Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

大秦帝国-QIN EMPIRE- ネタバレと感想 27〜31話 駟がイイ子でホッとした

BS日テレで放送中の【大秦帝国-QIN EMPIRE-】も27話から31話まで視聴しました。ここは衛鞅の縁談および駟のその後についてがメインでしたね。以下あっさりネタバレです大秦帝国のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

衛鞅の縁談

渠梁は、虔からの「熒玉を衛鞅に嫁がせるな」という一言が気になって、母の太后に確認しました。虔は、鼻削ぎの刑にされる前、衛鞅に心を寄せている妹の熒玉のために「仲人」を引き受けようとしていたのだそうです。でも今や衛鞅は「仇」となり、ふたりの結婚には猛反対だということらしい💦。

が、渠梁は「衛鞅が好きだ」という熒玉の気持ちを確認した上で、ふたりの縁談を進めることにしました。はっきりとは分からないのですが、当時秦の公室では「他国の人間」との結婚を禁じていたらしいのですよね。でも渠梁はそれを破って結婚し、それで生まれたのが駟らしいのです。だから「お前を庇ってやれない」だったのかな。

渠梁は、もはやそのような堅苦しい慣習は撤廃すべきだと豪語します。虔もそもそもは改革の支持者だったことだし、今衛鞅に抱いているのは「私怨」に他ならないから、気にすることはない、と明言しました👍。

残る問題は衛鞅自身の気持ちですが、これは白雪が力技で解決します。白雪は、熒玉との縁談はぜひ受けるべきだと衛鞅を説得しにきました。衛鞅も今は恋に目が眩んで白雪との結婚を望んでいるが、衛鞅はいつかきっとそのような「平凡な暮らし」に飽きる日が来るというのです。

白雪は、言葉を尽くして説得した後、衛鞅には黙って秦を去っていきました。その時、彼女のお腹には衛鞅の赤ん坊が宿っていたそうです。数年後に会いに来る。白雪は、これまた衛鞅には言わず、侯贏にこの伝言を託し、その侯贏を通じて渠梁に、熒玉との婚姻を承諾する旨を伝えさせたそうです😭。

その熒玉もまた実に一途でした。たとえ衛鞅に想い人がいても構わない〜側室でもいいと言わんばかりです。でも太后は、公主は正妻にならなければならないと命じました。白雪のおかげでこれは杞憂に終わったわけです。

また不安の種だった虔には、太后が「己の復讐で秦を滅ぼしてはならない😤」と言い含めました。この太后がまた本当に賢くて惚れ惚れしますよね。彼女は、衛鞅が熒玉と結婚した後も、白雪のことに触れて、今からでも呼び寄せて一緒に暮らしてはどうかと申し出ましたが、衛鞅の方が「今は改革に専念したいから」と断っています。

衛鞅は、白雪への永遠の愛を心に誓いながらも、衛鞅とその改革を支えると誓った一途な熒玉にも、次第に心を開いていきます💜。その熒玉は衛鞅に、ある頼み事をしました。たった一人の甥である駟を捜したい!!

駟の行方

その駟は山で遭難した後、商於県の黒林村へ辿り着きました。駟は身分を「斉の書生」と偽っています。そこで彼は、村の人々から「改革のおかげで暮らし向きが楽になった」と何度も何度も聞かされました。だから村人たちは皆「兵」として国に貢献したいと考えているそうです。年寄りまでがそう言い出すので、年寄りは農業に精を出すよう命令が出たらしい。それでも戦に参加したのと同様「爵位」が与えられるのだそうです🌹。

駟は村人たちと家族同様に過ごした数年後、ようやく村を出ていくことにしました。その間、相思相愛となった女性=黒棗が後を追ってきますが、駟が自分には将来がないからと断ると、自分の形見だと「思い出の笛」を差し出して、崖から身を投げて亡くなってしまいます😱。駟は泣きながら彼女の墓を作りました。

熒玉は、駟が黒林村で暮らしていたことまでは突き止めましたが、様子を見ているうちに、駟は出て行ってしまったようです。衛鞅としては、渠梁が追放したのだから、それなりの月日が経つまでは、渠梁にも太后にも伏せておいた方がよいと判断したようですね。

遷都

白雪が、魏軍が動き出したと知らせてきました。魏は、もう一度「覇者」として返り咲きをするために、どこから攻略すべきか、決めかねていたのです。龐涓は真っ先に秦をあげましたが、恵王をはじめとする皆が反対しました。彼らはいまだに秦が弱小国だと決めつけているのです。結局魏は趙を攻めることになりました。ここに斉が加わって魏は窮地に立たされます。

これらの動きを静観していた秦では、同じ頃「咸陽」への遷都が進んでいました。渠梁と共に北阪の盆地を下見してこの名を決めたのは衛鞅です。

一方では、すっかり隠居した虔に代わって精鋭軍を預かった車英が大いに苦労していました。隊長を選ぶにあたり、貴族の子弟たちが、元奴隷の秦人を認めようとしないからです。これを聞いた渠梁は自ら足を運んでこの問題を解決しました。すべてにおいて「実績」を重視する。出身で差別をしてはならぬ!😤

景監と令狐が結婚

これ以外では、景監と令狐(れいこ)が、衛鞅の仲立ちで結婚しました🎉。景監は、令狐が亡き親友の忘形見だと言うことから、なかなか踏み切れずにいたのを衛鞅が後押ししたのです💐。

大秦帝国[レンタル落ち](全5巻)
大秦帝国[レンタル落ち](全5巻)
関連記事