韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

扶揺~伝説の皇后~ネタバレと感想 第14&15話 軒轅旻の即位

2020/08/19
扶揺-フーヤオ-伝説の皇后 0
扶揺 中国ドラマ

中国ドラマ、【扶揺~伝説の皇后~】の14話は「御水の術」、15話が「軒轅旻の即位」です。このドラマも面白くないことはないんですが、な~んか今一つ盛り上がりに欠ける気がするのは、やはり、旻の正体がいまだに分からないからですかね。そのせいで話がイマイチつながらないため、どーにもモヤっと&イラっとさせられます。以下早速ネタバレです扶揺のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

まずヤオは、首にかけていた五色石が光りだし、これに導かれるようにして洞窟を見つけました。ここに北野も合流し、一緒に中に入ります。洞窟の扉は北野がめいっぱい押しても開かず、五色石の魔法がふたりを中に入れてくれました。ふたりはそこで摂坤鈴を見つけます。北野が持ち帰ろうと手を伸ばすと、そこに旻が現れました。旻が言うには、これは斉震の罠なのだそうです

摂坤鈴に触れた途端、皆骨まで砕け散る!!

旻は、摂坤鈴と絆ができた小七を助け出すには、斉震が摂坤鈴を使って新たな絆ができるまで待った方が良いと助言してくれました。斉震は御水の術を使って王になるつもりだからです

その推理通り、斉震は軒轅暉の血と摂坤鈴でもって御水の術を得る儀式を行いました。水を操る力を得た斉震は、今後は軒轅の一族は不要だ、と高らかに宣言します

一方で、水牢にいた小七は裴瑗に連れ去られてしまいました。裴瑗は小七を囮にしてヤオを捕まえるつもりなのです。その様子を目にしたヤオはすぐにも助けに行こうとしましたが、宗越に気絶させられてしまいました

この宗越は、国王曰く、亡き文懿世子にそっくりだそうです。年齢からして文懿世子を殺して謀反を起こしたのが、今のこの軒轅靱なのでしょうか。斉震から軒轅靱を診るよう命じられた宗越によって一時は回復したようですが、結局は崩御してしまいました。

斉震は満を持して国王の衣(龍袍)を用意します。それを普段の衣服の下に着こみ、術が成功したら上を脱いで皆から王と崇められる姿を妄想していたのに、その妄想は妄想倒れに終わってしまいました。臣下たちの前で御水の術を行ったと思ったのもつかの間、実際に術を成功させたのは、いきなり現れた旻だったからです!?

でも旻が言うには「近くにいた軒轅の力」を利用しただけのようなのですよね。それすなわち、旻は軒轅ではないということ。やはり雲痕が怪しい=宗越の弟なのではないでしょうか

こうして旻は晴れて太淵国の王となりました。その旻は慣習に逆らって巻き狩りをすることにします。

一方で、軒轅暉を名乗っていたのはやはり女性で、本名は太妍だと判明しました。代役として連れてきたのは旻のようで、今はすぐに去るよう命じましたが、太妍は言うことを聞きません。旻は急所を突いて動きを封じました。(こういう存在もモヤっとさせられるんですよね~いったい何者?と

また旻は「皇帝」から密書をもらっています。どうやら皇帝は摂坤鈴について既に報告を受けていたようです。皇帝ということは天権国ですよね?この辺もまたイライラするわ~。いったい旻は何者なの??早く正体を表せっ!!( `ー´)ノ

そしてヤオは、5日が過ぎ、顔が元通りになるのも時間の問題でした裴瑗の存在がまたイライラさせられる( `ー´)ノ。それで巻き狩りに裴瑗が来ると聞くと即、出かけていきます。案の定裴瑗は、小七を「獲物」にした狩りを提案しました。もちろんヤオは黙っていません。ついに裴瑗と剣を交わすことになりますが?ヤオ、裴瑗をぶっ飛ばせ!

その狩りには北野も出席し、斉震の前で旻に摂坤鈴盗難について報告しました。自らも殺されそうになったと訴えます。旻は責任をもって詳細を調べると国王らしく約束しました

旻と言い北野と言い、斉震はどちらも手に負えなくなったのか、あとは非煙殿主に任せると言い出します

あ~とにもかくにも早く旻の正体が明らかになりませんかね~


扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~DVD-BOX 1+2+3の全巻セット

これまでに視聴した中国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》