカーは僕だった!?


サマルはアラムにエリースがスパイだったと教えました。アラムは隠しマイクを付けて自宅に戻ります。サマルは、アラムの頬にキスをして、いざとなったら「バナナ」と叫べば乗り込んで、私がエリースをぶん殴る、と伝えました


アラムは、思ったよりは頑張りましたが、途中さすがに挙動不審を疑われ、実は他に好きな人がいるのだとごまかします。この会話はサマルもすべて聞いています


これで何とかごまかせそうだったのに、いまだに名前の分からないカークの秘書が電話をかけてきて、FBIは大丈夫かと念押ししたため、アラムがエリースのパソコンからつぐみのシステムにハッキングしようとしていたのを見つかってしまいました


ま~このエリースがエラク強くて、アラムはボコボコにされてしまいます。バナナ!と何度も叫んで、ようやくサマルとレスラーが来てくれました


これをきっかけにサマルとアラムはヒジョーに良い雰囲気になったのは何よりでしたね


一方のカークはというと、リズに頼まれてアグネスと3人で会うことになりました。レッドはカークに騙されたふりをし、マンハッタンの古い駅に行くと見せかけてリズのいる屋上へとやってきます


カークは、妻と娘を奪ったレッドに孫だけは奪わせないと、アグネスを抱いて屋上から飛び降りようとしました。いや~それまた分からない理屈でやんすが、リズが必死に懇願して思いとどまらせます。お父さん、止めて!!


カークは逮捕され、懐かしの郵便局に監禁されました。


こうして捕まえたのですから、あそこでカークの髪を抜いてきて(レッドは難しいか)、改めて鑑定をしようとは誰も思わないのでしょうかね~。もうカークが父親で決まりなの??


またミスターキャプランは、謎の男に尋ねられて、自殺をしようとしたと答えました。男は森のあちこちに監視カメラを仕掛けていたようで、キャプランと同行したレッドとデンベの姿も確認します。あんた、嘘をついているな?


いったいこの男は何者なのでしょうね~。少なくともすぐに彼女を殺すつもりはなさそうで、食事を与えていましたが。


ブラックリスト4」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


  
ブラックリスト SEASON 1、2 & 3 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.