韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

鏢門-Great Protector ネタバレと感想 第36話 牢の中の誓い

2021/09/29
鏢門-GreatProtector 0
鏢門 ウォレス・フォ ジア・チン

〜鏢門-Great Protectorのあらすじと感想、登場人物はこちら🌹:鏢門-Great Protector あらすじと登場人物一覧

ウォレス・フォさん主演のアクションドラマ、【鏢門(ひょうもん)-Great Protector】の36話「牢の中の誓い」を視聴しました。もうね、これは毎日泣きっぱなし😭。なんでなんで、とそれしか出てきません。本当は37話も見ちゃったんですが、最終回は来週の月曜日だそうなので1話ずつ語らせていただきまするね🐒。

忠義の部下

老三と老四

瑶婷は北京に来てすぐ、長年仕えてくれていた老三と老四の家へ招かれていました🌸。二人との再会は嬉しかったけれど、ふたりがアヘンに手を出していたことを知ると愕然とします😨。でも瑶婷は、すぐに自分のせいだと悲しみました😿。彼らは瑶婷にとって本当の弟のように可愛かったのです

そんな二人が瑶婷を守るために亡くなってしまいました😭。克木が二人を捕らえ、瑶婷が放火犯だと自白するようひどい拷問を科したのです。最初は老四が、そしてその老四には負けられないと老三が、沈黙を守り通して死を選びました。瑶婷が囚われた時には老三しか生きておらず、その老三は、来世でもふたりに供をさせてほしいと言って息を引き取ります。克木は殺してしまったら自白が取れないと部下を叱りましたが、卑劣な希平は既に偽の供述書を用意していました😠。

張端和

山猫は、一人でぶつぶつ言いながら、端和の墓を作っていました😔。そして宗山からもらった捻軍の旗を墓標に被せます。親父にこれを返してくれ。俺のことは何も言うな。母親のところに行ったとでも言っておけ。そしてこう念を押します。端和は昔、親父に世話になったと音を感じていたらしいが、今度は親父がお前の恩義に報いる番だ🌹。

自分にとって大切な誰かを亡くしたことがなかった山猫は実際どうしてよいか分かりません😿。それで、昔端和から教わった歌を歌うことにしました🎶。また、夜になると冷えるだろうからと、端和が着ていた血だらけの服も着せかけます。お日様、高く昇ってる。尻まで黒く焼いている。なのにお前は朝寝坊。恥ずかしいと思わぬか。山猫は泣きながら何度もこれを繰り返しました

牢の中の誓い

安順は瑶婷に面会に行きました。克木は許可しませんでしたが、安順は無視します👊。牢へ入ると、瑶婷は老三と老四の死を悼んでいました。安順は「必ず助ける」と誓います。瑶婷は、安順がそう言ってくれたらもう死んでも構わないと答えました。安順は、簡単に「死」を口にしてはいけない、と叱ります。掟に反する。瑶婷は、自分は鏢門の一員ではないと反論すると、安順は、近い将来そうなる💜、と伝えました。瑶婷はその意味を悟り、その日のために生き延びて見せると約束します🌸。

山猫のリベンジ🎉

山猫は、戎を人質にして希平を誘き出しました。封筒に戎の耳飾りを入れ、待ち合わせの場所に「山猫の絵😼」を添えます。アヘン中毒の禁断症状も手伝い、山猫をまだ見つけられないのかと部下に当たり散らしていた希平は、早速出かけていきました。山猫はすぐに希平を縛り上げ、戎の前でその悪事を暴露します❣️。

殺人や放火ぐらいなら、土匪も普通にやってのけるが、自分の兄貴を殺そうとした上、恩人の俺に煮湯を飲ませた。顔色ひとつ変えないのは恐れ入った。俺は自分を世界一の悪党だと思ってきたが、上には上がいるもんだ。お前は生かしてやる。お前には天賦の才がある。だがお前は実に卑劣だ。安順を殺すために鏢局に放火した。君子の顔をして裏で悪どいことをする。悪事を働くなら俺のように堂々とやれ。お前のような薄汚い恥知らずは、顔を見るだけで反吐が出そうだ😜。

希平は山猫を罵倒しますが、山猫はアヘンの煙管を取り出して希平に放り投げます。希平がどれほど浅ましくそれに飛び付こうとしたのか、想像に難くありません。そして戎がそんな希平に軽蔑の眼を向けたであろうことも😏。

山猫は、山西にアヘン中毒患者が多いのは希平のせいだとのたまいます。その希平が中毒になったのは神の報いを受けたからだ。山猫はいかにも楽しそうに「いかれぶりを発揮しますが、希平の一言で正気に戻りました😨。「メス猫の居場所を知っている」山猫は二人を置いて立ち去りました💨。もちろん「メス猫」ならぬ瑶婷を助けに行くのです

必死で煙管を取ろうとしながらも、戎に軽蔑されていると知って泣く希平のもとへ、軍の兵士がやってきました。

街では瑶婷が3日後に処刑されるとの号外が配られました。安順は一人で瑶婷を助けに行こうとします。それをエルへや佟哈が引き止めました。振武は自分も付いていくと申し出ます。安順はキッパリ断って、鏢局を佟哈に託しました。エルへは友達甲斐のない奴だと嘆きます。安順は、友達だからだと語り、エルへは秀児を大事にすべきだと促しました。佟哈は、俺は独り身だ、たとえ火の中、水の中、一緒に飛び込んでやる!佟哈、よく言った!と豪語します👍。でも安順はその意気込みで鏢局を守ってほしいと頼みました。安順は、心配するな、今は一人で考えたいだけだと語りました。助けが必要になったら振武を呼ぶ。

エルへはようやく納得します。男の約束だぞ!もし破ったらお前とは縁を切る😡!!入り口には戴山も来ていました。大鏢頭、気をつけて🍀。

感想

端和は本当に山猫を可愛がって育てたのですね〜😿。あの歌を聞いた時、幼い頃の山猫と端和の様子が、まざまざと浮かんでまた泣けました😭。も〜佟哈はともかく(最初から気に入ってはいたんですのよ😁)、山猫がこんなに可愛く思えるとは想像だにしませんでした💦。

鏢門(ひょうもん)Great Protector DVD-BOX1 [ ウォレス・フォ ]
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.