韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Dexter S3 ネタバレと感想 第7&8話 友達の条件

2020/12/01
デクスター-Dexter 0
Dexter アメドラ

~Dexterのあらすじと登場人物一覧はこちら: Dexter あらすじと登場人物一覧

Dexter、シーズン3の7話「友達の条件」(Easy As Pie~朝飯前)と8話「バタフライ効果」(The Damage A Man Can Do~人間が与えうるダメージ)を視聴しました。8話のラストを見て止める=そのまま見続けたい誘惑と闘うのは実に大変でした

以下早速ネタバレですデクスターのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ミゲルのターゲット

エレン・ウルフ

きっかけはアルバート・チャンという殺人犯です。ミゲルはこのチャンを捕まえて死刑にしたかったのに、ウルフがこれを阻止しました。ミゲルは、以前のハインズの件でもウルフに煮え湯を飲まされたため、殺人犯を世に放つ手助けをしているウルフこそ極悪人だ!として、ウルフを殺そうと言い出します

デックスは、一応はウルフの事を調べた上で、ウルフはまっとうな弁護士だから殺せないと断りましたEllen Wolf doesn't fit my usual code.(エレン・ウルフは俺のコードに該当しない)

ミゲルは激怒し、デクスターを口汚く罵倒しますWell, then fuck you!。デックスは「蜜月」は終わったと別れを覚悟しました

一方ではウルフもチャンが悪人なのは重々承知していて、助けたことへの罪悪感を抱いていました。ラゲルタはそこを鋭く見抜き、ふたりで協力してチャンを逮捕に持ち込みます

期せずして願いが叶ったミゲルは、言いにくいことを言ってくれるのが本当の親友だと喜び、デックスに謝罪しました。デックスはミゲルを結婚式の「ベストマン」(付き添い)に選びます。

ところが、ミゲルのウルフへの怒りは消えておらずくすぶっていただけでした。まさに「バタフライ効果」、世の中はそうそう思い通りに動いてはくれません

ビリー・フリーター

フリーターは元フットボールの選手でしたが、ドラッグからギャンブルとお定まりの転落コースを辿り、今はその借金を返すために、他の借金滞納者を脅したり殺したりしていたそうです。が、証拠が無かったために起訴はできなかった。

ミゲルは大胆にも今度は自分の手でコイツを殺したいと言い出します。デックスの頭の中のハリーは、「コード(ルール)」を教えたのはあくまでもデックスを助けるためであり、私憤で殺人を犯す者のためではないと忠告しました。でもデックスは「友情」を優先します

ところが、ミゲルは事の重大さをまったく分かっていません。デックスが獲物を狙う時は慎重に慎重を重ねて行動するのに、ミゲルは、本人は変装しているつもりでも、そこにいるだけで目立ってしまうのです。その証拠に見知らぬ誰かに挨拶までされました。デックスは、殺しは中止だ、と言い渡します

するとミゲルは思いもよらぬことを言い出しました。デックスが人を殺したのはフリーボが初めてではなかったのだろう(Freebo wasn't your first)、というのです。これまでに何人殺した?How many, dex?

デックスが言い淀んでいると、詮索するつもりはないのだと懐柔にかかります。脅したりすかしたり~この辺はまさに検事のテクニックですよね

ミゲルはかつて父親を階段から突き落としたことがあるのだと打ち明けました。その時に覚えた快感、体中にみなぎる力をもう一度味わいたいというのです

So when you talk to me about the darkness inside of you I understand.
君の言う闇は私も理解できるんだ

こうしてデックスはミゲルにフリーターを殺害させました。ミゲルはFantastic!!と喜びます

そしてその後ミゲルは、まるでこれで自信ができたというかのように、ひそかにウルフの家を訪れました殺す気か?!( ;∀;)

カミーラへの温情

デックスはカミーラから仄めかされた「安楽死」についてずっと考えていました

Death will be mercy, Dexter. No more pain, no more chemo. Just peace.
死は恩寵よ、デクスター。これ以上の痛みも化学療法もない。安らぎだけ。

毎日病院に通って苦しむカミーラの姿を目にし、ミゲルからも「やりたくないことをやるのが親友だ」(A real friend does the hard thing)と言われ、カミーラを殺そうと決意します。カミーラが食べたいと言っていたキーライムパイに毒を仕込み、自分の手でカミーラに食べさせました嬉しそうだったな~カミーラ♪

このカミーラは既にローラやルディのことも知っていたようですね。デックスが最後にルディは自分が殺したと明かすと、よくやった、と称えていました。そしてこれこそ私が求めていた味よ(You finally brought me the perfect pie)、と言って息を引き取ります。ジーンにあなたがよろしくと言っていたと伝えるわ

デクスターはこれまでの獲物が最後に「情け」(mercy)をかけてほしいと懇願したことを思い返します。彼らには何の感情も湧かなかったけれど、ここで初めてデックスはこれがmercyなのだと悟ったそうです。This is mercy. But only for a friend.

スキナーの正体

スキナーとフリーボの関連性を諦めなられないマイアミ署では、情報提供者(CI~confidential informants)のアントンがフリーボの居所を知っているという噂を流すことにしました。犯人はフリーボに金を貸した人物ではないかという可能性が浮上したからです。

アントンを好きになり、何としても巻き込みたくなかったデブは、独自に再調査を重ね、ついに犯人は木の伐採を行っている人物(tree-trimmer)ではないかという結論に達しました。現場に共通していたのがtrimmed trees(伐採された樹)だったからです。

こうして辿り着いた相手はジョージ・キング(Jesse Borrego)でした。悪賢いキングはマリオという同業者に罪を擦り付けて逃亡してしまいますが、マリオの証言からこれに気づいたデブは、早速キングを手配します

秘密

アントン

デボラはアントンを助けたい一心で彼を逃がそうとしました。が、その過程で、アントンは正式なCIではないことが判明します。クインはアントンを騙して都合よく利用していたのです。でも報酬だけは自腹で払っていたようですね

その後デボラはアントンと連絡が取れなくなりました。しかもスキナーことキングがアントンの家を監視していたことも判明し!?

クイン

アマドは、クインのせいで同僚が死んだと怒っていました。クインは、アマドは麻薬課にいた時の同僚で、アマドが「殺した」というのは、他の同僚が誤って売人を殺したのを苦に自殺をしたのを防げなかっただけだと説明しますが、どーも怪しいですよね、コイツは

エンジェルの恋

エンジェルとギアナは順調そのものです。ギアナはなかなか男を見る目がありますよね。ギアナと食事の約束をしていたのに行けなくなった時の留守電がまた可笑しかったI am deeply, deeply apologetic(俺はひどくひどく申し訳なさそうにしている)なんてフレーズ聞いたことないよね。ジアナも一日中この留守電を聞いては大笑いしていたそうですYup. been listening to it all day. Makes me laugh every time.

リタがモンスター化?

妊娠中のホルモンのせいか、それともデックスが無神経なためか、リタは日がな一日怒ってばかりいました。
そもそもリタは苦手なタイプ(;^ω^)

どうやら本当の原因は「エンゲージリングはいらない」というリタの言葉(遠慮)をデックスが真に受けたからのようですね。その上デックスは多忙を理由に結婚式の準備をちっとも手伝ってくれないし

デックスからマリッジリングの相談を受けたデブは、エンゲージリングが要らないなんて信じる方がどうかしているおばさんもデックスと一緒、要らないと言われたら要らないんだろうと思うとデックスをやり込め、サイズがモノを言う(Size matters)と助言して、小さいけれどそれなりのサイズのダイヤのリングを買わせました

これでリタはすっかり機嫌を直します。そもそもデックスも内にモンスターを秘めている身ですから、リタのヒステリーなど可愛いものです。それに、カミーラが亡くなる前に見舞いに行ったリタは本当に優しくて素敵でした

感想

デックスが「mercy」のところで、友人限定だ、と語ったのがちと引っかかってます。だって、そうそう友人に(デックスがそう解釈している)「情け」を掛ける機会なんてないでしょうに。それがミゲルになるんですかね。ハリーの言うように「ミゲルをモンスターにしたのはデックス」だから、ハリーがデックスにしたように、デックスもまたミゲルを制御しなければならないけれど、それがムリなら・・・ってことなのかな

その一方でデボラは本当に良い刑事になりましたよね。こちらはなかなか良縁に恵まれませんが、それはデブが~まだ若いから仕方ないけど~普通に優しい恋人では満足しない、どこかクセの強い相手を求めてしまうからのように思えます。いつかエンジェルみたいな優しい人が見つかると良いね~


デクスター シーズン2 トク選BOX [DVD]

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.