韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

月に咲く花の如く あらすじと感想 第42話 怪我の功名

2020/03/06
月に咲く花の如く 0
月に咲く花の如く スン・リー レン・ジョン

月に咲く花の如くのあらすじと感想はこちらからご覧いただけますnothing gold can stay: 月に咲く花の如く あらすじと登場人物一覧


スン・リーさん主演の中国史劇、【月に咲く花の如く】の42話は「怪我の功名」です。まさにその通りでしたね~。やはり、天は自ら助くる者を助く、ですね。以下ネタバレのあらすじです月に咲く花の如くのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


星移は母に「結婚したい人がいると伝えました。それが呉家の女性だと聞いた母親はてっきり呉漪だと思い込みますが、よくよく聞いてみれば「元侍女で寡婦」だと知って激怒します。それだけは決して許さない!!


もちろん四海も同様です。今にして思えば迪化に行ったのも、三寿幇に捕まったのもそのためだったのか!


星移は最も自分に甘い祖母を味方にしようとしましたが、さすがの祖母も首を盾には振ってくれませんでした。星移は昔から、手に入りにくいものを執拗に欲しがるくせに、手に入ったらすぐに飽きてしまうという性分なのだそうです


あ~それはなんとなくわかる気がしますが、相手が周瑩では「飽きることが無い」でしょうね~。次に何が飛び出してくるか分からんもの。だからこそ余計に手に入れたくてたまらんのでしょう。祖母も一応考えてみると言ってくれたようです


一方の周瑩はこっそり別院を抜け出してトゥーアルダンと街を散策に行きました。彼に納めている商品を見せに行ったり、値引きをさせたりしていたようです。洋布を見せて、今後の計画についても説明しました。織布局で洋布を作れるようになれば、もっともっと安い価格で卸すことができるわ


そんな賢い周瑩に、トゥーアルダンはますます惹かれて行きます。トゥーアルダンは仕事中にも周瑩のことが頭から離れず、同じように周瑩に恋い焦がれている星移が涇陽に戻ったと聞いて居ても立っても居られなくなったのだそうです


そこへ、どうあっても周瑩の再婚を阻もうとした蔚全が部下を引き連れて乗り込んできます。トゥーアルダンの部下と一触即発の気配が漂った時、周瑩は自ら短剣を奪って蔚全の首に突きつけましたきゃ~かっけー(^^)/


私が本当に結婚したいと思ったら、四義叔父上にも止められない。私の邪魔はしないでください


周瑩はトゥーアルダンに正直な自分の気持ちを打ち明けました。織布局を設立するための投資金=金子2万両を手に入れるために結婚を承諾し、目的が達成されたら別れようかとも思ったけれど、亡くなった夫が人を騙すなと言うの。信頼を裏切るなと


私の心は夫とともに土の下に埋まっているの。私を妻にしてもそれは抜け殻でしかない呉聘以上の人はいない


トゥー様は、たとえ抜け殻でも、金目当てでもいいから結婚してほしいとのたまいますが、周瑩の心は決まっていました。嫁ぐなら愛する人の元へ


トゥーアルダンは落胆し、これまでのすべての取引を中止すると言い出しました。周瑩は商いと私情は別だと説得しようとしますが、周瑩と結婚できないなら、取引で関わるのも胸が痛んでならないそうです。いや~実に繊細ですね~


周瑩はトゥーアルダンに別れを告げ、蔚全とともに店を出てきました。するとそこには周瑩の親衛隊が押しかけてきています。世均や福祺らと韓三春が周瑩を救いにやってきたのです


若奥様を放せ!我々が付いています!!どこへでもお供しますから!頼もしかったわ~( *´艸`)


ここがまた誰が言うのでもなく(誰の口も動いてなかった)、皆が真剣に周瑩を見つめていたのが良かったですね~。これは皆の総意なのです


周瑩はニッコリ笑って、ありがとう、どこへも行かないわ、と答えました。帰りましょう


蔚全は得々として東院に戻り、周瑩がキッパリ断った!と報告しました。蔚武もまた周瑩を、奔放そうに見えるが実は貞節だと手放しで褒めたたえます。蔚全は貞操はたとえ餓死しても守らねばならないと勢いづきますが、周瑩は、本当に餓死しかねないと溜息をつきました


これで蔚武が決断します。おそらくは沢の後押しもあったのでしょう。金を工面して陝西機器織布局に投資すると断言します。1年で投資を回収し、2年で利益が出れば、トゥーアルダンとの取引を失っても困らない!


蔚全はとんでもないと猛反対しましたが、蔚武はそんな蔚全の性格をよく知っていて、家までなだめにやってきました。蔚武は今回大当主の仕事をやってみてホトホト疲れ果て、周瑩の偉大さが身に染みたそうです。周瑩に任せておけば大丈夫だ。私に考えがある。


蔚全の占いでも吉と出たらしく、また妻の朱氏も取りなしてくれました。この朱氏はなかなかの人物ですよね


周瑩は、出資者を募ろうと東奔西走していた白石の元へ行き、呉家がすべての株を買うと申し出ました。白石は中古の織機を使えば半額で済むと考えていたらしいですが、周瑩は気前よく、全部新品をそろえようと息巻きます


これを知った詠梅がまた実に悔しそうでしたね~。他人を蹴落とそうなどとするから罰が当たったのですよ


また杜明礼も、呉家はノーマークだったと悔しがりました。前々から利用しようと手名付けていた沈家の陶番頭を使って何かを仕掛けるつもりのようです


周瑩に振られたトゥー様と星移が一緒に酒を飲んで嘆く姿がまた楽しかった、否、気の毒でしたね


月に咲く花の如く」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→



月に咲く花の如く(シンプルBOX 5,000円シリーズ)DVD-BOX1~3


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.