韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

月に咲く花の如く あらすじと感想 第31話 商売の誤算

2020/02/20
月に咲く花の如く 0
月に咲く花の如く スン・リー レン・ジョン

月に咲く花の如くのあらすじと感想はこちらからご覧いただけますnothing gold can stay: 月に咲く花の如く あらすじと登場人物一覧


スン・リーさん主演の中国史劇、【月に咲く花の如く】の31話は「商売の誤算」です。いや~まさしく「捕らぬ狸の皮算用」でござりましたね。以下早速ネタバレです月に咲く花の如くのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


周瑩は、湖北産と見まごうほどの良い綿布を作り上げました。これなら10万両は儲けられるとウハウハです。蔚武も蔚全も大喜びでした


一方の星移も、またしても周瑩を真似して、綿布業に力を入れます。ライバルの呉氏布業を蹴落とすのに卑劣な策しか思い浮かばないのが、この男のまだまだ残念なところでやんすね


そうやってつばぜり合いをしていたところで、思いもよらぬ第三者に利益をさらわれてしまいました。詠梅です


詠梅は長年仕えてきた家職から、このまま涇陽にいるなら薬剤店を再開したらどうかと勧められました。取引先の楊金鱗という男に700両の貸しがあるのだそうです。


早速、楊に会ってみると、楊は今では先行きの暗い薬材は辞めて、需要のある洋布を扱っていたことが分かりました。それを売って借金を返そうとしたのに、陝西ではさっぱり売れぬとこぼし、必ず借金は返すと言って、代わりに洋布の見本を置いていきます。


家職はそこで詠梅に、いっそ楊と手を組んで洋布を売ってはどうかと提案しました。江蘇や浙江などの海沿いで流行したものは、半月以内に関中でも流行るのだそう。この家職はなかなかの知恵ものですね~


詠梅はその言葉に従い、古月洋布店を立ち上げました。その結果、洋布は飛ぶように売れ、綿布はまったく売れないという事態が発生したのです


10万両入ると皮算用をしていたのが一転、このままでは倒産しかねませんやっぱり疫病神だ!


星移は今のうちに安値で売れば、最小限の損害で済むと四海に報告し、また世均や福祺らも、そう周瑩に勧めました。店では周瑩を責める声が上がります


まったくね~儲かっている時は何も言わないくせに、ちょっと下火になったらすぐこれだ


でも大陸は広いですし、まだまだ需要もあるんじゃないですかね~


その一方で、ケチな四海は一銭たりとも損をしたくないようで、早速杜明礼に会いに行きました。今や合資関係にある隆昇和は、沈家が損をすればその3割の損失を出す、それでは貝勒の怒りを買うのではないか、と脅します。これを回避するために古月洋布店を休ませてほしいと頼みました。


杜明礼は仕方なく詠梅に泣きつきます。胡志存を助けたのは貝勒だから恩返しをしてほしいという杜明礼に、詠梅は、キッパリ、自分の恩人は杜明礼だけだと答えました


しかも詠梅は杜明礼に古月洋布店の株を2割与えます。何でも杜明礼や査坤は(少ない)「給料」しかもらっておらず、いわば貝勒には逆らえない使用人(奴隷)のような存在だったらしいのです。それは前の扱いを見ても明らかですよね。


饅頭に続いて株までもらった杜明礼は大いに感動しました。こんなことをしてくれた人は初めてだ!これまで詠梅との関与を批判していた査坤も喜んでいたようです。


いやいや、詠梅は杜明礼を父の命の恩人だと思い込まされているのですから当然でしょう


これまでは「勘違い女=ぶりっ子」だった詠梅が、意外にも、決断力と商才があるのを見せつけてくれましたね。あの頑なさ(=愚かさ)さえなければね~同性として応援したいんですけど。それにまだ呉聘殺害容疑も残っていますし


またすっかり白石に夢中の呉漪は、兄の沢が白石の友だと知って大喜びです。ここも可愛い初恋(?)を応援したいところですが、白石の気持ちは周瑩にあり、ですよね


月に咲く花の如く」は今日の放送もめちゃ楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



月に咲く花の如く(シンプルBOX 5,000円シリーズ)DVD-BOX1~3


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.