韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

女医明妃伝-雪の日の誓い-あらすじと感想 第7話 兄と弟

2020/04/30
女医明妃伝-雪の日の誓い- 0
女医明妃伝 リウ・シーシー ホアン・シュエン

リウ・シーシーさん主演の中国史劇、【女医明妃伝-雪の日の誓い-】の第7話は「兄と弟」です。祁鎮と祁鈺は本当に良い兄弟ですよね~。どうして周りが仲を裂こうとするのかな~と悲しくなります。以下ネタバレのあらすじですangel onpu

医者になることを諦めた允賢は、毎日部屋でお経ばかり読んでいました。允賢のことが気になる祁鎮は、こっそり杭府にやってきて、紫蘇から允賢の様子を聞き出します。徐侍郎が羅を殺したと聞いた祁鎮は、徐基めっ!よくもそんなことを!!と息巻きました

紫蘇が祁鎮を疑うのがまた可笑しかったですね~。王長官に頼んでくれるなんて、もしやお嬢様を見染めたの?

祁鎮は思いっきり否定した後、とりあえず、永慶庵の静慈師太に頼んで、允賢を永慶庵に連れ出してもらうことにしました。師太から手紙を受け取った黄氏は早速允賢に出かけるよう勧めます。允賢は渋々出かけていきました。

静慈師太は允賢に部屋を与え、しばらく滞在するようにと勧めてくれます。それで允賢は代わりに何かできないものかと申し出たため、師太は仕事を手伝ってほしいと頼みました。允賢は快諾しますが、その仕事の内容を知って唖然とします。仕事とは病人を治療することだったのです

允賢はすぐにも断って逃げ出そうとしました。そこへ祁鎮がやってきて允賢を罵倒します。お前はあれほどたいそうなことを言っていたくせに、実際は偽善者の弱虫だ!!エラソーなのは口だけだな( `ー´)ノ

それでも允賢は頑なに拒んでいましたが、泣き出した允賢を見た小さな少女が、允賢を心配して飴をくれたのを見て、ふと、幼き日の自分を重ねました。允賢はかつて死を目前にした兄に、これを食べると痛みを忘れると、飴を差し出したのだそうです

こうして允賢は理性を取り戻しました。羅さんの無念を晴らすには、ひとりでも多くの患者を治すほか道はない!

允賢は、祁鎮が彼女を立ち直らせてくれたと理解し、その旨を祁鎮に伝えました。あなた、口は悪いけどイイ人ね。どうして悪ぶっているの?允賢は、王振を動かしたのも祁鎮だと見抜いたようですが、まさか祁鎮が「皇帝」だとは夢にも思っていません。

東廠とは関わらないほうがいいわ。皇帝が王振の傍若無人を見てみぬふりをしているから、皇太后が心配しているのよ

まさに言われたい放題言われている祁鎮は、一方で、ようやく祁鈺の居場所を突き止めました。祁鈺が美麟の飾り紐を直したのは、その「琵琶結び」を見て老臣が「窮状」に気づいてくれるかもしれないと賭けたからなのだそうです。でも祁鎮は、そんなことを覚えているのは、祁鈺と皇后しかいない、と苦笑しました

祁鎮は、美麟を好きなのか、と祁鈺をからかいます。祁鈺は慌てて否定し、とても恥ずかしそうに、もう他に好きな人がいるのだと仄めかしました。祁鎮は祁鈺をからかって実に嬉しそうでしたね~。その相手がまさか允賢だとは思いもよりません。って、自分はもう妻がいるでしょうが

また祁鈺は、何とかして孫皇太后と祁鎮の仲を取り持とうとしていました。祁鎮はまだ若いから皇太后の気に染まぬこともあるだろうが、心根は優しいからどうか導いてやってほしいと頼みます。皇太后も、実はまだ心を決めかねていたようです。

かたや祁鎮は祁鈺に、皇太后に取り入って、祁鎮の耳目(スパイ)となるよう命じました。祁鎮は、孫皇太后が実母を殺したと王振に思い込まされていたため、皇太后を憎んでいたのです。

銭皇后からは、それでも育ててもらった恩があるのだからと諭されたため、祁鎮が朝廷を掌握したら冷宮に送ろうと思っていたのに、逆に祁鎮を廃位しようとしている、と怒りを露にしました。祁鈺がこの話をどう解釈するかに注目ですね

悪いのは東廠の王振と范弘、そして汪英のようなのですが

女医明妃伝」は続きもとっても楽しみですね

←前回のレビュー  次回のレビュー→


女医明妃伝 雪の日の誓い 25枚セット 第1話〜第50話 最終 字幕のみ【全巻セット 洋画 海外ドラマ 中古 DVD】

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~中国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.