韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

テヘラン ネタバレと感想 1&2話 テヘランの緊急着陸

2021/06/25
社会派その他 0
テヘラン ショーン・トーブ

私ごとで恐縮ですが、この度、というより5月末から十数年ぶりにMacユーザーに復帰しました🎶。最初はちょっと戸惑ったけれど、やはりMacは良いですね〜💖。可愛いくてめっちゃお利口ですよ👍。

で、これを購入したら、漏れなくappleTV無料視聴権1年分が付いてきました❣️。最近海外ドラマに飢えていたので、とりあえずしばらくはこの恩恵に預かることにしたでやんすよ😁。その手始めがTehran(テヘラン)です。この春からちょうど放送大学で高橋和夫さんの講座も視聴していたので、タイミングもバッチリでしたし、いきなりMajid JavadiHomelandが出てきたのには大喜びしちゃいました😻。彼は元々イランの人なのですね〜。ま、喜ぶようなキャラじゃありませんけどね💦。

全8話と言うことであっという間に終わってしまいそうですが、この秋にはシーズン2も始まるそうで楽しみです。以下1話「テヘランの緊急着陸」と2話「血塗られた手」のネタバレですテヘランのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

潜入

インド行きの格安航空券を買ったイスラエル人の若者、シラ(Tuti Ninio)とヨニ(Yakir Shukrun)はいきなり、テヘランに行くと聞かされて驚愕しました😨。エンジントラブルが起きたため、一旦テヘランに着陸して代替便に乗り換えるよう指示されたのです。シラとヨニはイスラエル人でした。テヘラン=イランで下されたら殺されてしまう!と怯えます😱。

一方、こちらも何やら訳ありげな二人連れがクローズアップされます🧐。女性は頭にすっぽりベールをかぶっており、男性は女性の「幸運」を願って別れました。この女性がこのドラマのヒロインのタマル・ラビニアン(Niv Sultan)です。タマルはモサドのエージェントで、ある「使命」を帯びていました。それはイランの核施設を爆破することです😨。タマルはトイレである女性と入れ替わります。その女性はジーラ・ゴルバニファル(Shai Cohen Neeman)というイラン人です。

このトイレで1つ思わぬアクシデントが起こります。シラがタマルに遭遇したのですが、シラもまたモサドで働いたことがあったのだそうです。本人はソーシャルワーカーだったそうですが、タマルはシラの上司で、優秀な諜報員だったのだそう。タマルはシラを知らないと無視して出ていきました。

ふたりが入れ替わってジーラが席にやってくると、先の男性が「コード」を教えるよう命じました。どうやらジーラはテヘランの電力会社に勤めていたようで、イランから出国するためにモサドに協力を申し出たようですね。当初の約束では、ジーラが電力会社にハッキングするための「コード」を教える手筈だったのに、ジーラはニューデリーに到着したら教えると予定を変更しました。男は本部に連絡を入れて指示を仰ぎます。インド到着は4時間後だそうで、それでは間に合わないことから、タマルが現地でハッキングすることになりました。タマルはハッカーなのです。

一方のシラはヨニにタマルがモサドのエージェントだと話してしまいます。そしてその様子は監視カメラに記録されました。ヨニは、そんな話をしちゃいけないと止めましたが、時既に遅しです😨。

革命防衛隊

この飛行機には偶然、革命防衛隊のファラズ・カマリ(ショーン・トーブ)とその妻ナヒド(Shila Ommi)が乗っていました。どうやらナヒドがパリで手術を受けるようです。が、部下から同じ飛行機にイスラエル人が二人乗っていたと聞貸されたカマリは、部下を押し留め、自分が尋問すると答えました。任せろ。

その時はすぐに済むと思ったようですが、それは大きな間違いだったことがすぐに明らかになります。ナヒドは結局ひとりでパリに旅立ちました。

カマリはシラを脅し、シラが見た女性は8200部隊で一緒だったモサドの上官だと聞き出します。シラはタマルの名前は覚えておらず、それ以上のことは知らなかったのですが、カマリは事態が深刻だと察しました。上司に連絡してシラを一晩拘束したいと申し出ますが、上司は、関わりすぎてもよくないと止め、シラを代替便に乗せるよう指示します。今は国際的な問題は避けたいというのが理由です🐒。

電力会社への潜入

その頃タマルはタクシーに乗ってジーラの家へ向かいました。タクシーの運転手はタマルのアクセントが違うことに気づきますが、そこはなんとか誤魔化します。街では公開処刑が行われ、運転手は、このインフレで核兵器開発もないものだ、と文句を言っていました。

ジーラの家では夫のゲイサル(Betzalel Borochov)が迎えてくれます。タマルは早速ラップトップを開き、"sick-boy"というハッカー仲間と連絡を取りました。タマルのIDは「シャキーラ」です。シックボーイはタマルのデートと引き換えに電力会社のサーバーに入るコードを解読してくれました👍。

タマルはジーラに変装するため「鼻の手術」をしたことにします。額の傷も念入りに付けていると、ゲイサルが不安を吐露しました。彼女の考えだった。金のためじゃない、愛しているからだ。タマルは、明日には会えると慰めますが、ゲイサルは否定的です。ジーラはイランに戻るつもりはないのです😔。

その後タマルは電力会社へ出かけていきました。その変装にはジーラの友人も気づかなかったほどで、タマルは早速ハッキングに取りかかります。ところがここでまたしてもハプニングが起こります👿。ジーラは会社の上司=アシュカンからセクハラされていたのです。その男がハッキング中のタマルに襲いかかってきました。タマルは仕方なく応戦し、誤って男を殺してしまいます😵。

そこへ、イラン在住のモサド、通称イーグル(Navid Negahban)が駆けつけてきました。イーグルはタマルとともに遺体を隠し、タマルは任務を続けます。が、遺体は早くも見つかって、警察がやってきました。タマルも尋問されることになります💦。タマルから、セクハラのことは夫のゲイサルも知っていた、と聞いたイーグルは、早速、ゲイサルを自殺に見せかけて殺し、アシュカン殺しの犯人に仕立てました

これを知ったタマルはイーグルが怖くなって逃げ出します💨。本部からはイーグルに従うよう命じられましたが、こんな時は携帯を切るよう命じられたと言って、連絡を絶ってしまいました。本部はでも当初の作戦を諦めて危険すぎるプランBで行くと宣言していましたね

タマルの向かった先はおばのアレズー(Esti Yerushalmi)の家でした。

カマリの追跡

一方ではカマリも「入れ替わり」を突き止めました。ジーラと入れ替わった女性の名は「イブティサム・バドラン」ということになっています。ジーラが電力会社の職員だと聞いたカマリは、モサドが電力会社に潜入したと察し、必ず捕まえると豪語しますが、上司はあくまでも消極的でした。イスラエルに気取られぬよう秘密裏に探せと命じます🐒。

感想

ドラマはフィクション〜分かってはいますが、イラン核合意から離脱していたトランプが大統領でなくなった今、もちろんバイデン大統領はこの合意の立て直しを図ることでしょうが、当然、イスラエルの猛反発が予想されます。そう考えるとなんとも怖いドラマですよ😨。続きもとっても楽しみです

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.