月に咲く花の如く あらすじと感想 第27話 新たな商売

スン・リーさん主演の中国史劇、【月に咲く花の如く】の27話は「新たな商売」です。いや~周瑩はさすがでござるね~。また惚れ直しちゃいました。以下早速ネタバレです月に咲く花の如くのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


周瑩は夫以外に身寄りのない徳の妻のために着物を用意し、棺も手配させました。そこへ徳が戻ってきます


妻の死に顔を確認した徳は井戸に身を投げました


アヘンによって二人の命が失われたのを目にした周瑩は、松明を片手に飛び出していきます。種まきから初めてようやく花が咲いたケシの畑を全部燃やしてしまったのです


さすがの白石もこれには驚きました。せっかく収穫間近だったのに、せめて収穫してから止めればよかったのではないかと言い出します。


でも周瑩は、アヘンの恐ろしさを痛感したから、一刻も早く根絶しなければならないと主張しました。白石は大いに感動します


これで生計を立てられなくなった周瑩は、学徒房の仲間と相談し、綿花栽培を始めることにしました。が、それには元手が要ります


そこで周瑩が狙ったのは、以前鄭氏が蔚双からもらった2千両でした


周瑩は早速鄭氏に交渉に行きますが、鄭氏は、2千両と自分の刺繍で、鄭氏と周瑩、そして侍女長の張さんの3人ぐらいは食べていけると計算していたらしく、絶対に出そうとしませんでした


周瑩が何度も、必ず増やして返す、と説得しますが、その言葉にはもはや信憑性が無いようなのです


だってあなたはケシで失敗したじゃない!!


それで周瑩は張侍女長に2千両を盗んでほしいと頼みました。これまでの周瑩の言動から、もうすっかり周瑩の親衛隊となった張さんは快く承諾してくれます。周瑩は、もし見つかったら、すべて周瑩のせいにすればいいと約束しました。


その隠し場所がまたふるっていましたね~。机の中の小さな小箱に入った鍵を開ける鍵は、鄭氏が文字通り肌身離さず持っていて、その小箱の中にまた宝物を入れておく箱の鍵が入っていたそうです


張さんはそんなことはすっかりお見通しで、すぐに2千両を持ってきてくれました。周瑩は世均たちに、足がつかないうちにすべて使い切るよう命じます


鄭氏が気づいた時は既に遅く、2千両はすっかり消えてなくなっていました。綿花栽培のための準備に使ったのです


怒った鄭氏は周瑩を役所に突き出しました


驚いたのは白石です。「あの」周瑩が義母を騙して2千両を盗むはずがない!?


周瑩は、ケシ畑を焼いたこと、その経緯や志を知っている白石に、2千両を元手に商いをし、必ず増やして鄭氏に返済すると確約の証人になってほしいと頼みました


呆れ果てた白石は、周瑩に棒叩きの刑を命じます。回数は3回ですが、ものすごい棍棒で叩くんですよね


さすがの白石も可哀想に思ったのか、尻を打たれた周瑩の様子を見に来ました。さすがの周瑩もあまりの痛さに身動きはできませんでしたが、口は相変わらず達者です


棒叩きにあったおかげで、自分の中にあった罪悪感も消え、鄭氏の同情も買うことができた~棒叩き様様だ!棒叩きバンザイ!(^^)/


白石は開いた口がふさがりません


そんな白石をしり目に、周瑩は、今乗っかっている椅子をそのまま借りて、仲間たちを呼び、このまま東院まで運べと命じましたそっと運んでっ!( `ー´)ノ。ちょっとでも揺れると響くらしく、大声で痛い痛いと喚いている姿には笑いを禁じえませんでしたね


そんな周瑩の傷の手当てをした春杏は、こんな痛い思いまでして東院に残ることはないのに、と同情しますが、周瑩は、私がいなくなってしまったら東院は潰れると答えました。亡き呉聘と呉蔚文のためにも、東院を無くす訳にはいかんのだす


一方、胡家には志存が戻ってきました。何もかも杜明礼のおかげだと感謝する詠梅を志存が厳しくたしなめます。2度とあの男に敷居を跨がせるな!!


ところが杜明礼はまた早速やってきます。胡家が店を畳むと聞きつけたからです。


詠梅から、志存の心の病が深刻だと聞いた杜明礼は、しばらくよその土地で静養したらどうかと提案しました。ふん、誰のせいで患っているか、詠梅に教えてやりたいですね~あほやね~詠梅は(;´Д`)


志存は呉家東院が没落したと聞いてひどく心を痛めていたようですが、今さら真相は語ってくれんでしょうな


さて、前回お株がだだ下がりだった星移ですが、意外にも!まだまだ志は失っていなかったようです。四海にも、軟膏には血竭を使うよう食って掛かっていましたが、結局相手にされなかったため、それぐらいなら、ごく潰しの若旦那でいたほうがいいと自棄になっていたようなのです


それでも四海はそんな星移を見直して、綿花店の副店長に抜擢しました。そこでまた周瑩とのご縁ができるという訳ですね


それ以外では、杜明礼と査坤が何やらよからぬ相談をしていました


何でも、査坤の「師兄」が年長だった韓三春に頭領の座を譲ったのだが、(その韓三春が)これ以上は従えぬと言ってきたそうなのです。杜明礼は韓三春をうまく抱き込むよう命じ、白石に代わって知府となった英賢を使うと仄めかしました。


お前の師兄が討伐に手を貸し、功績をあげれば、望む椅子を貝勒が用意してくれる、と


だったら韓三春の首ひとつで済む、と査坤が答えていたところを見ると、査坤は元々盗賊の仲間だったのかもしれませんね。あ~その盗賊が以前周老四が真似をした三寿帮だったりするんかな


いやいや次々と伏線が張られて行くいくのが、ミステリーみたいでワクワクしますね~。「月に咲く花の如く」は今日の放送も楽しみですね



月に咲く花の如く <シンプルBOX 5,000円シリーズ> DVD-BOX1~3


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪

本当に周瑩はカッコいいですね~。

また杜明礼への天罰予告、私も毎日お祈りしたいです(爆。

昨日もまた楽しかったですね~。

最近ちと野暮用が多くて遅れ気味ですが、
また後程語らせていただきまするね(^_-)-☆。こん