韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

月に咲く花の如く あらすじと感想 第73話 行幸を仰ぐ

2020/04/18
月に咲く花の如く 1
月に咲く花の如く スン・リー レン・ジョン

月に咲く花の如くのあらすじと感想はこちらからご覧いただけますnothing gold can stay: 月に咲く花の如く あらすじと登場人物一覧

スン・リーさん主演の中国史劇、【月に咲く花の如く】の73話は「行幸を仰ぐ」です。周瑩はどこにいても周瑩らしかったのが実に楽しく誇らしかったですね。以下ネタバレのあらすじです月に咲く花のごとくのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ついに女子学堂が開校しました。学生たちはいかにも清々しい薄いブルーの制服を着ています

周瑩はそれに似たような服を着て理事として入学式に出席し、祝辞の直前、隣にいた白石に縁談を断りました。白石はなぜこんな時にと思ったことでしょうが、その時こそ抜群のタイミングだったのです

祝辞を求められた周瑩は、若い(例外あり)女子学生たちに語るという形で、その理由を説明しました

私の名前は周瑩。常に自分の思うがままに生きてきた。ロクに字も読めないし、実に不届きな女子である。ここにいる趙殿に棒で打たれたこともあるし(それを根に持っていたのか!?、池に沈められたことも、投獄されたこともある。かろうじて処刑だけは免れた
そんな私が学堂を建てたのは友人に頼まれたから。その友人は女性が学べば国は救われると語ったし、私もそう思う。人は勉強すれば悟るようになるし、悟れば見識が広まって能力も身に付く。有能な者は苛められない。男も女も国も然り
能力があれば自分で自分を養え、好きなように生きられる。何を飲み食いするか、誰と会うか、嫁ぐ相手も選べる
自分の人生に悔いはない。評判が悪く、家族を次々に亡くしたけれど、己の意志には背かなかった。皆も同じように生きてほしい。欲しいものは手に入れ、欲しくなければ拒否する。愛したい人を自由に愛し、痛快な人生を送るのよ!それが私、周瑩よ!( `ー´)ノ

学生たちを初めとするたくさんの聴衆から拍手が湧きおこりました。白石も、その一語一句を噛みしめるように傾聴し、大きな拍手を送ります

なぜ白石と結婚しないのか~その理由はただしたくないから

そして白石は、そんな自由闊達な周瑩だからこそ、心から求めてやまないのですからね「呉家に尽くしてくれた恩に報いるため」なんかで結婚されても、結局はむなしくなるだけです。それは亡き漪を見ればわかること。周瑩の迷いを千紅が断ち切ってくれたのも幸いしました。趙殿が心にいるの?いないの??

その後義和団の反乱が起き、八カ国連合が北京を占領しました。光緒帝と皇太后はともに西安に逃れます。新しい巡撫の端方(たん・ぽう)は彼らをもてなすために、涇陽の富豪から寄付を募ることにしました。でも周瑩は被災民の救済に金を使ったからもう余裕はないと断ります

これに怒った端方は白石に泣きついてきました。しかも、今いる屋敷が狭いとぶーたれる皇太后に、陝西にある呉家東院に移ってはどうかと勧めます。白石は慌てて止めましたが、皇太后が即快諾してしまいました。この皇太后がまた実物によく似ていましたね~。

ここからの白石がまたうるさかった、否、厳しかったですね~。すぐに周瑩のもとへ行き、なぜ寄付をしなかったから始まって、もはや逃げられぬと、あれこれ事細かく指示を与えます。陛下と皇太后が呉家東院に滞在なさることになった!!

ま~土をどけろだの、赤い毛氈を引けだの、呉聘の思い出の樹を切れだのと命じられた周瑩は、間違いなく心の中で、こんな小うるさい男と結婚しないで本当に良かった!!と思っていたに違いありません

それでも白石は一歩も譲らず、周瑩に挨拶の仕方まで訓練させました。いや~鄭氏と歩き方のレッスンをした日を思い出しますね~。また周瑩がいかにもわざとらしくしなを作るのが実に可笑しかったですわ

当日も白石は真面目に心配し、周瑩がへまをやらかしはしないかと外でヤキモキしていましたが、周瑩はちゃんと言われた通りに礼儀正しくしていました。

そこへ臣下の前ではめったにしゃべらない光緒帝が質問を投げかけてきます。光緒帝は、周瑩が女だてらに呉家東院を立て直し、今や堂々たる富豪となったことに興味津々だったようです。しかも皇太后まで、土間に座って話しているために膝を痛そうにしていた周瑩を見かねて、立って話せと許可したから大変です。も~周瑩は白石の注意などすっかり忘れて、まさに立て板に水の如く滔々としゃべり始めました株主制度が店を豊かにしてくれました( `ー´)ノ。途中で戊戌の変法の標語を引用したのはまずかったと気づいた時には既に遅く民を尊べば国は治まる

周瑩が語った「当主の心得」こそ「皇帝の心得」なのですが、それが分かるようなら王政は民に支持されたはず

以前「蒼穹の昴」というドラマを見て以来、西太后には思い入れがあったのですけど、実際にはどんな人物だったのでしょうか。周瑩に対する質問では、同じ女性としてトップに立った者の苦労を理解してくれたようでもありましたが。

さ~て泣いても笑ってもあと1話で終わりですね。今から最終回が待ち遠しいです

←前回のレビュー  最終回のレビュー→


月に咲く花の如く(シンプルBOX 5,000円シリーズ)DVD-BOX1~3

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、早速ありがとうございます(^^)/。

んも~アタイだったら白石を蹴飛ばしちゃうとこでしたが、
周瑩は偉いな~と思いつつ、でもきっと心の中でそう思ったに違いないと(爆。

そうそう、アタイもこのOSTを売ってないかな~と調べて、
スン・リーさんご自身が主題歌を歌っていると知りました。
演技も歌も上手と来ては愛されるわけですよね~。

気は早いですが、また近いうちに再放送してくれませんかね~。
これは是非もう一度最初から見直してみたいです(笑。こん

2020/04/18 (Sat) 14:27