アンという名の少女S3 ネタバレと感想 第6話 願望の行き着くところ

〜アンという名の少女のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます🌸:アンという名の少女-Anne with an "E" ネタバレと登場人物リスト

【アンという名の少女3~Anne with an "E" S3】の第6話は「願望の行き着くところ」(The Summit of My Desires)です。これはまたなかなか良かったですね〜。アンの"正当な怒り"が実に心地よく感じられました👍。以下早速ネタバレですアンという名の少女3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

失恋?

アンは、フォークダンスを踊って以来、ギルバートのことが気になってなりませんでした😍。あれこれ妄想を働かせるうちに、ギルバートもきっとアンを好きに違いないと思い込みます💦。ところが、そのギルバートの「好きな相手」はアンではなくウィニフレッドだったようです😨。それが前回の「結婚はまだ考えていないけれど気になる相手」だったようですね。おばさんも、アン同様、てっきりアンのことだと思い込んでいましたが😅。

アンはお祭りにやってきた占い師のテントへ行って占ってもらい、ギルバートが「運命の相手」だと確信します🎉。喜び勇んで出てきたアンの目に映ったのは、でも、美しいレディの装いをしたウィニフレッドとその両親でした😱。ギルバートは、彼女とその家族をお祭りに招待したのです。それでは「結婚」を意識していると思われても当然ですよね😔。

品評会

その一方で、アンとマリラ、そしてマシューは、お祭りの品評会にそれぞれの「作品」を出品することにしました🎶。マリラはいつも「プラムパフ」で優勝しているそうですが、今年はアンも「メアリーのレシピ」でケーキを作ることにします。マシューは特大のラディッシュを出品することにしました。どうやらいつもこの部門で競っているらしいライバルのジャック・メイソン(Shawn Lawrence)に今年こそは勝ってみせると意気込んでいます

鼻風邪をひいていたアンは、途中でバニラの瓶を落として割ってしまいました💦。代わりのバニラがないかどうか一生懸命探したところ、運良く1本見つかります。メアリーのレシピだから絶対に大丈夫〜アンは自信満々でした。見た目も、いかにもアンらしく、最後に派手に飾り付けます🌹。

ところが「味」はサイテーでした😨。アンが見つけたバニラの瓶には、昔、マリラが" liniment"(湿布薬)を入れておいたのだそうです😂。鼻風邪をひいていたアンにはそのにおいが分からなかったらしい😥。アンはガッカリしましたが、バッシュやマリラは「きっとメアリーなら大笑いしている😁」と慰めてくれました👍。

マリラはいつも通り優勝し、マシューのラディッシュは"Most Unusual vegetables" (最も普通じゃない野菜)に選ばれました。マリラはアンを慰めるために、嫌がっていた気球にチャレンジします。でもそれもすぐに後悔したようですが🤣。

望まぬ関係

またダンス会場では、ジョシーとビリーが途中でこっそり抜け出しました。ふたりは婚約しているそうです。ビリーは当然のようにジョシーに体の関係を迫りましたが、ジョシーは激しく拒絶しました😠。ジョシーが求めていたのはロマンチックなムードであって、リアルなセッ○スではなかったのです💦。なんとか逃げ出してきたジョシーの顔を見たアンは、ジョシーが「望まない関係を強いられた」と察して大いに憤慨しました😡。しかもその噂をビリー本人が、自分に都合よく曲解して広めていたのです👎。でも皆は、ふたりは婚約しているし、ジョシーも嫌ではなかったのだろうと解釈して、アンの怒りを理解しようとしません。そんなことより品評会の記事を書こうと言われたアンは怒りを爆発させました

Is it more important to talk about who had the biggest cabbage than to discuss issues which concern an entire gender?
誰が一番大きなキャベツを持っていたかを話し合うことは、すべての性に関することを話し合うより大事だっていうの?

残念ながら、このアンの、そしてジョシーの怒りが皆には理解できません。アンは一人で学校新聞にこのことを書こうとしていたようです

まとめ

何せ「孤児」や「未亡人」だというだけで色眼鏡で見られ、妻を亡くしたら「子供の世話をするためにさっさと再婚しろ」と言われるのがフツーの時代です。女性は「子供を産み、家事をする道具」じゃないのですよ😤。レディファーストは知っていても、本当に女性を大切にするとはどういうことかが分からないとは何とも腹立たしい限りです😠。次回のアンの活躍には大いに期待しています

アンという名の少女 シーズン1+2+3の3巻セット DVD-BOX
関連記事
 0

COMMENTS

アンという名の少女-Anne with an E