韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

鏢門-Great Protector ネタバレと感想 第14&15話 佟哈の占い

2021/08/04
鏢門-GreatProtector 0
鏢門 ウォレス・フォ ワン・チンシャン

ウォレス・フォさん主演のアクションドラマ、【鏢門(ひょうもん)-Great Protector】の14話と15話を視聴しました。最初は胡散臭いだけの詐欺師だと思っていた佟哈ですが、確かにそうなんだけど、それなりにせこ長けて賢いのがなかなかですよね😁。善人だけど純朴なエルへとは実は名コンビだったのかもしれません👍。以下早速ネタバレです鏢門のネタバレ感想行きますよ〜( `ー´)ノ

意図せぬ密告

金水と謝還の会話を盗み聞きした希平は帰り道で大酒を飲み、金水は反逆者だ!と呟きながら歩いていました🐒。そこを克木に見つかります😵。克木は早速希平を捉え、酔いが覚めたところを見計らって安順の荷物について尋ねました。中身は何だ?受け渡し場所は??既に理性を取り戻していた希平はしらばくれますが、克木は騙されません。反逆者の荷物を運ぶのは大罪だ。お前も同罪だ。希平は、友を裏切るような真似はしない、と豪語しますが、克木は意外に鋭くて、希平の戎への気持ちを見抜いていました。お前は安順と戎の初夜に何を思う?😏

体を張った救出劇

これでおそらく希平は克木に知っていることを密告したのでしょうね💦(たぶん)。克木は即座に部下を引き連れ、安順一行を追いました💨。その様子を瑶婷とふたりの子分=老三老四が隠れながら見ています🎶。愛する安順の危機を悟った瑶婷は、早速その後を追い、荷物を改めようとする克木目掛けて発砲しました。克木は「反逆者に違いない!捕まえろ!」と檄を飛ばしましたが、安順は、物陰からこちらを見ていた瑶婷を目にします💖。今のうちに早く逃げて😉。

安順が出発するのを見ながら、瑶婷と子分たちは変わるがわる銃を打って克木を足止めしました。克木がこれを「罠」だと気づいた時は既に遅く😜。一方の瑶婷も弾切れとなったので、3手に分かれて夜落ち合うことにしました。が、馬に乗って走り出したところを克木に撃たれてしまいます

瑶婷が助けてくれたと知った金水は安順に彼女を捜すよう促しました。安順ももちろんそのつもりです。馬を走らせて、ようやく落馬していた瑶婷を見つけて運んできました💜。撃たれた背中から弾を取り出して手当てもします👌。今日は助かったと礼を言う安順に、瑶婷は満更でもありません😁。もう私を追い出さない?寝たらどこかへ行っちゃうんでしょう?安順は、そばにいると約束しました。早く寝ろ😠。とはいえ、大きな傷が残ったら責任を取れ、にはすぐに答えられません😓。瑶婷はすぐにあんたなんて御免だと誤魔化しました。これが瑶婷の優しさですよね🌹。

一方の希平は釈放されて戎の元へ行きました。克木が安順を狙っていると聞いた戎は希平とともに後を追います。その途中で、克木が女土匪を仕留めたと言う話を耳にしました。なぜ女土匪が安順を、しかも命懸けで助けたのか😨〜戎は不安に駆られながら、安順が立ち寄ると言う義興客舎へと急ぎました💨。

翌朝、瑶婷は、机の上に頬杖を付いて寝ている安順を発見して嬉しくなります😻。それでその背中にこっそりともたれかかったところを、こともあろうに、戎に目撃されてしまいました😱。瑶婷はすぐに布団に潜り込んで隠れ、安順は瑶婷が怪我をしたと説明しますが、戎は怒って出て行ってしまいます😡。

戎は後を追ってきた希平に、ふたりは寄り添っていたと伝えました。この目で見たわ。希平はついに「俺がついている」と慰めます。これで一旦は大人しくなった戎も、希平の気持ちを察したのか、一人で宿を出て行きました。

一方の瑶婷は熱が下がらなかったため、安順と金水は「恩人を置いてはいけない」と出発を延期することにします。瑶婷は、自分のせいで仕事に支障が出ていること、そして戎が誤解しただろうことを心配しました。私は土匪の砦で育った。善人になるはずがない😿。でも安順は、瑶婷は少しわがままなだけで悪人ではないと慰めます💖。瑶婷は、いつか迷惑をかけても嫌いにならないでほしい、と念を押しました。

瑶婷の容体はでもなかなか良くなりませんでした。さすがの金水も焦りだしますが、安順は瑶婷を最優先に考えます👍。それで瑶婷は書き置きを残してこっそり宿を抜け出しました。暗がり峠で会おう。安順は再び護送を始めました。

その頃戎は、盗賊に襲われていたウィルソンという神父を助けました。それでなくても機嫌の悪かった戎は盗賊たちを殺すと息巻きますが、ウィルソンに止められます。二人を信じたいと言うのです。戎は「どうせ裏切られる」と八つ当たりしますが、ウィルソンは聖書を差し出しました。あなたは心の美しい方。どこへ行こうときっとうまくいく🍀。ウィルソンは山西の太原に住んでいるそうで、いつか訪ねてくるといいと勧めました。

人相学

しばらく大人しかった佟哈が、小遣い稼ぎのために、庶民に偽の骨董品を売りつけました🐒。ところが相手は捕吏だったために即捕まってしまいます🤣。安順は捕吏に鼻薬を嗅がせ、何とか目溢ししてもらいましたが、佟哈には解雇すると言い渡します。でも佟哈は、戎を怒らせて困っているのだろうと安順の弱みに付け込みました😁。こう言う時は「モノ」で誠意を示せばいい😎、と性懲りも無くまた偽の骨董品をちらつかせたようです😵。

そこへ戎の意向を受けた希平がやってきて、安順に護送を中止したらどうかと仄めかしました。役所が調べに来るような「汚い荷物」だからと説得を試みますが、安順は、引き受けたからにはやり遂げると断言します。それに契約違反は掟に反する。希平が帰っていくと、佟哈は「希平は安順とは違う種類の人間だ」と断定しました。表向きは誠実で温厚だけれど、眉間と目に不忠の相があるそうです👿。安順は怒りましたが、きっと佟哈が正しいのですよね💦。

希平から、安順は、黒袋を白袋に戻すために護送を続けると聞いた戎は、泣く泣く故郷に帰ることにしました。

山猫が子猫に?

山猫は、厳しい砦の洗礼を受け、大人しく宗山の子分になると誓いました。山猫を助けにきた端和は目を白黒させて驚きます😵。ちなみに掟破りの「姦淫」をして処刑されそうになった馬胡子(ば・こし)は、山猫に救われてこれまた忠誠を誓っていました😲。

感想

確かに「不忠者」かもしれないけれど、少なくとも今の希平は、わがまま戎と頑固な安順の間で苦労していますよね😔。ただしそこで双方に、ほんの少しだけ自分に都合の良いように話を伝えているのがやっぱり「狡さ」なんだろうなあ。本人も分かっているように、それはでも狡さじゃなくて「弱さ」なのだろうけれど😟。

鏢門(ひょうもん)Great Protector DVD-BOX1 [ ウォレス・フォ ]
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.