韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

琅琊榜1 あらすじと感想 第4&5話 情絲繞(じょうしじょう)の秘密

2020/05/23
琅琊榜-麒麟の才子風雲起こす 1
琅琊榜 中国ドラマ

~《琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす》のあらすじと登場人物はこちらでご覧いただけます: 琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす~あらすじと感想、登場人物一覧

琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす】の4話「主を選ぶ」と5話「後宮の手段」を視聴しました。いや~梅長蘇はまるで諸葛孔明のように聡明でござるね~。以下2話まとめたネタバレのあらすじです琅琊榜のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

まずは蕭景睿が百里奇に戦いを挑みました。が、景睿だけ剣を使ったにもかかわらず、力の差は圧倒的で、梁帝が慌てて止めに入ります

それまで泰然として食事をしていた梅長蘇は「百里奇は確かに力は強いが弱点がある」と語り、そこを突けば数人の子どもでも倒せると豪語しました

その「子ども」に抜擢されたのが、掖幽庭の子どもたちでした。選んだのは蒙摯で、そこは抜かりなく庭生も含まれています

梅長蘇は選んだ3人の子どもを寧国府に連れ帰り、飛流に特訓させました飛流がまた可愛いね~( *´艸`)。なんでも「凌虚剣陣」という無敵の陣形があるのだそうです。庭生を始めとする3人は毎日懸命に訓練し、見事なスピードを見に付けました

とはいえ所詮は子どもです。怪力の手練れに勝てるはずがありません。それなのに3人は見事に百里奇をやっつけました。その結果3人は免賤され、掖幽庭から出ることを許可されます。その後は霓凰が引き取ると主張していました

その霓凰はどうしてもこの勝負に納得できず、梅長蘇を問い詰めると、梅長蘇はあっさりからくりを明かします。なんと百里奇は元々江左盟の人間だったのだそうです!あらかじめ北燕に送り込んでいたとは、なんという策士でしょうか

その梅長蘇が次の皇帝に推挙しようとしていたのは皇太子でも誉王でもありませんでした。靖王です。靖王が目をかけていた庭生を救ったのもそのための布石だったそうです。庭生は、梁の第一皇子だった祁王=蕭景禹の忘れ形見らしいのです

靖王は武芸に秀で、世渡り下手な軍人だということですが、霓凰と年も近そうですし、かつては梅長蘇こと林殊とも近しかったのではないんですかね

梅長蘇の思惑を知った靖王は、皇太子と誉王を出し抜けるなら代償は惜しまないと語る一方で、梅長蘇のような計算高い人間は好きではないと明言しました。でも梅長蘇はそんな性格も承知の上で、自らがすべての泥をかぶる覚悟でいたようです

一方で、この靖王の母、静妃(リウ・ミンタオ)は恐ろしい陰謀を察知しました。ある女官が情絲繞(じょうしじょう)という酒(媚薬)を手に入れていたのを見かけたのです

この情絲繞は亡くなった皇太后が、現梁帝の妹で景睿の母である莅陽長公主(チャン・イェンイェン~蘇真@海上牧雲記)に飲ませたものとして有名らしいですが、どうやらこれを仕組んだ者こそ、現在の長公主の夫である謝玉らしいですよね。情絲繞を飲ませて無理やり妻にしたのでしょう。あ~やっぱりあのギョロ目は悪人で決まりでござるね

賢く美しくても地位が低い静妃は、現太皇太后に香り袋をこしらえて、長公主に会う機会を作りました。そこで長公主に手紙を渡し、密かにこの話を伝えます。どうやら何者かが情絲繞を使って霓凰を長公主と同じ目に遭わせようとしているらしい

長公主は早速霓凰に会いに行きましたが会えなかったため、寧国府へ赴きました。梅長蘇なら百里奇と子どもたちの試合の際に霓凰に会うだろうから、この話を伝えて後宮の娘娘には用心するように言ってほしいと頼みました。この場合の娘娘は皇后だけじゃなくて貴妃も指すのでしょうかね。

その頃謝玉が妻の部屋を訪ねようとしていました。長公主の留守を隠すよう命じられていた侍女が慌てていると、年配の侍女が外に出て謝玉を追い返します。長公主はどうやら「昔のことを思い出したようで、謝玉には会いたくないと言っている、と伝えたのです。これはまた実に痛快でございましたね。凌辱して手に入れたとはいえ、いまだに頭は上がらないのね

翌日梅長蘇は、好きを見て霓凰に「後宮には注意するよう」伝えました。口に入れる物は特に気を付けるように

霓凰はその後早速言皇后に食事に誘われます。梅長蘇の忠告を思い出した霓凰は、なんとかしてこれを断ろうとしていたら、今度は越貴妃(楊雨婷)に呼ばれました。これ幸いと付いていったのが大きな間違いだったと知った時は時すでに遅く・・・霓凰が危ない!。越貴妃は司馬雷という自分の言いなりになる若者に霓凰を襲わせて、既成事実を作ろうとしていたのです

豫津の何気ない一言から、霓凰を狙っているのは誉王ではなく皇太子だと気づいた梅長蘇は、気血の滞りに苦しみながらも、蒙摯に手はずを整えさせました。言皇后にこれを知らせ、穆青には司馬雷を捕まえるよう伝えろ!

媚薬を盛られたことに気づいた霓凰は、必死で逃げ出そうと試みますが、何せ目は霞み足はふらふらで歩くことすらおぼつきません

そこへ現れたのは、なんとなんと靖王でした靖王来た~!(^^)/。靖王は止める護衛を次々と倒して中に入り、倒れ込む霓凰をしかと抱き留めます

邪悪な越貴妃は靖王を殺すよう命じました。でも靖王は、飛んでくる矢もすべて剣で薙ぎ払う程の達人だったのです

そこへ今度は言皇后と太皇太后がやってきました。こ~れでもう悪人どもは一網打尽です

越貴妃は梁帝の前でも見苦しい言い訳を連ねましたが、青に早速脚を折られたらしい司馬雷が捕まってはぐうの音も出ませんね。梁帝は、誤解だと主張して開き直る越貴妃を嬪に降格して幽閉を命じました

人の道を説くのが母親の役目なのに、陰湿な手を使って霓凰を襲わせるとは言語道断!皇太子まで巻き込みおって!!

が、越貴妃を糾弾する際、靖王もまた身を守るために皇太子を人質にしたと証言したことが問題視されそうです。正直に言っただけなのにね~。大体皇帝だというだけであんなに素敵な静妃を嫁にできただけでも光栄でしょうに、その間に生まれた息子をもっと大事にせんか!

さ~て今日はどんな展開が待っているのかな~。続きを見るのがめちゃ楽しみです


琅邪榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~ コンパクトDVD-BOX1~3

これまでに視聴した中国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん!あ~そうだそうだ!!( ゚Д゚)
ビクター・ホアンやんか!

あの誉王の顔を見ながら、ん~どっかで見たことあるかもしれない、
とずっと思っていたのでござるよね。
でもタイプじゃないのでわざわざ調べませんでしたの(爆。
って蔚全がタイプなわけじゃないですよ( *´艸`)。

包拯でしたか~開封府も面白かったですよね~。
って昨日いっぱい拍手をくださったのはもしかしてFさんでしたか?m(__)m

でもドラマ的にはやっぱり、否絶対に靖王ですよね~。
あ~早く靖王に梅長蘇の正体知らせてあげたいわ~( `ー´)ノ。

飛流も可愛いですね~ファンが多い理由も頷けます(^_-)-☆。こん

2020/05/24 (Sun) 07:16