Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

アストリッドとラファエル シーズン3 ネタバレと感想 第5話 パリ東駅

〜「アストリッドとラファエル」のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます🌹: アストリッドとラファエル あらすじと登場人物リスト

フランス・テレビジョン制作の【アストリッドとラファエル3】(Astrid et Raphaëlle S3)の第5話は「パリ東駅」です。オリジナル副題は「Témoin」で、証言(者)とか証拠とかいう意味もあるけど、ここは(リレーの)「バトン」が個人的にはぴったりくるかな🤗。以下あっさりネタバレですアストリッドとラファエル3のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

ジュールという少年

今回は、アストリッドと同じ自閉症の少年=ジュール・ボワイエ(Aksel Rivière)が登場しました。母のカミーユ(Lilou Fogli)とともにパリ駅にやってきたジュールは、どうやら父のファビアン(Olivier Bouana)と待ち合わせをしていたらしいのですが、カミーユは約束の時間より早くやってきたようなのです。どうやらファビアンを問い詰めた(とっちめた)かった様子でした🤨。ジュールには聞かせたくないからと、ふたりで物陰に隠れて口論した後、銃声が鳴り響きます😨。

ジュールは、イヤーマフをして、不安を紛らわせるために列車や駅名を繰り返していました。これは、自閉症の人に特有の「エコラリア」(反響言語)という行動ですが、ジュールもさすがにこれに気づき、銃声のした方へ歩いていくと、そこには、ファビアンが血を流して横たわっていたのだそうです😱。ジュールのエコラリアはますますひどくなりました。また彼には、良きにつけ悪しきにつけ何かのショックを受けると、巻き舌で大声で叫ぶ音声チックも見られます。

エコラリア

アストリッドもまた警察学校の講義中、教授のラングレが発する言葉をそのまま繰り返し口にしていました。アストリッドのエコラリアは、おそらく、教授の話す内容をすべて理解していた〜既に知っていたことばかりだから、その抗議も込めて、繰り返していたと思われます。

そこでラングレはおもむろにアストリッドの名を呼び、質問を投げかけました👿。その質問は、アストリッドにとってはとても簡単なものでしたが、アストリッドは「私は適任だ」を繰り返すばかりで、質問に答えることができません💦。不意を突かれて動揺したのか、はたまた、あまりにも簡単すぎたために自分の中でQ&Aを消化してしまい、あらためてそれを言葉にできなかったのかもしれません😔。

でもラングレは、実に居丈高に、適任だと言うなら、質問に答えて😤!と命じました。いかにも高圧的なラングレをクラスメートは「やりすぎだ👎」と非難しますが、ラングレは逆に、口頭試験の試験官はもっと厳しい、と批判します。これじゃ不合格だわ感じ悪っ(`・ω・´)

あっさりそう決めつけられたアストリッドは、荷物を持って教室を出てきてしまいました。アストリッドには、自分の欠点が手に取るように分かったのです。問題は「問題が解けない」ことではなく、自分の意思をうまく表現できないことなのだ😭。

相互理解その1

駅の事件の話を聞いたアストリッドは、でも、自分を奮い立たせて&いつも以上に入念な準備をして駅にやってきました。ラファエルは、アストリッドの様子がいつもと少し違うことを察し、私がついている、と励まします。そしてラファエルは、アストリッドにジュールを紹介しました。

ニコラとラファエルは、彼は被害者の息子らしいが、同じ言葉を繰り返すだけで他には何も喋らないと困り果てていましたが、アストリッドはジュールの気持ちを理解します🌹。彼は気持ちを落ち着けるためにエコラリアをしているだけだ。

そこへ、ジュールの兄だと言うガブリエル(Paul Beaurepaire)がやってきます。ガブリエルは、ジュールを嫌ってはいなかったけれど、ほとんど理解していませんでした😔。

自閉症はアイデンティティ

その後、駅の監視カメラを調べましたが、犯行現場は死角になっていたそうです。犯行前にはジュールと母親が映っていましたが、全ての映像を調べるとなると膨大すぎて手に負えません😨。そこでアストリッド、否、ウィリアムの出番です。アストリッドは、ジグソーパズルを作る時の要領で、大量の映像を1箇所に集めることで、作業の効率化を図ろうとしたのです👍。

その際アストリッドはウィリアムに、ジュールに親近感を覚える、と打ち明けます。ウィリアムは、ふたりとも自閉症だからだと教えました。君は自分の一部を彼の中に見ている。その部分が「橋」となって、君たちの心を通じ合わせてくれる💜。

想定外の事態

映像を調べ終えたアストリッドは再び駅へ向かいました。ジュールは黄色いリュックを背負っていたのに、それが見当たらなかったからです。が、これが一歩遅かった。なんとジュールのリュックは大型スクリーンの後ろに置き去りにされていたため、爆発物処理班が駆けつけていたのです。アストリッドはパニックを起こしました😱。

知らせを受けたラファエルが駆けつけて事情を話すも時既に遅く。リュックは爆破されてしまいます。その直後、駅構内で大量の紙幣が宙に舞いました🙄。そしてその紙幣には大麻のカスが付着していたそうです。その少し前、ニコラはカミーユの口座を調べ、ジュールの養育費としてかなりの大金が入金されていたと驚いていたばかりでしたが🤔。

相互理解その2

手詰まりになったアストリッドは、自宅でジグソーパズルを始めました。そこで思い立ってラファエルに連絡し、ジュールに会わせてもらうことにします。アストリッドはウィリアムと一緒に、ジュールの好きそうな電車のプラモデルを持って彼の家を訪れました。ウィリアムを連れて行ったのは、おそらく、自分より自閉症についての説明が上手だからです。期待通り、ウィリアムはガブリエルに「自閉症」について色々説明してくれました。ガブリエルには「無意味」に思えても、自閉症の人は葛藤を抱えて苦しんでいるのかもしれないと教えたのです。

その間、アストリッドはめざとく、庭に猫の死体が埋められていることに気づきました。どうやら毒殺されたらしいと察したので、フルニエを呼びつけます🤭。フルニエも、自分は人間の法医学者だとぶつぶつ言いながらも、アストリッドの推理を裏付けてくれました。これは殺猫事件だ!😤

一方のラファエルは、ニコラと共に駅員に事情を聞きに行きます。ジュールはいつも同じ曜日の同じ時間に同じリュックをロッカーに預けてから、父親と駅を見学していたのだそうです。優しそうな駅員は、リュックの中を確認するのかというラファエルの問いに、よく知っている相手だし、ジュールの荷物を調べるのは大変なのだ😅(だから調べない)と答えました😁。

アストリッドはジュールとガブリエルを警察に連れてきます。イヤーマフを忘れてきたジュールはエコラリアを始めたので、ガブリエルは弟を押さえつけようとします。ジュールが叫び出したのを見たアストリッドはガブリエルに「触らないで」と注意し、自分のイヤーマフを貸しました。安心しておとなしくなったジュールは、アストリッドに一枚の写真を渡します。普段のアストリッドならここで「ヒント」に気づくのでしょうが、今回は「警察学校にいく時間」だったために動揺してしまいました😨。彼女は学校をサボったのです💦。

麻薬の密売

ラファエルは最初、ジュールの父のファビアンが、自閉症のジュールを利用して麻薬の密売をしていたに違いないと推理しましたが、そうではなく、この犯人はなんとガブリエルだったのだそうです。真実に辿り着いたラファエルにそう指摘された彼は、ジュールのために大金がかかるのだから(運ぶぐらい)手伝って当たり前だ、と開き直りました。別に大したことじゃない😠。

ジュールのヒント

その後アストリッドは、勇気を出して、ラファエルに告白しました。私はもう警察学校へは行かない。教えられることは全て知っているから、行くのは無意味だ。私は適任だが、それを証明する能力がない。ジュールと同じ。ジュールもまた、駅で目撃したことが言えない。これが私の限界だ

そんなアストリッドの弱気を吹き飛ばしてくれたのがジュールでした❣️。ジュールはこれまでも懸命に「見たことを伝えようとしていた」のです。皆がそれに気づかなかっただけ。アストリッドはようやくこれに気づきました。ジュールがアストリッドにくれた写真もそのヒントの1つだったと

ジュールがずっと繰り返していた路線の中に、電車ではなくバスの停留所の名がありました。そこにはかつてジュールが通っていた自閉症者の診断と支援をする施設があったのだそうです。

早速そこに行ってみると、ジュールの言わんとしていたことが分かりました。ジュールの家族の写真とともに、ボワイエ家の隣人を装って様子を伺いにきていた女性=イザベル・モーパ(Olivia Bonamy)の写真が貼ってあったのです👿。モーパは息子のトムをてんかんで亡くして以来、ジュールを息子と思い込んで狙っていたのだそう。ジュールはきっとこのことを知らせようとしていたに違いない!ジュール、でかした!

真相

ファビアンを殺したのはこのモーパでした。彼女はそこでカミーユも拉致し、母親が住んでいた家に監禁していたそうです。ジュールとガブリエルを自宅に送っていったアルチュールまでもが、そこで薬で眠らされて縛られていました😅。

モーパはジュールとガブリエルをその家に連れていき、なんとか懐柔しようとしたのを、ガブリエルが、やっとお兄ちゃんらしく彼女の隙を突いてジュールを助け出そうとします🎉。ふたりはそこでカミーユを見つけました。カミーユは子供達を助けようとしたところをモーパに見つかってしまいますが、そこにラファエルたちが乗り込んできて、皆を無事救出します

ファビアンは、以前からモーパが正気ではないと察知していて、彼女を警察に訴えようとしていたのだそうです。でもモーパは、カミーユを殺すと脅してきて、ボワイエ家の猫を殺して庭に埋めたのだそう😡。

思い余ったファビアンは、あの日、人知れずモーパを殺そうと駅に呼び出したらしいのですが、家に銃がないことに気づいたカミーユが、ジュールを連れて駆けつけてきたため計画が狂ってしまいました。それでもファビアンはそこへモーパが現れたので、彼女を殺そうと銃を抜いたのに、モーパが抵抗して揉み合いとなり、銃が暴発した結果、自分が死んでしまったのだそう

ラングレの正体

アストリッドが犯罪資料局で仕事をしていたところに、ラングレが訪ねてきました。ラングレは、アストリッドの父アンギュスが亡くなる前に付き合っていた女性=恋人だったのだそうです。アンギュスに恋人がいたことは、アストリッドはその香水=アンバーから気づいていたそうですが、ふたりとも何も言わなかったらしい。特に、アンギュスにとって一番大事なのはアストリッドだったから、娘を動揺させるようなことは絶対に避けたかったようです。

それでも亡くなる少し前、アンギュスはようやく娘にラングレの存在を告げようとしたらしいのですが、それが果たせぬまま、亡くなったと言うわけです。

ラングレに近づいてアンバーの香りを確認したアストリッドは、あなたがあの香りの人、と繰り返しました。

まとめ

ラングレがアストリッドに厳しく接したのは、彼女を合格させたかったからなのですが、本人も反省していたように、アプローチの仕方が間違っていましたよね👎。あれではアストリッドが自信を失って萎縮するばかりです。試験官がどんなに意地悪くても、それに対処できる方法を身につけることは必ずできるはず

今回はジュールがそれを教えてくれました💜。アストリッドは、ジュールがくれた写真を大切そうにあの小箱にしまいました

オマケ(8月23日加筆)

アストリッドは(たぶん)警察学校へ送ってもらうのを多忙を理由に断ったからなのか、それとも、マチルダにテツオを見せたかったのか、真相は分かりませんが、マチルダに「タナカの店」での買い物を頼んだようです🤭。とはいえ「いつも買うものは決まっている」ため、テツオはマチルダが来る前に全てを用意しておいてくれたらしい👍。マチルダは「素敵な人ね❣️」とすっかり気に入っていました。今度(他の母娘のように)話を聞かせて🤗。

アストリッドとラファエル 文書係の事件録 シーズン3 (字幕版) アストリッドとラファエル 文書係の事件録3(吹替版)
アストリッドとラファエル 文書係の事件録3 (字幕版&吹替版)
関連記事
zosan
2023/08/27 (Sun) 14:14

このドラマ大好きで オリジナル音声も聴いたりして フランス語わからないながら楽しんでいます。でも、かなり集中して見てないと 筋がわからなくなります。歳のせいかしら😆だから このサイトで復習確認させていただいています。

zosan
2023/08/27 (Sun) 14:15

ありがとうございます

このドラマ大好きで オリジナル音声も聴いたりして フランス語わからないながら楽しんでいます。でも、かなり集中して見てないと 筋がわからなくなります。歳のせいかしら😆だから このサイトで復習確認させていただいています。

こん
zosanさんへ
2023/08/27 (Sun) 18:28

こちらこそご利用いただき、ありがとうございます♪

zosanさん、こんにちは^^。
ご丁寧にお声がけいただいて、こちらこそありがとうございます。

内容がてんこ盛りなので、私も気を抜くと分からなくなっちゃいますよ^^;。

今週の放送も楽しみですね(^ー^)。こん

黒ピッグ
2023/09/09 (Sat) 19:59

ジュールにしても
アストリッドにしても
1つの症状・
自閉症者特有のスキルが
ラファエルたちの
助けになってる事に
違いはないから
強くなって欲しいって
感じました…

最初こそ
強く当たっていたけれど
やっぱりお兄ちゃんは
お兄ちゃんよね!
弟の事、守ってて偉い!

こん
黒ピッグさんへ
2023/09/10 (Sun) 09:32

自閉症も個性の1つ

そうですね〜。
「自閉症」という障害の特性を知れば知るほど、これは「個性の1つ」なのだと痛感しますね。こん