韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

三国志〜司馬懿・軍師連盟〜ネタバレと感想 第66&67話 狙われた郭照

韓ドラおばさん
2022/07/16
三国志-司馬懿_軍師連盟 1
三国志 司馬懿 リウ・タオ ウー・ショウポー

〜三国志〜司馬懿・軍師連盟のあらすじと登場人物はこちらからもお探しいただけます🐢: 三国志〜司馬懿・軍師連盟

中国ドラマ、【三国志〜司馬懿・軍師連盟】の66話「狙われた郭照」と67話「残された者の宿命」を視聴しました。これまでどんな時でもどこかに不敵な印象😏のあった仲達も、今度ばかりは身体中に怒りが込み上げてくる様子が画面を通して伝わってきました😭。以下早速ネタバレです軍師連盟のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

狙われた郭照

陳羣は、体を張って阿照を守ろうとしました。さすがの辟邪も、陳羣を殺すことはできません😏。

一方では汲布が司馬府にやってきて、辟邪が永安宮を包囲させたと伝えました。ちょうど義姉を訪ねてきていた叔達はすぐに皇宮に駆けつけます。もちろん叔達の換言を聞くような曹叡ではありません😔。叔達はすぐに投獄されてしまいました。曹叡は仲達を待っていたのです😈。曹叡はすぐに司馬府を包囲させました。

なんとかしてこれを仲達に知らせなければと焦る柏霊筠に、息子の倫が手を上げました👍。母上、私が参ります!柏霊筠は手紙を書き、万が一のことを考えて倫の着物の襟にこれを縫い込みました。柏霊筠の手紙を読んだ仲達は、曹叡を説得する準備をして洛陽へ向かいます。

でもね、そんなことは「無意味」だったのですわ。それは鍾会が百も承知していて、洛陽に到着した仲達を止めようとしますが、仲達は行かずにいられません。仲達も(阿照はもちろんのこと)また孔明のように、魏と主君を守りたかったのですね

また汲布は春華に逃げるよう促しましたが、春華はキッパリ断りました。逃げたら仲達が謀反人になってしまう。死ぬなら尊厳を保ちたい。私は仲達の妻だから、仲達が留守の間は家を守らねばならない

仲達が昭を連れて、長い長い階段を駆け上がってくると同時に、辟邪が曹叡の命を受けて階段を下ってきました😠。さすがの仲達も、ヤツが何をしに走っていったのか、この時は知る由もなかったようです😔。知っていればあるいは、昭に力づくででも止めさせたでしょうが。

仲達は、阿照にかけられた濡れ衣を晴らそうと証拠を持参しますが、そんなことはもはやどうでもいいのです。曹叡はどんなことをしても阿照を殺したかっただけなのです💀。それでも仲達は最後の説得を試みました。あの日、あの雨の日、仲達は甄宓に頼まれて必死で曹叡を守ろうとした。あの時すべてを察した阿照が曹叡を庇ってくれたからこそ、今の曹叡がある🌹。

徳を備えた英明な君主となるためには、道に背く不孝は許されぬ。魏の君主が母を殺めてはならぬ!!もはや皇帝とは言えぬ!

体を震わせながらそう叫ぶ仲達に、曹叡は涙を流しながら謝罪します。朕は間違えたのか?そうであろう??

曹叡は、勅命を撤回する、と叫びます。先ほどの詔を取り消せ!早く行けっ!!皇太后を殺せという詔を撤回する

この様子があまりにも真に迫っていたので、これは本当に改心したのか、と誤解しちゃいましたが、そうではありませんでした😨。猛省したフリをすることで、仲達にもはや手遅れだと思い知らせたかったのです😈。仲達は驚いてすぐに永安宮へと向かいました😱。そこへ今度は、先ほどとはまったく逆に、辟邪が階段を駆け上がってきます。その顔には実にいやらしい笑みが浮かんでいました💀。

辟邪は既に阿照に毒酒を飲ませ、毒が回る前に首を絞めて殺していました😭。阿照はもう生きているのがほとほと嫌になったらしく、一切抵抗もせず、ありし日の曹丕との思い出を胸に旅立ったようですあの玉佩を握りしめてね(/_;)

仲達が階段を駆け降りていると、最後まで阿照を守ろうと頑張っていた陳羣が、髪を振り乱して走ってきました。仲達、仲達っ!!終わった。もう遅い。皇太后様は自害なさった!!魏は終わった! 仲達は号泣する陳羣のもとに昭をやり、自分は怒りで真っ赤になりながら、曹叡の白々しい嘘八百👎に耐えに耐えた後、ついにバタンと突っ伏して倒れ込みました。仲達はこの時きっと孔明の無念が痛いほど分かったに違いありません😭。

その後すぐに陳羣もこの世を去りました。仲達は師を連れて陳羣の墓参りに行き、心から彼の死を痛みます。師には長文(陳羣)を見習えと教えました。情に厚く、物事を長い目で見ていた。魏の新政は陳羣が始めたといっても過言ではないが、臆病すぎて言えなかっただけ🌸。

仲達は汲布にある頼み事をします。それは司馬家の存亡に関わることだったそうですが?ここでも枯れ葉が飛んでいったのは、ついつい、孔明か👻、と思わずにいられませんね〜😭。

公孫淵討伐

公孫淵が魏への帰順を拒み、自らを燕王と名乗ったことを理由に曹叡は仲達に彼の討伐を命じました。これを聞いた柏霊筠、そしておそらくは仲達も、曹叡が公孫淵を唆して謀反を起こさせたのではないかと疑ったそうです😤。それでも仲達は、一瞬の隙も見せず「忠臣」として対応し、遼東まで4000里という行軍を入れてもたったの数ヶ月で遼東を平定しました🎉。

また仲達は公孫淵と彼の親族および配下や将兵を合わせて1万人を処刑したそうです😱。これを聞いた曹叡は、勅命なしに勝手に殺したのか、と怒った後、この上なき忠臣だ、と狂ったように高笑いして気を失いました😜。

感想

劉禅とは違い、知性も教養もあった曹叡だけに、なんとかあの子の誤解を解く術はなかったものかとここはなんとも悔しくてなりませんでした。阿照が「母」として育て方を間違えたと悔やんでいたけど、それも一理あったのかな💦。辟邪みたいな奸臣をさっさと遠ざけておけばねえええ諸悪の根源はいつも宦官なのよ

三国志~司馬懿 軍師連盟~ DVD-BOX1
関連記事

コメントをどうぞ♪ 1

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは〜(^^)/。

おっしゃる通り、曹叡は本当に憎たらしいけど、個人的にはやっぱり憎めないんですよね〜。そんだけ曹操と曹丕が嫌いだったからですかね(苦笑。ああいう家系に生まれたからこうなるのも仕方ない、って思えちゃうんです。特に曹丕はひどかったもの( `ー´)ノ。アタイには、なんで阿照があんなに曹丕に惹かれたかがいまだに理解できん(爆。

それに比べたら、曹叡はまだ娘を可愛がっていただけましかな、と。息子を苛めている描写もありませんでしたしね。

記憶喪失にはなりませんが・・・というところでお口チャックしておきまするね(^ー^)。どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ。こん

2022/07/17 (Sun) 07:16