韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

月に咲く花の如く あらすじと感想 第17話 留まる想い

2020/01/31
月に咲く花の如く 0
月に咲く花の如く スン・リー チェン・シャオ

月に咲く花の如くのあらすじと感想はこちらからご覧いただけますnothing gold can stay: 月に咲く花の如く あらすじと登場人物一覧


スン・リーさん主演の中国史劇、【月に咲く花の如く】の17話は「留まる想い」です。やはり~恐れていたことが起きてしまいました。以下ネタバレのあらすじです月に咲く花の如くのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

呉蔚文から話を聞いた弟たちのうち、占い好きな呉蔚全(ご・いぜん~タン・シーフー)が、呉家東院に降りかかった災いはすべて周瑩のせいだと言い出しました。この疫病神を早く追い出せ!!


鐘を聞き、呉家東院の危機を悟って駆けつけてきた周瑩は、そんなことはない、誤解だ!と反論しましたが、呉聘を失った悲しみや疲れが溜まっていたために、気を失ってしまいます周瑩!( ;∀;)


蔚全は蔚文の3番目の弟だそうですが、4人兄弟の4番目だから「四叔父」と呼ばれていたようですね。


蔚全の妻の朱氏は、占いなど信じない、寡婦を追い出すなどもってのほかだと夫を批判しますが、蔚全は耳を貸しません


また蔚文のすぐ下の弟=蔚武(ご・いぶ~ホウ・チャンロン)も、蔚全に感化されそうでした。息子の沢は若いだけに信じていませんでしたが


肝心の蔚文は、早速、後ろ盾の左殿に手紙を書いて届けさせました。助けてほしいと言うよりも、この事件の黒幕の魔の手が左殿に及ぶことを心配していたようですね。ふたりは義兄弟のようです


長年続いた呉家東院を自分の代で潰してはならぬ呉蔚文が気の毒だ(;´Д`)~そんな思いを抱きながら帰路に着いた蔚文は、周瑩を診察に来た医者が帰るところに出くわしました。医者は心労が原因だろうと語った後に、周瑩の懐妊を伝えます


蔚文は大いに喜びながらも、周瑩がまだ気づいていないと知ると、医者には黙っているよう命じました。不幸中の幸いとはこのことだ!


蔚文は早速周瑩を見舞いに行きます。蔚全の言葉を心配していた周瑩に、蔚文は、大丈夫だ、私は信じていない、と伝えました。お前も気にするな


春杏には、周瑩に東阿阿膠(和漢コラーゲン)を与えるよう命じます


春杏は、その物言いや眼差しに驚いて、あんなにやさしい旦那様を見たことがないとつぶやきました。周瑩はまだ実感が湧かず、ぼんやりしていたようですね。


周瑩のぼんやりはその後もしばらく続きました。呉聘の部屋へ行き、呉聘のぬくもりが残っている道具に触れて、その想いを感じていたようです周瑩も可哀想( ;∀;)


周老四はそんな娘を見ていられず、ここを出ようと誘いますが、周瑩は耳を貸しません


そこで周老四は星移に会いに行き、周瑩を説得してほしいと頼みました。星移が別院に忍び込めば、もし説得に失敗しても、周瑩が男と密通したと噂になって呉家東院を追い出されると踏んだようです。その時は大声で叫べよ!


まったくとんでもない入れ知恵ですが、星移は、ここぞとばかりに周瑩を取り戻そうと乗り込んでいきました


が、周瑩は、そんな星移の頭を殴り、椅子に縛り付けてしまいます。自分で何一つできないあんたなんかに救われるいわれはない!たとえ死んでもごめんよ!!


散々バカにされて追い出された星移でしたが、最後には意地を見せました。周瑩!必ずお前を迎えに来るぞ!!星移ももっとしっかりせえや!


その声を聴いた使用人たちが、また良からぬ噂をし始めます。周瑩には男がいるらしい


これをまた鄭氏が信じて蔚文に告げ口しますが、蔚文はキッパリ否定して、鄭氏をたしなめました


周瑩の呉聘を思う気持ちは本物だ。お前も使用人との無駄話は止めなさい


鄭氏にも妊娠のことを伝えればいいのにね~とは思いながらも、賢い蔚文のことですから、何か思うところがあるのでしょうね


そこへ新しい官報が届きました。そこには、杜明礼と張長清が言及していた通り、劉璈が失脚したと書かれています。その劉璈を助けようとした左殿の奏状も棄却されてしまったのだそう。もはや頼みの綱の左殿もあてにはできません


一方の星移は、周瑩に馬鹿にされたことがよほど堪えたのか、これまで嫌がっていた荷物運びを始めました。果たしていつまで続くのかは心配ですが、今後本当に周瑩を支えるつもりがあるなら、ここは一念発起しなければなりませんね


月に咲く花の如く」は続きもとっても楽しみですね


月に咲く花の如く(シンプルBOX 5,000円シリーズ)DVD-BOX1~3

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.