韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

デクスターファイナルシーズン 最終回 ネタバレと感想 このラスト嫌いじゃない(11話含)

2021/03/07
デクスター-Dexter 0
Dexter アメドラ

~Dexterのあらすじと登場人物一覧はこちら: Dexter あらすじと登場人物一覧

あ~ついに見終わってしまいました。漏れ聞くところによると、特にファンの方にはえらく評判が悪かったというラストですが、おばさんは決して嫌いじゃないです

そりゃね、ハッピーエンドがいいに決まってますけどね、そういうドラマじゃなかったでしょうよ、最初から。だから最後はどんだけ悲惨なことになるのかとずっと覚悟しながらも、できるだけデックスの気持ちに寄り添って見てきたつもりでした。何せファイナルシーズンの表紙、デックス自身の顔がラップにまかれていましたものね

ですから今は、むしろ驚くほどロマンチックで情感たっぷりなラストだった、と感慨に浸っているところです。いや~やっぱり良かったですよ

以下、11話「2人のモーガン」(Monkey in a Box)と12話=最終回「兄として」(Remember the Monsters?)のネタバレですデクスター最終回のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

偽装工作

デックスは、ヴォーグルの自宅から、自分に関する一切の資料を排除した後、ヴォーグルが殺害されていると警察に通報しました。エンジェルには、父のハリーをよく知るヴォーグルとは懇意にしていたから訪ねたと説明します。エンジェルはデックスに同情し、必ず犯人は見つける、知人が捜査に加わったとなると犯人に有利になるからと、デックスを捜査から外しました。

ハンナたちとともに出国するまであと2日~デックスはデブに、その間に必ずダニエルを殺すと豪語します。デブもまた警察への復帰が決まっていたので、ダニエルはこの手で摑まえる、デックスには渡さないと反論しました

また看護師からの通報を受けたクレイトンは再びデブを揺さぶりに来ます。デブは「金髪だったのは高校生の時だけだと嘘をつきました。

クレイトンはエルウェイに連絡し、デボラを探るよう唆します。事務所の経営がよほど苦しいのか、懸賞金が欲しくてたまらないエルウェイは、早速、デブの家にやってきました。デブはなんとかして彼を追い出しますが、もうハンナを隠しきれないと腹をくくり、彼女をホテルに連れて行きます。ここでデブは、兄と甥には会いたいから、またハンナと会うことになると、自嘲していたのですけどね~

ダニエルの策略

そのダニエルが、なんと自ら出頭してきます。キャシー殺害の容疑者として疑われていると知ったから、その疑いを解くためにやってきたというのです。デックスはクインの横でダニエルを睨みつけながら、DNAを採取しました。これではキャシー殺害を立証できませんが、ヴォーグルとの親子関係を明らかにできるはずです。ここでデックスはデブに、警察がダニエルを逮捕してくれても良いのだと語っていました。これまた大きな変化です

そのダニエルは、殺害を行うための「手術室」を設けていました。かつて自分が預けられた施設を思い出しながら作ったそうです。ダニエルは以前ヴォーグルもそこに呼び寄せていました。デックスはついにこの場所を発見し、ここでヤツを殺すことにしますやっちまえ!

一方のダニエルは、ま~しつこくデックスを追い回しました。デックスはマイアミを離れるにあたってアパートを売ることにしたのですが、不動産屋のシルヴィアを介して家を買いたいと申し出てきたのです。ダニエルの本心は分かりませんが、母を殺してもう用は済んだからと、デックスに手を引くよう脅してきました。デックスはダニエルと違い「失いたくない者」がいるからです。

そう言いながらも、サイコパスは人を愛することができないと嘲笑していたところを見ると「失いたくない=愛する人」ができたデックスを、やはり、心底羨ましがっていたのでしょうね。だから憎らしくてならなかった。ザックのこともデックスの家族と認識していたようです

デックスはダニエルの誘いに乗ったふりをしますが、本心ではなく、最後の「罠」を仕掛けます。ダニエルが殺人を犯している映像をリークしました。ダニエルを挑発し、デックスを殺しに来るのを待ち伏せるつもりなのです。あ~これで以前も失敗しましたよね。ハリーも大いに気をもんでいました

お別れパーティー

ヴォーグルの葬儀の後、マシューズは皆に声を掛け、エンジェルの店に飲みに行くことにしました。エンジェルはこの機を利用して、デックスのお別れパーティーを開きます。デックスはそういう場は苦手だからと断ったそうですが、エンジェルのスピーチを聞いた後の表情は、決してフリではなく、心底寂しそうに思えました。I miss youと語った時は感極まって涙ぐんでもいましたものね

デブから、クインとよりを戻すかもしれないと聞いていたデックスはクインに、デブを頼むと託しました。何せクインはデブに贈った指輪をまだ机の中に隠し持っていたのですからね。さすがのデブもこの一途さには負けますよね

最後の晩餐その2

デブはデックスがマイアミを離れる前夜、デックスと最後の食事をしようと押しかけてきました。デックスが待っていたのはダニエルなのですが、デブは、この最後の夜はだれにも邪魔をさせない!と息巻きます

そこでデブはデックスに、デックスのいない人生など考えられない(I couldn't imagine my life without you in it.)、これから警察に復帰するのに、誰が助けてくれるのか、と嘆きました。でもデックスは、デブは大きく成長したから、もうデックスの助けなど必要ないと励まします。むしろデックスがいない方が良いのだとさえ語りました

デブはそんなデックスを、たとえ「ハリーの掟」が無くても、デックスは良い人間だったと称えます。これはもう少し後で明かされたエピソードですが、昔デブは壁に映った影をお化けだと思い込んで怖がっていたのだそうです。それをデックスがいつも違うと言って慰めてくれたのだそう。それが最終回の副題となった"Remember the Monsters?"(お化けたちを覚えている?)です

その後デックスから、これからここにダニエルが来ると聞かされたデブは、逃げろというデックスに逆らって、一緒に彼を待ち伏せしました。デックスはダニエルに注射をし、デブは頭に銃を突きつけます。デックスはそのままダニエルをダニエルの「手術室」に連れて行って殺すつもりでした。

ところが、そこで準備を整えていざ殺すだけになったというのに、デックスの心には「ハンナに会いたい衝動」が沸き上がってきます。これまでどんな時でも~殺す前も殺す瞬間も殺した後も~殺人衝動以外の感情がデックスを支配したことはなかったのに、今はこうして獲物を前にしていても、頭に浮かぶのはハンナのことばかりなのです

デックスは「ダニエルの処刑」を警察に任せることにしました。デブを呼び、復帰第一号の手柄にしろと伝えます。デックスの「仕事道具」もすべてダニエルのものにすればいい

デブも、そしてハリーも、そんなデックスに驚きました。ハリーは、もはやデックスに自分は必要ないと消えていきます

トラブルメーカー

それがクレイトンです。クレイトンはエルウェイとともにデブの家を家宅捜索しました。ハンナがいた証拠は見つかりませんでしたが、PCで南米の情報を検索していたことが知られてしまいます。エルウェイは早速乗客名簿を調べさせました。クレイトンは「二人のモーガン」を追います

そのクレイトンが「手術室」に現れました間抜けなクレイトンは、てっきり、ダニエルがハンナ絡みの犯罪に巻き込まれた被害者だと思い込んで拘束を解きます。その途端、ダニエルはデックスが置いていったナイフでクレイトンを刺し殺しました

そこへデブがやってきますなんてこった!( ;∀;)。ダニエルは、今度はクレイトンから奪った銃でデブに発砲しました。デブはわき腹を撃たれながらも、懸命にダニエルを狙います。それが腕に命中しました。デブは倒れこみながら、応援を要請します。This is detective Debra Morgan. I've been shot. Please send help.

デブは、駆けつけてきたエンジェルやクインに、決してデックスには知らせるな、知らせたら救急車に乗らない、と脅しました

デブはその救急車の中で、付き添ってくれたクインに、これは天罰なのだと明かします。クインは、デブの気持ちは分かるが、犯した罪は今後償っていくのしかないのだと諭しました。そのためにも刑事に戻るのは都合がいいYou're a good person. A lot better than most.(君は善人だ。そこらへんの人間よりずっと)

デックスの反撃

その頃デックスはハリソンと空港に到着しました。が、ハンナはエルウェイを見つけて女子トイレに逃げ込み、身動きが取れずにいます。それでデックスは、エルウェイをテロリストに仕立てて捕まえさせました。が、その結果、危険物があるのではないかという配慮から、飛行機そのものが出発できなくなります。しかも「ハリケーン・ローラ」が近づいていました

病院に来たマシューズは、デブが緊急手術を受けると聞いてすぐにデックスに連絡します。デックスは驚いて飛んできました。ハンナも行くよう勧めてくれます

手術は成功し、デブの意識も戻りました。デックスは、自分があの時ダニエルを殺していれば、こんな目に遭わせずに済んだと猛省します。でもデブはデックスのせいではない、自分の人生は自分で引き受けるしかない(It's not yours to screw up, Dexter. I am responsible for my life)、と慰めました

I don't want you to feel guilty about this. I don't want you to feel guilty about anything. You were meant to be happy, so you need to go fuckin' be happy.
罪悪感を抱かないで。これだけじゃなくすべてにおいて。兄貴は幸せになっていいんだ。さっさと行ってハッピーになれ。

デックスはハンナに会いに行きますが、ここはふたりの合意のもと、デックスはデブが治ったら後を追うことにしました。ハンナは、デックスがハリソンをハンナに預けるのをためらっているのかと心配したようですが、デックスはそれに関しては微塵も不安はなかったようです。ただひたすらハンナと別れるのが辛かったのです

一方、デブがまだ生きていると知ったダニエルは、止めを刺しにやってきました。が、そこはエンジェルが許しません。デックスが殺す前に、見事にダニエルを逮捕しました

急変

ところがその後、デブの容態が急変します。手術の後遺症でに血栓が脳に飛んで、生命維持装置を付けなければならなくなりました。この先たとえ自発呼吸ができるようになっても、食事は口から採れないだろうとの診断が下ります。また脳の状態を見る限りでは、思考力も認識力も無くなってしまったそうです

クインは、デブは強いから大丈夫だ、と奇跡を願いますが(It would be a miracle)、デックスは、奇跡など起こらない、とつぶやきますI've never seen a miracle.

仇討ち

デックスは満を持してダニエルを殺しに行きます絶対に許さない!。発射残渣を採取すると嘘をついて拘留中のダニエルに会いました。そこで、このボールペンでお前を殺す、と脅し、ダニエルがそのボールペンを掴んでデックスの肩を刺すとほぼ同時に、そのボールペンを奪ってダニエルの喉元に突き立てますよくもデブを( `ー´)ノ

この様子はすべて録画されていました。エンジェルとクインとデックスが3人でその映像を見ながら語り合います。エンジェルは、さすがに立場上、なぜ発射残渣をするなどと言ってダニエルに会いに来たのか、と確認しました。もう警察を辞めたのに。でもデックスは、正式にはまだ辞めていないと言い張り、クインも、これは間違いなく正当防衛だ、と後押しします

It's obviously self-defense. I'm glad he's dead. Wish I could have done it myself.
俺もヤツが死んで嬉しい。自分で殺したかったほどだ

エンジェルもこれに同意しました。皆気持ちは同じだったのです

ハンナがエルウェイをやっつける

執念深いエルウェイは、ハンナを追ってバスに乗り込んできました。でもハンナは、隙を狙ってエルウェイの太ももに麻酔を打ちます。こうしてハンナは無事、ハリソンとともに飛行場に到着しました。ハリソンにはアルゼンチンにいる野生のペンギンの話をして聞かせています

兄として

デブが入院していたのは、ハリソンが生まれた病院でした。それもあってデックスは、ずっと、生まれたばかりのハリソンを見てもまだ戸惑っていたデックスを、デブが励ましてくれた時の様子を思い出していたそうです

デックスはボートで病院へ戻り、皆ハリケーンの準備で忙しくしている隙を狙い、デブの生命維持装置を外しました。その頬に顔を寄せて、"I love you, Deb"、と囁きます。そのデブを真っ白なシーツで包み、ストレッチャーに乗せてボートまで運びました。デックスがその体を抱き上げた時、デブはまるでウェディングドレスをまとう花嫁のように見えませんでしたか

デックスは、自分がいると皆不幸になると確信し、せめてハンナとハリソンだけは「俺自身」から守らなければならないと覚悟しました(I have to protect them from me!)。船を出して沖へ行き、電話でふたりの無事を確認して別れを告げます。デブの頬を両手で包み、その体を抱き上げて海に沈めました。遺体が海中深く沈んだのを確かめると、嵐に向かって突き進みます

エピローグ

ハリケーンが去ると、沖合でデックスのボートの残骸が発見されました。デックスは死亡したらしいとのニュースは、遠いアルゼンチン(ブエノスアイレス)にいるハンナも知るところとなります

が、デックスは死んでいませんでした。どうやらどこかの港の近くで木材の運搬をして働いていたようですね。無精ひげの生えたその顔にもはや生気は見られませんでした

感想

デックスは最後に死のうとしたのですよね。でも死ねなかった。そしてあの港に流れ着いたのでしょう。途中、ブラザーサムの辺りで信仰の話が出てきたけれど(&デブの最期の言葉もあったし)、死にきれなかったデックスは、それも自分の人生(運命)だと諦めたのではないでしょうかね。あそこで一人、孤独に生を全うすることが、自分のために死んでいったハリーやリタ、そしてデブやザックなどなどへの贖罪だと思っているのではないのかしらね。それとも「続編」を期待させてのことなのでしょうか

デクスター=サイコパスとはいうものの、おばさんにとってのデクスターは、妹を愛し、妻を愛し、息子を愛し、「悪」を憎んだ、優しくて素敵な青年でした。ミステリーを楽しむというよりは、彼の成長を楽しんできたので、もっと早くハンナのような相手=心から愛せる女性に出会えていたら、と悔やまれてなりません。この5か月間、ほとんど毎日のようにその姿を見ていたので、しばらくは寂しくなりそうです。

それに何よりマイアミ署のメンツも大~好きでした。エンジェルはもちろんのこと、ヴィンスや死んでしまったドークスやラゲルタさえ、めちゃ好きでしたね~。ずっとたらしだったクインも最後は誠実なところを見せてくれて、デブもあそこまで愛されたら本望でしたよね~きっと。それだけに生きていてほしかったですが、繊細過ぎるあの子にとって、生きることこそ地獄だったかもしれないとついつい思わずにいられません。

そう言えばこのドラマは小説があるのでしたっけ。もう最初は全然聞き取れなかったデックスの英語も、今やバッチリ分かるようになりましたし、あの声と姿を頭に置きながら、小説読むのも悪くなさそうです

Dexter Is Dead: A Novel (English Edition)
デクスター ファイナルシーズン トク選BOX [DVD]

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.