韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

シカゴ・メッド2 ネタバレと感想 第19話 脅迫

2019/12/21
シカゴ・メッド 0
シカゴメッド アメドラ

医療ドラマ、【シカゴ・メッド2】の第19話は「脅迫」です。原題の「Ctrl Alt」は何でしょうね~。ここに「delete」が加わるとリセットになるんですが、医療の専門家揃いでも、いわゆるパソコンのことはお手上げだという皮肉でしょうか

以下早速ネタバレですシカゴ・メッド2のネタバレ感想行きますよ~(^^)/

シカゴ・メッドEDがハッカーに襲われました。ランサムウェアを解除するために30ビットコイン払えと要求されてしまいます。ドルに換算すると3万~4万ドル、日本円なら300万から400万円です

金持ちのコナーはそれっぽちで済むならさっさと払ってしまおうと主張しますが、シャロンは断固として反対しました。脅迫には決して屈しない!

イーサンはシャロンに同意して、コナーからG.I.ジョーなどと揶揄されていましたが、実際イーサンは、電子カルテのみならず、CTやレントゲンまで使えなくなったEDでG.I.ジョー並みの活躍をしました

戦場では当たり前のことだというイーサンをノアはすっかり尊敬し「神」とまで崇めていました。確かに体内に入った銃弾が今心臓に達していると、画像無しで判断するのはスゴイですよね

でも他のドクターも頑張りましたね。まずはウィルから参りましょうか

スカイダイビングで着地した後に転んで怪我をしたというライラ・デンプシー(Garcelle Beauvais)を治療していたところ、どうにも腑に落ちない点が出てきます。ライラは、怪我以外は健康体だというけれど、ウィルの見立てでは脳に異常があるようなのです

ウィルは早速外科のサム・エイブラムスに相談に行きますが、CTかMRIを撮ってみないと何とも言えないと断られてしまいました。

それでウィルはライラ本人に病歴を確認します。ライラは恋人のバート・グッドウィン(Gregory Alan Williams)に知られたくなかったようで、彼がいない時にすべてを打ち明けてくれました。ライラはPSPというパーキンソン病に似た病を発症していたのだそうです。

このバートと言うのがシャロンを捨てて出て行った元夫だということも、ライラには気まずかったようですね。バートは、シャロンを信頼してシカゴメッドに連れてきたようなのですけど、シャロンにしてみれば当てつけにしか思えません。マギーも、バートを(口で)ボコボコに攻撃しましたThis city is filthy withhospitals, but you decided to come here.

ライラはシャロンにすべてを打ち明けます。数年後には自分で呼吸すらできなくなるなどと言ったら捨てられるというライラに、シャロンは、でも真実を伝えるべきだと助言しました。これで病気じゃなければね~天罰だ、と言いたいとこですが

またナタリーは、リンパ腺が腫れている子ども、デズモンド・ロールズ(Nathaniel Buescher)を診察しました。単純な病気ならよいけれど、もしガンだったら、と心配していましたが、コナーがリンパ節を生検したところ、実際は感染症だったそうです。

感染症課のロビンは、すぐにも感染源を突き止めて、感染拡大を防がねばならないと訴えました。そのためにも早く身代金を払って!!

ロビンがああも激高したのは、感染を心配してのことだと思われましたが、実際はどうやら精神を病んでいたようですね

それからすぐにシステムが復旧しました。なんとレイサムが金を払ったのだそうです

30 Bitcoin versus the continued integrity of our services? Pretty simple math, don't you think?
30ビットコインvs我々の完璧な医療。とても簡単な数学だと思わないか?

確かに、卑劣な犯罪者に金を払うのは癪だけれど、その間に救える命が救えないのでは本末転倒ですものね。

それ以外では、サラが、ダニエルに疎まれていると感じたそうです。え~それは考えすぎっしょ。今や精神科の大事な戦力だものね~サラは

またニーナはバリバリ、ナタリーにライバル心を燃やしていました。いや~そうなったらもうニーナの負けでしょう

シカゴ・メッド2」は続きもとっても楽しみですね

これまでに視聴したドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》