韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

琅琊榜1 あらすじと感想 第41&42話 誉王の母

2020/08/27
琅琊榜-麒麟の才子風雲起こす 3
琅琊榜 中国ドラマ

~《琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす》のあらすじと登場人物はこちらでご覧いただけます: 琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす~あらすじと感想、登場人物一覧

琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす】の41話「道を敷く」と42話「梅嶺」を視聴しました。あ~ようやく誉王の母の正体が分かりました。以下早速ネタバレです琅琊榜のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

誉王の母

誉王の母=祥嬪の正体は、滑族の玲瓏公主だったそうです。紅袖招を組織した璇璣公主はこの玲瓏公主の妹なのだそう。今回誉王は、般弱を通して母からの手紙を受け取りました。般弱は璇璣公主から錦袋を託され、「万事休す」になったら開けるようにと言われて大事に持っていたらしいのですが、夏江は今がその時だと般弱にけしかけたのです。

一連の罪を問われてニコタマ5個も減らされた(;´∀`)、否、双珠親王に格下げされた誉王はすっかり腐っていたのですが、実母の手紙を読んで、その仇が梁帝だったと知ると途端に復讐の鬼と化しました

その手紙によると、梁帝が玲瓏公主と知り合ったのは即位する前だったそうですから、誉王が生まれたのも即位前だったのかな。梁帝は公主に、即位したら滑族を助けるとかなんとかうまいことを言っておきながら、いざ即位したらその約束を破り、滑族が大渝と結託していると罪を着せ、討伐の名目で赤焔軍を派兵したのだそうです。その結果、滑族は滅び、玲瓏公主は罪人になってしまいました。玲瓏公主は梁との戦いで命を落としたということですが、それまたどういうことなのでしょうか?

誉王は、そういうことなら梁帝が誉王を本気で後継者にするはずがない、当て馬にしていたのだと誤解したようですが、梁帝自身にはそんな気はなく、誉王の態度さえよければ後継ぎにしても良いと本気で考えていたようです。

靖王の誠意

靖王は梁帝から盛んに梅長蘇を謀士として迎えるよう急かされていました。が、靖王は、梅長蘇のような傑物をただの謀士にしておくのは失礼だと言わんばかりです。実際靖王は、梅長蘇が後継者争いの駒として使われ、終わったら消えてしまうことを望んでおらず、朝廷への道を開こうとしてくれました。沈追や蔡荃を伴って蘇宅を訪れ、政策論議を戦わせます。梅長蘇も靖王の気持ちをしかと受け止めていました

後宮

皇后は静妃に対抗させようとして越貴妃をけしかけました。息子が降格されたとはいえ、梁帝の越貴妃への情は残っているのだから、ここは張り切ってまた寵愛を取り戻せばいい、と、しかも妃たちの前で激励します

また恵妃には写経を命じていたらしく、まだできないのかと叱責しました。間違いがあったら書き直しだと嫌味を言う皇后に、静妃が自分も写経をすると申し出ます。ふたりで仕上げればなんとかモノになるだろうという配慮なのですが、意地悪皇后は、静妃は元医女で卑しい身分だから、亡き太皇太后に捧げる経を書かせるわけにはいかぬ、と拒否しました。

これは即梁帝の耳に入ります。梁帝曰く、恵妃と皇后は同じ時期に身ごもったのに、生まれた子どもは皇后の子だけ、疫病で亡くなってしまったのだそうです。それで皇后はそれ以来ずっと恵妃を恨んでいるのだそう

梁帝はそんな皇后への見せしめもかねて、懸鏡司と闇炮坊の審理を、恵妃の息子の寧王に任せることにしました。また加えて越貴妃を二品の賢妃に降格し、静妃を正一品の貴妃に昇格させました

赤焔事案の真相

梅長蘇は衛崢を穆王府に預けていたそうです。霓凰にキッチリ言い含められただろう穆青は、靖王がカマをかけても決して口を割らずに3か月間衛崢を預かり、無事蘇宅に戻してくれました。衛崢は梅長蘇に跪き、今回の不手際を謝罪します。梅長蘇は、衛崢のせいではないと言い、靖王を呼んであるから、会話にはくれぐれも気を付けるよう命じました。

靖王はまず(林殊を頭に浮かべ)他に生存者はいないのかと尋ねます。衛崢は下級の兵しかいないと答えました。当時衛崢は、先鋒を務めるはずの聶鋒が来なかったため迎えに出たことから梅嶺にはいなかったのだそうです。それで難を逃れたのですね。

靖王はたまらず、林燮率いる赤焔軍は最強部隊のはずなのに、なぜ謝玉と夏江が動員した兵ごときに負けたのか、と詰め寄りました。衛崢は、謝玉が強いから負けたのではない、既に大渝との生死をかけた戦いで力尽きていたからだと答えました。卑劣な謝玉は、大渝の20万という大軍を撃退したのは自分だと報告していたそうです

大渝は武の国。赤焔軍が死力を尽くしたからこそ、大渝の大軍は倒れ、梁は13年の泰平を得たのです。

当時の梅嶺は凍てつく極寒の地で、林燮は3日3晩火攻めを行ってようやく大渝を討つことができたのだそう。戦いを終えると兵たちは皆精魂尽き果てていましたそこを狙ったのね( `ー´)ノ。ようやく休憩を取っていたところで、林殊だけは、聶鋒が戻らないことで異変を察していたそうです。それで衛崢が遣わされたところに謝玉と夏江の軍が到着したのだそう。衛崢はてっきり援軍だと思ったと、涙声で訴えました

辺りは焦土と化し、残骸で埋め尽くされました。まさか味方の手で死に追いやられるとは!

側で話を聞いていた梅長蘇も昔を思い出していますまさに地獄だった。靖王はおもむろに立ち上がり、その悔しさをぶちまけました。今さら七珠親王になったところで何の意味があるっ!!

梅長蘇はそんな靖王の怒りを鎮めようとします。梁帝の決定を覆すには、悲憤を抑え、長い目で策を練らねばなりません「一番の目的=靖王が帝になること」のためにも、今は決して赤焔事案に触れてはなりなせん!!

靖王は梅長蘇の目を見返してキッパリとこう言いました。言っておくが、一番の目的は事案を覆すことだ。他は後回しでよい

狩猟の儀

3月が来て、狩猟の儀が始まりました。梅長蘇は飛流と庭生を連れて参加します。そこには言闕と豫津親子も呼ばれていました

紀王

狩猟の儀に呼ばれ、呑気にお菓子をつまんでいた紀王が、馬に乗っていた飛流と庭生を見て顔色を変えていました。飛流との面識はないはずなので、驚くとしたら「祁王の面影のある庭生」に違いありませんね。あんなに疑り深い兄の側で生き永らえるには、高湛同様、本当はかなり賢いはずです

再会

静妃はついに梅長蘇に会い、その体をいたわります。わざとお茶をこぼして腕を調べたのは、林殊の腕にあった痣を確認しようとしたからですよね。これは以前霓凰もやってましたっけ。でもそこには何もありません。いつもは静かな母があれこれうるさいほどに気を配る様子を見ても何も気づかないのは、靖王がやっぱり水牛だからか

静妃は梅長蘇の脈を診たがっていたようですね。それで大体のことは分かりそうです

火寒の毒

梅長蘇に烏金丸を飲ませたのに死ななかったと聞いた夏江はどうにも納得がいかず、般弱に調べさせました。般弱は四姐を使って童路にカマをかけさせます。梅長蘇が死んだと聞かされた童路は、火寒の毒でも死ななかったのに!と嘆きました。般弱はここで姿を現し、火寒の毒とは何か、と問い詰めます。まあ口は滑っちゃいましたが、これで四姐が敵だと分かったのは良かったですよね。

感想

久しぶりに、飛流と蒙摯の手合わせが楽しかったですね~。飛流はあんなに強いのに、蒙摯には歯が立たないのだそうですよ。蒙摯が飛流の頭を撫でたのを見て甄平が驚いていたのがまた可笑しかった。頭を触らせている!?

あれほど夏江が騒いでいた「狩猟の儀」で誉王はいったい何をしようとしているのか、来週の配信が待ち遠しいです


琅邪榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~ コンパクトDVD-BOX1~3

これまでに視聴した中国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

Comments 3

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪
はい、いよいよ核心に迫ってまいりました( `ー´)ノ。

「再放送」ということですが、今自分が見ているのはGyaOの無料動画配信なので、もし、ご都合さえ合えばFさんもごらんになれるのではありませんか?

↓ここです
琅や榜 -麒麟の才子、風雲起こす-
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00657/v09957/

もちろん強制しているわけではないので、ご参考までに~ですよん(^_-)-☆。

あ~主題歌は梅長蘇の胡歌さんが歌っているのですか~。
スン・リーさんもそうですが、演技が上手い人は歌も上手ですね~( *´艸`)。

来週の配信が今から楽しみでなりませぬ( ;∀;)。こん

2020/08/28 (Fri) 07:32

F

有難うございます^^v

gyao!配信紹介有難うございました。
早速見てみましたm(_ _)m心置きなくこの後からゆっくり観られます。
どうぞ宜しくお願いします。

2020/08/28 (Fri) 22:46
こん

Fさんへ

もっと早くお伝えすればよかったですねm(__)m

Fさん、こんにちは~♪

そーなんです、GyaOだったんですよ~。
自分は途中でこれに気づいて、そこに追いつくまで有料の配信を利用したんです。
このチャンスを逃したらまた見られなくなる~って(笑。

無事ご覧になれてよかったです。
これからは毎週ご一緒できますね~( *´艸`)。
それまたとっても楽しみです。こちらこそどうぞよろしくお願いいたします(^^)/。こん

2020/08/29 (Sat) 07:10
《他にこんな記事も書いています♪》