韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

女医明妃伝 あらすじと感想 第41話 師匠との再会

2020/06/17
女医明妃伝-雪の日の誓い- 0
女医明妃伝

リウ・シーシーさん主演の中国史劇、【女医明妃伝-雪の日の誓い-】の41話は「師匠との再会」です。まあこれは喜ばしかったんですけどね~。気分はどんどんだだ下がってます女医明妃伝のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ。以下ネタバレのあらすじです。

允賢が街に薬を買いに行くと、その店主がなんと劉平安でした。平安は允賢の無事を喜び、祁鎮の面倒も見てくれます。允賢は、自分の病を結核だと思っていたようですが、平安の診断でそんなにひどくはなかったことが判明したのは何よりでしたね

祁鎮は早速、于東陽と静慈師太に手紙を書きます。

これを平安が届けに行った隙に、汪英の放った刺客がやってきました。平安がいなくなった途端に患者を装って中を確認に来たということは、平安自身も見張られていたってことですかね

蛇にかまれたと聞いて同情した允賢は、つい、出ていって薬を渡してしまいました。それで居場所が知られてしまい、刺客がこぞって押しかけてきます

でもそこへ静慈師太が兵士を連れて駆けつけてきました。師太は先帝の皇后=恭譲静慈皇太后だったそうで、十三の悪だくみで子宝に恵まれず、宮中を追い出されてしまったのだそうです。どーりで気品に満ちていますね。今回は祁鎮のために朝廷にも乗り込む覚悟で来てくれたようです

またここに于東陽と石亨がやってきました。石亨は以前、西直門で祁鎮に、于東陽の指示を仰がねばならぬと言った武将ですね。

この石亨は允賢とエセンの結婚について聞き及んでいたらしく、允賢を蔑むような発言を仕掛けたところ、祁鎮がこれを止めました。允賢は命がけで朕の帰還を助けた功臣だ。辱めることは許さぬ!!

その石亨は、また、今祁鎮が都入りしても、汪英の傀儡と化した祁鈺が素直に帝位を返上するかどうか疑わしいと訴えました。夜間に乗じて宮廷を乗っ取ろうなどと言い出しますが、祁鎮は心を決めかねます

允賢は、祁鈺の言葉を信じてほしいと助言しました。他人の言葉をうのみにしてはいけない、もしここで夜中に襲撃するようなことをしたら、たとえ帝位を取り戻しても、世間はどう思うかしら?祁鈺とて、渋々帝位についたのに裏切り者になってしまうわ!

それで祁鎮は挙兵はせずに、師太に都まで送ってもらうことにしました。胸を張って都に戻り、祁鈺が帝位を返上したら、譲皇帝という名を贈り、祁鈺の子を皇太子にする、と語ります。もし譲位を拒まれたら、次の手を考えよう。

ところが祁鈺はもう、允賢や祁鎮の知る祁鈺ではなくなっていました。今や皇帝の座に味を占め、祁鎮にこれを返す気など毛頭なくなっていたのです。祁鎮が来ると聞いて、自分が「正装」したのがその証ですよね。も~正装を用意させて祁鎮に着せるのかと思ったら大間違いでした

それに加えて汪英と美麟、そして呉皇太后が、見深を人質にし、祁鎮に決断を迫ります。このまま帝位を諦めれば子どもを帰す、諦めねば、子どもの命はない、と脅してきたのです

また銭皇后の侍女が、見深が連れ去られたことをハッキリ皆に伝えようとしないのがまたもどかしかったですね~。今銭皇后は、祁鎮を想って泣きすぎた故に片目を失明した上、座って祈り続けたために足も痛めてうまく歩けないのです。そんな銭皇后をこれ以上苦しめたくないという気持ちは分からんでもないけれど、だからと言って悪人の言いなりになったらダメじゃないかっ!!まったくイライラするな~っ!( `ー´)ノ

一方の祁鈺は、この誘拐については関知していませんでしたが、帝位を返したくない気持ちは明白でした。そこを允賢に指摘されて批判された祁鈺は、渋々、祁鎮の体調が戻ったら、などと譲歩しようとしますが、祁鎮はこの「猿芝居」に我慢ができず、自分から帝位は要らぬと断ってしまいます

私のような愚弟になるな

そう苦笑し、祁鈺にだけ聞えるように、早く皇太子を返せ!と囁きました

あ~やっぱりこの祁鈺は間が抜けてますよね~。悪人とまではいわないけれど、允賢の夫にはふさわしくないし、ましてや皇帝になるなど言語道断!祁鈺、恥を知れっ!!

あと8話も残っているかと思うとものすご~く憂鬱です。なんとか汪英と美麟、そして呉太妃に天罰が下ってほしいという気持ちでいっぱいです


女医明妃伝 雪の日の誓い 25枚セット 第1話〜第50話 最終 字幕のみ【全巻セット 洋画 海外ドラマ 中古 DVD】

これまでに視聴した中国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.