韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

女医明妃伝-雪の日の誓い-あらすじと感想 第12話 雪の大晦日

2020/05/07
女医明妃伝-雪の日の誓い- 2
女医明妃伝 リウ・シーシー 黄軒 霍建華

リウ・シーシーさん主演の中国史劇、【女医明妃伝-雪の日の誓い-】の12話は「雪の大晦日」です。これはまた何とも微笑ましいエピソードでございましたね~。允賢は「医術〇カ」だから自分の本当の気持ちに気づいていないように思えるのはおばさんだけでございましょうか

以下早速ネタバレです女医明妃伝のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

祁鎮から、美麟との結婚を促された祁鈺は、もう既に約束をした人がいると打ち明けました。祁鎮はこれを喜び、元宵節(小正月)に一緒に灯籠を見に行くとますます親密になれると教えました。祁鈺は早速允賢を誘います。ちょうど年の瀬だったようですね。

宮中ではどうやら年中行事らしい、大晦日を祝う宴が開かれました。孫皇太后に祁鎮夫妻に加えて祁鈺も呼ばれています。

本来なら家族の健康を喜び合う場なのでしょうが、祁鎮はずっと仏頂面で、浴びるように酒を飲んでいました。皇太后は、いかにも厭味ったらしく祁鈺の年齢を尋ね、そろそろ嫁をもらって子孫を残すべきだと助言します。祁鎮夫婦に子どもがいないことを皮肉っているのです

祁鎮は怒って席を立ってしまいました。銭皇后が後を追おうとしますが、皇太后が押しとどめます。皆で揃って年越しをするのが決まりだ!って祁鎮はいなくていいんですかね

街に出た祁鎮は、允賢が人々に食事を配っている様子を目にしました。允賢は目ざとく祁鎮を見つけ、大晦日なのに独りぼっちでどこにも行く当てのない祁鎮のために、紫蘇に食事と酒を持ってこさせます。祁鎮が遠慮しないよう、允賢は食事がまだだったから付き合ってほしいと誘いました。食事は允賢が作ったのだそうです

良い年になりますように

酒でむせた祁鎮に汁物を勧めたのに、飲んだ祁鎮が黙っていたので、允賢はマズかったのかと心配し、椀を取り返して口を付けたら、汁がすっかり冷めてしまっていました。これじゃあ美味しくないわ

祁鎮は間接キスにときめいて、冷たい方がいい、とわざとつっけんどんにしながら、その椀を奪い返して飲み干します。ま~とても妻帯者とは思えない純情青年ですよね。でも、冒頭でも触れましたが、允賢はその辺は実に疎いらしく、まったく気づかないのです

祁鎮はむさぼるように料理を食べ、これまでで最高の年越しの料理だと言ってそれはそれは嬉しそうに笑いました。ふたりは雪が舞い散るのも気にせずに、酒を飲み交わし、楽しそうに戯れます

允賢は、祁鎮の母親が医術に携わっていたことや、ふたりとも早くに母親を亡くしたということからすっかり心を許し、彼を兄弟のように思っていたのかもしれません。祁鎮も、くったくのない允賢と飲食をともにすることでようやく孤独から逃れられて本当に嬉しそうにしていました祁鎮が可愛いわ~( *´艸`)

年越しの花火が上がると、允賢ははしゃぎすぎて足をくじいて立てなかったため、よく見えるようにと祁鎮は允賢を塀に上らせてくれました。そこで祁鎮は、亡き母とも花火を見たことを語りだします。毎年一緒に見ると約束したのに、母はその2年後に養母に殺された

允賢は、必ず養母に天罰が下る、と慰めました。私が病人を救ったのも、父には叱られたけれど、天は見ていて、「皇帝が郷君の称号を与えてくれた」と得意げに語ります。祁鎮が苦笑するのも無理ありませんね

礼を言うよ。忘れられない元日になった

允賢は、何なら毎年付き合うわ、と約束しました。祁鎮は、花火を見て喜ぶ允賢に、「王家の走馬灯」を見に行こうと誘います。きっと感動するぞ

その翌日、允賢は祁鈺とのデートに出かけました。紫蘇が気を利かせて黄氏を薬で眠らせたのには苦笑仕切りでしたね。今でも酸棗仁は精神安定剤に使われていますよね

その頃祁鈺は、汪英と美麟に招かれていました。さっさと抜け出したいのになかなか出られずにいたのですが、祁鈺はついに美麟に直接、今夜は別の人と燈籠を見に行く、誤解させたならすまなかった、と伝えます。その後は允賢への贈り物~新しい簪を手に一目散~だったようですね

一方の允賢は待てど暮らせど祁鈺が来ないので、ふと、祁鎮の言っていた王家の走馬灯を見に行ってみようと思い立ちました。が、今や有名人の観音菩薩=允賢は酔っ払いに絡まれます。そこへ祁鎮が颯爽と現れて允賢を救ってくれました腕っぷしも強いしね~( *´艸`)

ふたりは一緒に祭りを目いっぱい楽しみ、祁鎮は景品で手に入れた腕飾りを允賢に贈ります

允賢は誤解されたら困ると拒否したため、意地っ張りな祁鎮は、わざと、允賢に興味はない、私は妻帯者だ、と言って帰ってしまいました

個人的には祁鎮を応援したいですが、三角関係にはほとんど関心がないので(というか見ていると辛くなるから関心を持たないようにしている)、允賢や祁鎮の成長を楽しみに見守りたいと存じまする

女医明妃伝 雪の日の誓い 25枚セット 第1話~第50話 最終 字幕のみ【全巻セット 洋画 海外ドラマ 中古 DVD】

これまでに視聴した中国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

キエ

第十二話

私の一番好きなエピソードの一つです。
祁鎮は楽しいはずの家族の集いも、孫皇太后がいるので不機嫌。その上跡継ぎのことまで言われては… 祁鎮は家族の温かみを知らずに育っているので(宮廷って冷たいところですよね)、允賢の優しさは殊の外心にしみたのでしょう。こんさんの言うように、允賢にしてみれば祁鎮は、口は悪いがいつも守ってくれる兄のよう、ましてや今は妻帯者とわかったので、すっかり心を許してしまいました。それがまた祁鎮には新鮮でかわいい。無邪気に花火に見入る允賢を見つめながら、祁鎮は初めて自分が允賢に特別な思いを持っていることに気づき、また自分の置かれている立場も考えて、この思いは簡単には叶わないことを思ってうつむくのでした。
こんさん、私はすでに全五十話見終わりました。今はこんさんの解説と感想を読みながら、再度動画を見直しているところです。ですからネタバレOKです。こんさんは三角関係はつらくてあまり見たくないと書いていますが、私がこの物語で一番はまっているのは、允賢と祁鎮のとても切ないプラトニックラブです。普通三角関係は誰か一人が片思いで苦しみますが、この場合は、両想いの二人が、自分たちのいる立場と周りの人たちを思いやって、本当の自分の気持ちを押し殺そう、隠そうとするところが、私にはとても胸にしみます。この雪の日のエピソードが、二人の悲しい愛の始まりです。二人が雪の中で踊るときに流れる歌も、悲しくてとても好きです。未来を知らない二人にとっては、このひと時が二人にとって一番幸せな時とは知る由もありません。とても美しくしかも悲しいエピソードです。

2021/04/01 (Thu) 01:08
こん

キエさんへ

Re: 第十二話

キエさん、こんにちは♪
引き続きのご利用ありがとうございます(^^)/。

そうなんですね~もう全話ご覧になったのですね?それならよかった。

そうですね~私ももし結末を知って見ていれば、あんなにヤキモキしなくて済んだかもしれません(苦笑。私はとても気が短いのですよ。それに結末を知っちゃうと、視聴意欲が削がれちゃうことが多いのです。

でも確かに、このドラマは結末を知って見た方が精神衛生上よかった、と今ならそう思います(笑。この大晦日も良いシーンでしたね^^。こん

2021/04/01 (Thu) 14:37