月に咲く花の如く あらすじと感想 第49話 捨て身の策略

月に咲く花の如くのあらすじと感想はこちらからご覧いただけますnothing gold can stay: 月に咲く花の如く あらすじと登場人物一覧


スン・リーさん主演の中国史劇、【月に咲く花の如く】の49話は「捨て身の策略」です。いやいやこれには参りましたね~。以下早速ネタバレです月に咲く花の如くのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


まずはその「策略」ですが、呉漪は白石と沢に手作りの酒をタ~ップリ飲ませました。ここからはおばさんの妄想ですが、酔っぱらった白石をなんとか寝台に運んで寝かせた後、自分は髪や衣服を乱して近くの椅子に座り、白石が目覚めるのを待ちます。あ、そうそう、ちゃんと手巾に「証」も用意していたのには驚きましたね~


目覚めた白石は、漪が泣いているのを見て愕然とします。しかもちゃ~んと「証」まで落ちているではありませんかひや~すごすぎる(;´Д`)。あれは獣の血でしょうかね


裁きの場では泣く子も黙る白石も、女の手練手管には勝てず、観念するしかありません。ここは潔く、漪を娶りたいと蔚武に挨拶に行きました。趙家は呉家よりずっと身分が高いそうで、蔚武は一も二もなく賛成します。しかもふたりの相性は抜群なのだそうです


婚礼の日、寡婦は婚礼には出られないとのことで、周瑩が一足先に祝福に訪れました。一緒にやってきた千紅はとニヤリと笑います


白石は婚礼の場に周瑩がいないことを残念に思っていたようですね。これからは「義従弟」として力になってあげてほしいですね


一方、春杏と周瑩は、かつて周瑩が呉聘の嫁になると申し出た時のことを思い出していました


そんな周瑩に鄭氏がついに「好きな人ができたら嫁に行け」と言ってくれます。これまでは、周瑩はあくまで呉聘の嫁でしかなかったのですが、今では「娘」と思っているのだそうです。いや~この日が来るのを待ってましたよ~


でも鄭氏は、沈星移のような男はダメだと釘を刺しました。確かに~お堅い鄭氏にしてみれば、出会った頃の周瑩同様、星移はならず者でしかないようですね。星移も周瑩同様、深く付き合ってみればその良さが分かるのですけれど


周瑩の心は複雑でした。呉家東院の商売が軌道に乗った今、星移を追って上海へ行きたいと考えていたからです


が、そんな悠長なことは言ってられなくなりました。詠梅が周瑩を裏切ったのです


詠梅は杜明礼から、元呉家東院の番頭だった佟(とう)の証言を見せられて、偽造の黒幕は呉蔚文だったとあっけなく騙されてしまいました。怒った詠梅は周瑩との約束を反故にしたばかりか、陝西機器織布局を潰しにかかります


陝西機器織布局の価格を1反3両と見積もった詠梅は、取引相手の楊金鱗から100万反の洋布を仕入れると約束し、1反3両の価格を約束させました。胡月洋布店の売り上げは毎年60万反だそうで、3両まで値下げをすれば100万は売れると踏んだそうです


胡月洋布店が利益を度外視して3両で売れば、陝西機器織布局には太刀打ちできない。出資した額を回収するために、周瑩は3両以下にはしないと確信していたようですね。


一方で楊金鱗は100万両の保証金を要求してきたそうです。これを返す条件は100万反を売り切ることで、もし1反でも残ったら、1銭も戻してくれないらしい


胡家職が憂えると、杜明礼が大丈夫だと請けあいました。陝西機器織布局の洋布が3カ月間売れなければ、貝勒が白石を弾劾する、白石が失脚すれば陝西機器織布局も閉鎖されると豪語します


それで詠梅は3カ月我慢すれば、その後は言い値が付けられるとほくそ笑みました。銀子100万両は、胡月洋布店を抵当に入れ、胡志存が残してくれた土地を売って調達することにします


ふふん、そんなことでやられる周瑩ではありませんよね私と戦おうなんて百年早い、とはこちらの台詞です。何せ周瑩には数多くの周瑩ファンが付いていますからね~


詠梅が裏切ったと知った周瑩は、早速、胡月洋布店に乗り込んでいきました。詠梅から、父の仇と商売などできない、陝西機器織布局を潰してやる!と言われた周瑩はあっさり引き下がってきます


と、ここで周瑩に付いていった周老四が、いつもの癖で、詠梅の小箱を盗んできてしまいました。本来なら褒められたことではありませぬが、今回ばかりは「でかしたっ!でしたよね。その小箱には、杜明礼からもらった「牛寿娃宛の手紙」が入っていたからです


それを見た韓三春が牛寿娃宛の手紙だと気づきました。しかも、韓三春はかなりの教養の持ち主らしく、その筆跡が、胡月洋布店に飾ってあった詠梅の書の筆跡と同じだと指摘します。あ~周瑩も昔さんざん比べられましたっけね


この韓三春と千紅の厚意がまたありがたかったですね~。ふたりは合わせて呉家東院の株を2割所有しているそうで、それを売って胡詠梅をやっつけてほしいと申し出てくれたのです


周瑩は早速白石に報告に行きました。白石は、当時三寿帮と繋がっていた都の人間がいたと語り、物騒な黒幕に気取られぬよう、慎重に事を進めねばならぬと釘を刺します


一方で周瑩は早速詠梅への対抗策を練りました。これがまた実に素晴らしい対策でしたね~


今手元にある洋布を3段階に分け、胡月洋布店の品よりはるかに上質な物は通常通りの価格で売り、胡月洋布店より若干質の良い物は胡月洋布店と同じ価格にする、そして胡月洋布店と同じレベルの物は値下げすることにしたのだそうです


さらに、胡月洋布店から陝西機器織布局に乗り換えてくれた客には、胡月洋布店に払った前金を商品の代金から差し引くことにしました。そして、今年陝西機器織布局から仕入れた量が昨年の胡月洋布店より多い客には、来年の商品代金を大きく割り引くことにします。


また10反以上まとめて購入した客には、最新の衣の型紙を手に入れておまけに付けることにしました。2千反以上買った客には運送費を負担すると約束します


そして小売り客には「民富券」を用意することにしました。券の価格は1枚1両ですが、民富券1枚で2両分の品が購入できます。ただし2反につき1枚しか使えぬようにし、その際釣銭を出さないようにすれば、2~3割の値引きになるのだそうです。(1反の定価が3両だとすると、2反で6両かかるところ、民富券を使うと合計5両で済む


この方法なら、必ず顧客を取り戻せるわよっ!周瑩、中国一!( *´艸`)


も~これでもか!という周瑩の見得がカッコよかったですね~。あ~早く続きが見たくてたまりません


←前回のレビュー  次回のレビュー→



月に咲く花の如く(シンプルBOX 5,000円シリーズ)DVD-BOX1~3


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪
これまためちゃくちゃ楽しかったですよね~( *´艸`)。

周瑩は本当に賢いですね~。
日本の経済対策もお任せしたいですな(^_-)-☆。こん