月に咲く花の如く あらすじと感想 第36話 捕物大作戦

月に咲く花の如くのあらすじと感想はこちらからご覧いただけますnothing gold can stay: 月に咲く花の如く あらすじと登場人物一覧


スン・リーさん主演の中国史劇、【月に咲く花の如く】の36話は「捕物大作戦」です。これはまた異国情緒たっぷりで楽しいエピソードでしたね~。以下ネタバレのあらすじです月に咲く花の如くのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


図爾丹(以下、トゥーアルダン)は、確かに見本は上質だったが、実際に納品された薬剤は粗悪品だったと息巻きました


周瑩は、ふふんと鼻で笑います。呉家で納めた納品書には「隠し文字」を施してあるのだそうです。濡れると出てくるみたいですね


周瑩は、トゥーアルダンが差し出した「粗悪品」に添えられていた納品書に、ぺっと唾を吐きかけました。ところが、そこにも隠し文字が細工されていたことが判明します


そんな馬鹿な!?


この隠し文字は「身内」しか知らないのだそうです。でも周瑩には疑う「身内」が思いつかなかったようですね


周瑩は3日後には潔白を証明すると約束し、周老四と周辺をぶらついて、盛隆全の商品が他の店でも売られていると突き止めました。でもそれだけでは無実を証明できません。


そこで周瑩は「罠」を仕掛けました。波斯(ペルシャ)国王の弟の寡婦を装い、街中で大枚をはたいて見せたのです。その噂を聞き付けて、トゥーアルダンまで引っかかってきたのには大笑いでしたね


一方で、詐欺師ももれなく罠にかかります。男は盛隆全の呉明祖(ご・めいそ)と名乗り、周瑩に薬剤を売りつけようとしました。周瑩は「見本」だけでは信用できないから、倉庫を見せろと迫ります


明祖はしばらく渋っていましたが、仕方なく翌日、周瑩を倉庫に案内しました。そこにあった薬剤は確かに上物ばかりでしたが、周瑩がいったん帰ったと見せかけて戻り、再び中を確かめると、粗悪品ばかりだったことが判明します


これで尻尾をつかんだ!喜んだのもつかの間、周瑩はこの詐欺の「黒幕」に遭遇しました。なんとそれが蔚双と婉児の息子の呉遇だったのです!


ずっと周瑩を恨んでいた呉遇は、ここで会ったが百年目と周瑩を殺そうとしますが?


この間、ずっと周瑩は誰かにつけられていたようでしたよね。あれが星移なら助けてもらえそうですが


月に咲く花の如く」は今日の放送も楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



月に咲く花の如く(シンプルBOX 5,000円シリーズ)DVD-BOX1~3


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、こんにちは~♪

周瑩の変装、素敵でしたね~。
街並みもリアルで楽しめました~( *´艸`)。

昨日の放送も面白かったですね~。
また後でうるさく騒ぎまするね(^_-)-☆。こん