韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

HOMELAND S8 あらすじと感想 第2話 勝者なき戦い

2020/08/21
HOMELAND8-ホームランド8 0
ホームランド8 クレア・デインズ

HOMELAND ファイナルシーズンの あらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: HOMELAND/ホームランド ファイナルシーズン あらすじと登場人物、キャスト

ホームランド8~ファイナルシーズン~の第2話は「勝者なき戦い」です。原題は「Catch and Release」と、いわゆる釣った魚をそのまま水に放すことで、これがまためちゃ皮肉が効いていますね~。以下早速ネタバレですホームランドファイナルのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

キャリーはグロムとの面会に臨むも、あっさり和解を断られてしまいました。しかも、昔は手土産を用意して取引を持ち掛けたのに、今は手ぶらか、と批判されてしまいます

そこに、まさにその取引材料となりそうな手紙が舞い込んできました。差出人不明のその手紙には「サミラ・ノーリ」とだけ書かれています。早速調べてみると、サミラは1年半前に結婚したばかりの夫を自動車爆弾で亡くしていました。彼女は汚職を調査する監査機関で働いていて、当時グロムの不正を追及しようとした矢先の事故だったそうです

キャリーはダンに掛け合って、サミラの家を調べに行きます。彼女が求職中なのを利用し、ジェンナ・ブラッグ(Andrea Deck)に偽の求人を出させて面接をさせました。が、このジェンナが余計なことを言ったばかりにサミラに気づかれてしまいます。まったくどっちが諜報員か分からんね。慌てたジェンナはすぐに仲間に知らせてサミラを拘束しました

一方でキャリーはしっかり「証拠」を見つけてきました。サミラのクローゼットにあったブルカに違和感を抱いたキャリーは、それを手に取って隅々をチェックしたところ、縫い目の中にUSBが隠されていたのを発見します。そこには重大な不正の証拠が入っていました。アフガニスタン国軍に関する資料です

戻ってきたキャリーはすぐにサミラの拘束を解かせます。キャリーはこの証拠を使ってグロムに一泡吹かせようと持ち掛けました。が、サミラは、キャリーの目的がグロムの失脚ではなく、タリバンとの和解だと知ると、途端に態度を硬化させます

So you won't arrest him. If he does what you want, you'll bury this.
つまり逮捕する気はないのね?彼があなたの要求を呑めば、この証拠を消すのね?

サミラは雄弁に本心を語りました。

You know how you could help us, you Americans? Go. Get out of our country. Stop helping.
あなた方アメリカ人がどうやって私たちを救えるというの?行って。私たちの国から出ていって。助けるのを止めて!

キャリーはサミラの言葉を認めます。確かにアメリカのしていることはサミラの言う通りだと肯定する一方で、グロムに関しては考えが甘いと指摘しました。グロムは今後何十年もこのまま君臨し続けるわ

He's too strong. If things stay as they are, you won't get him. If we leave Afghanistan, you won't get him either. The only thing that will weaken him is peace.
彼は強すぎる。このままでは彼を糾弾などできない。もし我々がアフガニスタンを去っても同じこと。唯一平和だけが彼の権力を弱められる。

キャリーの言葉はサミラの心を動かしました。キャリーは早速証拠を持ってグロムに会いに行きます。グロムは架空の部隊を作り、その部隊に膨大な費用をつぎ込んで、それを横領していたのです。その額ざっと1億はくだらないらしい

グロムは、政府関係者も皆甘い汁を吸っていたのだとうそぶきますが、キャリーは、今回ばかりは勝手が違うと反論しました。グロムは大統領や政府を辱めたからです。投獄どころか絞首刑にされるだろうと言われたグロムは、渋々了承しました。それでも、タリバンが素直に和解に応じるとは考えていません。

グロムが前言を撤回すると、キャリーは一躍英雄扱いされました。ダンもコロリと態度を変えます

またここでシーズン4に登場したタスニーム・キュレイシ(Nimrat Kaur)とその継父のブンラン・ラティーフ(Art Malik)が再登場しました。タスニームはパキスタンのISIの幹部ですが、今回ラティーフを訪れてソールについて尋ねます。ラティーフとソールは40年来の知人でかつては協力し合ったこともあったのに、9.11以来疎遠になってしまったそうです。

ラティーフは、自力での再建を阻止しようとする「十字軍気取りのアメリカ」(America's crusade against the Muslim world)を敵視し、ソールに関しても徹底的に潰せと命じました。タスニームは、ソールがタリバンに接触しているという情報をつかんだのです。

一方、マックスから、(タリバンの)ハッカニが弟と連絡を取っていた内容を入手したソールは、ハッカニもまた戦争を終わらせようとしていると察しました。早速、捕虜になっていたハッカニの従兄弟を使ってハッカニと会おうとしますが、そこをISIに狙われてしまいます。マックスからの連絡でソールがこの襲撃を知った時は既に遅く、ハッカニたちの車は爆破されてしまいました。が、ハッカニは、これがソールの罠ではないかと疑って、車には乗っていなかったそうです。

アメリカに騙されたと誤解したハッカニはソールを拉致しました。連れていかれた先でハッカニの無事を知ったソールは喜んだのもつかの間、殴打され、気絶してしまったようですソールは捕まってばっかりね(;´Д`)

またキャリーは、サミラがキーになると知らせてくれたのはグロモフだったと知って愕然としました。果たしてグロモフは何をするつもりなのでしょうか?

~これまでのホームランドのあらすじはこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5S6S7


HOMELAND/ホームランド シーズン7 (SEASONSブルーレイ・ボックス) [Blu-ray]

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.