韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

琅琊榜1 あらすじと感想 第30話 切り札

2020/07/18
琅琊榜-麒麟の才子風雲起こす 0
琅琊榜 中国ドラマ

~《琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす》のあらすじと登場人物はこちらでご覧いただけます: 琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす~あらすじと感想、登場人物一覧

琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす】の30話は「切り札」です。これはまたエライことになってきましたね~。もう自分もちゃっかり家族の一員みたいに思っているので、すっかり不安になってしまったおばさんです琅琊榜のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

以下早速ネタバレです

梅長蘇が病を押して言闕を訪ねたのは、ひとえに、靖王を世継ぎにする協力を仰ぐためでした。言闕は最初、義理も勝算もない、しかも妹は誉王の養母である自分に頼むのは筋違いではないかと反論します。でも梅長蘇は、言闕が梅長蘇の覚悟のほどを試していると見抜いており、ちっとも動じませんでした

いかがですか

ひたと見つめる梅長蘇に、こちらは視線をそらして目を閉じた言闕はしばらく沈黙を続けた後、

望むところだ!

と答えました。さすがはかつて天下を叱責した英雄だけのことはありますね

その言闕から同席を許された豫津も、言氏の息子として善悪の判断はできる、と答えます。言闕はもし負けたら息子であるお前にも危険が降りかかる、と憂えますが、豫津は「血を継ぐ以上は一蓮托生」と頼もしく答えてくれました。父上の下した決断ならどこまでも付いていきます!豫津はええわ~( *´艸`)

言氏の一族は天子の師と宰相を輩出した由緒正しい家柄だそうで、梅長蘇は、豫津にもその志は受け継がれていると感心します。朝廷に関わっていなくても、豫津の眼力と懐の深さは常人を超える、と称えました。そして、ふたりを危険にさらさぬよう尽力すると約束します。

決めた以上は生死を共にする。案ずるには及ばん

何を協力できるのか言ってくれという言闕に、梅長蘇は己の考えを述べました。潔癖な靖王は党派争いを好まぬだろうけれど、朝臣の考えは把握すべきだと考えていたようですね。言闕はすぐに察してくれて、靖王や梅長蘇が動けないところは自身が探ると約束してくれました。本当に心強い味方ができましたね

梅長蘇が言闕の洞察力を褒めるだけのことはあります。言闕はズバリ、梅長蘇は亡き祁王府の関係者かと尋ねてきました。いきなりタブーを口にした父には豫津も慌てたほどです。さすがの梅長蘇も動揺し、今度は視線を落としました。今度は言闕がその梅長蘇をひたと見据え、どうにも分からぬのだ、と続けます。靖王を助けようとする理由が何なのか

梅長蘇は目を伏せたまま「名利のためだ」と答えますが、言闕は騙されません。江左盟の宗主ともなれば、相応の自負もあるだろうから、名利や朝廷での権力など眼中にないはずだと言い切ります。ならば理由を過去に求めるしかあるまい?

いや~言闕、素敵ですよね。さすがは豫津の父上だけのことはあります。それで梅長蘇は目を伏せたまま、かつて祁王に憧れて旗下に入ることを望んでいたのだと答えました。その志があったからこそ今の私がある~はまんざら嘘ではないのでしょう

言闕はようやく頷いてくれました。過去は煙の如し、深追いしても無駄だ。尋ねてみただけだから気にしないでくれ

その頃、誉王は夏江と姦計を巡らしていました。夏江は案の定、靖王を排除したいと切望しており、そのために、かつて赤焔軍で林殊の副将を務めていた衛崢という男を見つけてきたのだそうです。今は薬王谷の素天枢の養子となり、素玄と名乗っているそうです。この素天枢は琅琊富豪榜7位の豪商で天下の半分の薬剤を扱っているそうですよ。素玄は医師の名家である雲氏の娘=雲瓢蓼を娶ったのだとか

夏江は、この衛崢あらため素玄を捕らえ、それを義侠心の強い靖王に知らせれば黙っていないだろうと計算していました。般弱は、靖王には冷静な梅長蘇が付いているから難しいと心配しますが、誉王は靖王が梅長蘇に歯向かうよう仕向ければよいとのたまいます

梅長蘇も、夏江が蒞陽長公主や謝玉を狙っていることは承知していましたが、衛崢にまでは気が回っていないかもしれません。夏冬も何やら密かに探っていたようなので、合流できると嬉しいのですが

一方、皇宮では梁帝が静妃に宸妃の話をしていました。静妃は宸妃を姉のように慕っていたらしく、梁帝の機嫌を伺いながら相槌を打っていたのが印象的です。静妃は時々宸妃の夢を見るそうです。それでふと思い出したんですが、庭生は今頃どこで何をしているのでしょうね~。梁帝の孫になるんですよね

またよ~やく甄平が童路の変化に気づきました。四姐こと雋娘に首ったけで結婚するつもりの童路は、梅長蘇に報告に来た時ですら、一刻も早く雋娘に会いたくて仕方ないらしく、そわそわしていたらしいのです。黎綱はまったく気づいてなかったようですが、甄平の洞察力には一目置いていたようで、梅長蘇も十三先生に伝えておくよう命じました

梅長蘇の具合が悪いのも心配です。ハッピーエンドにならないだろうことは薄々分かっているんですが、それでも何とか限りある生を可能な限り充実させてあげたいです


琅邪榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~ コンパクトDVD-BOX1~3

これまでに視聴した中国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.