Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

アストリッドとラファエル シーズン3 ネタバレと感想 第4話 開かれた部屋

〜「アストリッドとラファエル」のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます🌹: アストリッドとラファエル あらすじと登場人物リスト

フランス・テレビジョン制作の【アストリッドとラファエル3】(Astrid et Raphaëlle S3)の第4話は「開かれた部屋」(La chambre ouverte)です。これはまた久しぶりになかなか見応えのあるエピソードでございましたね〜💕。以下早速ネタバレですアストリッドとラファエル3のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

刑務所からの手紙

アストリッドに、サンテ刑務所に服役中のアラン・ラマルクから手紙が届きました。ラマルクについてはこちらをご覧くださいませね

アストリッドとラファエル シーズン1 ネタバレと感想 第6話 閉ざされた部屋

アストリッドとラファエル シーズン1 ネタバレと感想 第6話 閉ざされた部屋

〜「アストリッドとラファエル」のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます🌹: アストリッドとラファエル あらすじと登場人物リスト〜 フランス・テレビジョン制作の【アストリッドとラファエル 文書係の事件録】(Astrid et Raphaëlle)の6話は「閉ざされた部屋」(Chambre Close)です。ミステリーにはお馴染みの「密室殺人」ですが、あと1つひねってあってなかなか面白かったですね🤗。以下ネタバレのあらすじで...

ラマルクは「精神病院で事故死した患者」の記事を同封しており、その「事故死」(mort accidentelle)の部分を赤丸で囲み、本当に事故死なのか?😈(accidentelle?)と問いかけてきました。こんなことをされて大人しくしていられるアストリッドではありません😍。アストリッドは早速、この事実を調べました

リベンジ殺人?

亡くなったのは精神科病院に入院中のクラランス・ルベル。ルベルは9年前に上司だったダヴィッド・ルリヴァージュを殺害したものの、当時の精神状態から責任能力がないとして病院に収容されていました。

アストリッドが調べたところ、当時は公表されなかったルリヴァージュの遺体の特徴(左手の親指を骨折)が、ルベルのそれと一致していました。アストリッドは早速これをラファエルに伝えます。ラファエルは、アストリッドがラマルクに踊らされているのではないかと不満げでしたが😤、アストリッドは何度も「ルベルの遺体はまだ法医学研究所にある」と催促しました。フルニエの意見を聞こうと誘っているのです😁。

そのフルニエの意見は期待通りのものでした。指は明らかに何者かによって折られていた上、ルベルの死因だという「喉頭浮腫」は誤りで、遺体の鼻の中からは羽毛が出てきたのです。これは殺しだ!

ラビリンス(Labyrinthe)

ラファエルは早速アストリッドを伴って精神科病院へ赴きました。医師のエリック・フォアマン(Jérémie Covillault)は、ルベルが収容されていた病棟は閉鎖区域で、特に厳重な警備が施されていたため、殺されるなどありえないと反論します。ルベルが遺体で発見された夜は、ベテラン看護師のティエリ・ケラー(Karim Fatihi)が部屋の前で監視していたそうです。

その日同じ病棟に入院中のグレゴリー・ドゥメゾン(Charly Fournier)が、盛んに「ルベルが死ぬ」とつぶやいていたため、フォアマンは念のためケラーに連絡し、部屋の中を確認してもらおうとしたのだそうです。が、なぜかカードキーが使えなかったため、ケラーはフォアマンを呼び、鍵を開けてもらったところ、中でルベルが亡くなっていたのだそう。

普段のアストリッドなら、この時点でもう「ヒント」を得たはずなのですが、彼女は16歳で学校を退学になった時、精神科病院に入れられたトラウマが原因で、ここでは何も考えられませんでした😨。天井を見上げるとそこに「迷路(Labyrinthe)」が見えたそうです。ラファエルもまたアストリッドの不調に気づき、そばを離れないようよう促しました。

それでもアストリッドは、せっかくできた親友のラファエルに嫌われたくなくて、本当のことが言えずに悶々とします。ラファエルから、捜査のためにまた精神科病院に行かなければいけないが、行きたくなければ行かなくていいと言われても、ラファエルがいれば大丈夫、としか言えません。

そのラファエルは、そもそもなぜ服役中のラマルクが今回のことを知ったのか、と言い出しました。アストリッドは、本人に聞くのが早いと助言し、ふたりでラマルクに面会に行きます。

ラマルクとの会話で、アストリッドはすぐにヒントを得ました。それが「迷路」です。ちなみにラマルクあらためエリック・エルネストの小説の中でアストリッドが最初に読んだのがラビリンスだったのだそうです。そうそう、まさにこれがミステリーの基本中の基本です😎。

アストリッドは、今度は自信ありげに精神病院へ行き、トリックを解いてみせました👍。ケラーが監視していたのはルベルの部屋ではなくその真下だったのだそうです。犯人はエレベーターの制御盤に仕掛けをし、4Fのボタンを3Fに繋げたのだそう。ケラーは、そうとも知らず3Fで見張りをしていたために、4Fでしか使えないカードキーが使えなかったのです。

トリックが分かったのは良かったけれど、ラファエルはアストリッドを心配しました。ラマルクは事件に関与していたのかもしれない。あいつは危険人物だから気をつけてあいつを信用しちゃダメだよ!

事情聴取

ラファエルは、犯人はまだ病院内にいると考えて、患者たちから話を聞くことにしました。妄想性障害を抱える患者もいたため、皆それぞれに思い思いの発言をする中💦、リュシー・グラジアーニ(Catherine Zavlav)とグレゴリー・ドゥメゾンの発言が注目を引きます。グラジアーニは以前ルベルに襲われかけたことがあったことから、彼を殺したいほど憎んでおり、ドゥメゾンは、自分が殺した、と発言しました。

実際ドゥメゾンは2週間ほど前にルベルを絞殺しようとしたそうです。彼は16歳まで父親に監禁されており、その父を殺してこの病院に入ったらしい。ラファエルは早速ドゥメゾンに質問をしました。なぜルベルを殺したと言ったの?ドゥメゾンは、ルベルはパパのにおいがしたと語ります。僕には分かった😤。

また「高所恐怖症なのにエマとスカイダイビングをしたニコラ😁」がグラジアーニの部屋を調べたところ、ベッドの下からある本が見つかりました。ページの端が折ってあったのを見たアストリッドは、ニコラに頼まれるまでもなく、さっさと謎解きに帰ります。その謎はすぐに解け、恋愛関係にあるグラジアーニとフォアマンがメッセージのやり取りをしていたことが判明しました。

悪魔の囁き

その作業中、またしてもラマルクがアストリッドを挑発してきます😈。彼は電話をかけてきて、9年前にルベルが犯した殺人事件を元に小説を書いたと仄めかしました。親指の骨折を知っていたのは、ストーリーを肉付けするために捜査資料を参照したからだとのたまいます。捜査の役に立つ情報も知っているぞ😏。

アストリッドはじっとしていられず、該当しそうな彼の小説を見繕ってサンテ刑務所へ駆けつけました。でもラマルクから、ラファエルは反対するだろうと言われたので、彼女には言えなかったらしい💦。

ラマルクはアストリッドの内なる恐怖を見通して「取引」を申し出ました。アストリッドが白状すれば、自分も情報を渡すと持ちかけます。アストリッドは目に涙を溜めながら「ラファエルに病気だと思われたくないと打ち明けました。ラマルクは「悪魔がいた😈」と笑いますが、アストリッドも負けていません。私は適任です。役に立ちます!

それでラマルクも彼女の願いを叶えました。ヒントは「愛人」の存在です。9年前の被害者=ルリヴァージュには愛人がいたのに、捜査報告書には明記されていなかったのだそうです。その「愛人」は、当時の同僚のローランス・クトネルという女性でした。証拠資料の写真に映っていたふたりはいかにも親密そうでしたが、男女の機微に疎いアストリッドは気づかなかったのですね。

アストリッドは、これで用は済んだとばかりに急いで退散しかけましたが、ラマルクはいかにも意地悪そうに、ラファエルには秘密にしておいてやる😏、と話しかけます。ここに来たことは内緒にしておかないと許してくれないぞ?😁

対決

謎を解いたアストリッドは、ラファエルに電話が通じなかったので、一人で精神科病院に出かけました。途中で何度も過去からの恐怖が追いかけてきて打ちのめされそうになりますが😱、そんな彼女を救ったのは「娘は病気ではなく自閉症だ」と言ってアストリッドを守ろうとした父の声ではなく、今いつもそばにいて励ましてくれるラファエルでした💐。

廊下に泣きながら座り込み、ポケットに残っていたたった1つの豆を手にして「ずっと一緒。約束する」というラファエルの言葉を思い出したアストリッドは、ラファエルの名を呼びながら歩き出します。あのいつも通りの、一歩一歩、歩みを確認するように足を運ぶ歩き方のままで、それでも可能な限り早足で歩いてきたアストリッドの姿を、ようやくラファエルが見つけてくれます🌹。アストリッド、アストリッド、どうしたの?大丈夫?!

アストリッドが1粒の豆をつまんでいたのを見たラファエルは全てを理解しました。もう大丈夫。私がいる、ここに

アストリッドは頑張って冷静さを保ちながら、事情を説明します。ルリヴァージュには愛人がいた。彼の死後、その愛人のローランス・クトネルは自殺した。グラジアーニはその娘だった。母の死後、施設に入れられたり、里子に出されたりして苦労を強いられたグラジアーニは、両親を殺したルベルに復讐するため、何年もかけて復讐の機会を伺っていたのです💀。

またグラジアーニは、父への恨みが消えないドゥメゾンを利用して、フォアマンも殺そうとしたそうです。ドゥメゾンの父親が使っていた香水をフォアマンにふりかけて、ドゥメゾンの殺意を掻き立てましたが、ケリーが止めに入って一命を取り留めました。

ラファエルがグラジアーニを逮捕した後、彼女は錯乱状態に陥りました。何年も精神科病院にいたことで、彼女の心が蝕ばまれたたのですね。

深い絆

ラマルクは、アストリッドがラファエルの信頼を失いたくないばかりにラファエルを騙すと思っていたようですが、大きな見込み違いでした😜。アストリッドのラファエルへの信頼はもっとずっと深いものに育っていたのです💜。そしてラファエルもまたその信頼に応えました。あなたは迷路の中になどいない。刑務所へ行ってラマルクと話したおかげで事件を解決できた。よくやったよ。友達だし相棒なんだから、相談してほしかったけど、絶対責めたりしない。信頼してる💐。

アストリッドは、信頼はリスクを伴うものなのに(そこまで信頼してくれて嬉しい)と感謝を述べました。ありがとうございます。ラファエルは、つい、アストリッドの手を握らずにいられませんでした。でもそっとね🤗。アストリッドも驚いてはいたけれど、嫌がってはいませんでしたね🤭。

エピローグ

ラマルクが脱獄しました。不敵にもアストリッドに携帯電話と小説を送ってきます。荷物が届く頃を見計らってその携帯電話に電話をかけてきて、アストリッドと会えるのが楽しみで脱獄し損ねるところだった、とのたまい、まるでホームズとモリアーティのようだ、おかげで「最高傑作」が書けた、と笑いました。ラファエルは怒りを露わにします。くそっ!💢

荷物の中身はラマルクの最新作でした。そのタイトルが「La chambre ouverte」(開かれた部屋)です。アストリッドが、いつも通り、夢中になってしまうだろうことは想像に難くありませんね😁。ラファエルも怒りを忘れて覗き込んでいました🙄。

関連記事
きなこ
2023/08/22 (Tue) 13:46

え?羊たちの沈黙?

こんさん こんにちは
ラマルクがハンニバルに見えてきて・・・

今回は、「信頼はリスクを伴うもの」ということばが刺さりました

前回から登場のラングレ先生について
自分が、天邪鬼な気質のせいか、黒ピッグさんのように「良い先生」と受け取れず
きっとアストリッドに嫉妬する、きつい女性なんだ
アストリッドがいやなこと、わざとするんだ~って思ってしまいました
→ どうやら、やっぱりわたしがひねくれている、ということのようですが

ニコラは本当にラファエルから心離れたのでしょうか?
それにしてもはらたつなあ、エマとのやり取りを「二人だけのこと」って
見せつけるみたいに~
そうだ!テオは一役かわないのかな?ラファエルのキューピッドとして

先日、見るともなくついていたテレビで短編映画を放映していて
summer fasting
ふと見ると、え?この子知ってんで~
あの子、あの子!そうだ、ラファエルのとこの、テオじゃないの!
最近のテオはちょっと大人びてきていて(声優さんも変わって)だったけど
この短編映画のなかでは、最初のテオ(語彙力なくてすみません)でした
2020年の作品でした
外国人の(西洋に限らず)顔をなかなか判別できない自慢ができる身としては
ちょっと自分にびっくりしました
海外ドラマや映画をがんばって観賞している成果が出たかしら
テオ、ラファエルのために一肌脱いでください~



こん
きなこさんへ
2023/08/22 (Tue) 16:34

確かにハンニバルみたいでしたね( *´艸`)

きなこさん、こんにちは(^^)/。

いつもブログをご利用いただきましてありがとうございます。楽しいコメントもありがとうございました(^ー^)。こん

アマモリ
2023/09/07 (Thu) 18:38

人名が苦手なファン

雰囲気が大変好きなドラマですが、人名を覚えるのが苦手で、捜査陣が解決の解説に入っているのに、それって誰だったっけ?とついていけなくなる事がしばしばw

手際の良い解説、大変ありがとうございます。

特に、ラマルク(エリック・エルネスト)が前に登場していたシーズン1 第6話の誰が誰だって?というナリスマシ複雑ストーリーの解説も助かりました。

こん
アマモリさんへ
2023/09/08 (Fri) 16:01

ご利用いただきありがとうございます♪

アマモリさん、ブログをご利用いただきましてこちらこそありがとうございます。

そうそう、このドラマの雰囲気はとっても良いのだけれど、うっかりしていると物語がどんどこ進んでしまって、置いてけぼりを食う時がありますよね( ̄▽ ̄)。

お役に立てて幸いでした。またいつでもお立ち寄りくださいませ。こん

黒ピッグ
2023/09/09 (Sat) 19:52

最近…

家族の事や自分の事で
バタバタして
中々コメント出来ずに
居ました!久しぶりです!

初登場が閉ざされた部屋で
今回は開かれた部屋…
逮捕と脱獄に
絡めたタイトルですかね?

こういうドラマには
ラマルクみたいな
キャラクターが
居ないとダメですから
まだまだ捕まって欲しくない
自分がいます♪

こん
黒ピッグさんへ
2023/09/10 (Sun) 09:30

良いキャラですよね( *´艸`)

黒ピッグさん、こんにちは。
いつもブログをご利用いただきましてありがとうございます。

ラマルクはなかなか魅力的なキャラですよね。こん