韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

グランメゾン東京 最終回 ネタバレと感想 大人たちの夢は果てしなく

2019/12/30
グランメゾン東京 0
グランメゾン東京 木村拓哉 鈴木京香 沢村一樹 玉森裕太

木村拓哉さん主演の日曜劇場、【グランメゾン東京】は昨夜が最終回でした

こうして見終わってみると、主役の木村さんはもちろんのこと、鈴木さんも沢村さんもみ~んなが素敵でしたね~。登場人物のひとりひとりがキラキラしていて、たとえ年をとっても夢を追うことの素晴らしさがひしひしと伝わってきましたグランメゾン東京は良いドラマだった( *´艸`)

年齢を重ねて肉体的な若さは失っても、情熱は決して失わず、年を重ねたことで得た知識と経験を生かして精進を怠らなければ、こんなに素敵なを手に入れることができるのかと嬉しくなってしまったほどですまた鈴木京香のおばちゃんっぷりが見事だった( `ー´)ノ。これは是非とも続編を作っていただきたいです

以下、ヒジョーに長い()ネタバレのあらすじですグランメゾン東京、最終回のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ミシュラン審査を間近に控えたグランメゾン東京では、新メニューの開発に余念がありませんでした。でも尾花は「マグロ」にこだわり続けていたため、なかなか完成できません

相沢は渾身の力作=アミューズ(お楽しみ)の「ウニのパンペルデュ」を完成させ、祥平は「手長海老のスープ」を作成すると、尾花は「上を向いて」この二品を認めました

残すは前菜と懸案の魚料理、そしてデザートだけです。

不安になった倫子は、尾花に口うるさく注意しましたもうマグロは諦めなよ!。尾花はマグロにかかりきりで、スーシェフの役目を果たしていないというのです。もう一度ちゃんと全部の料理を見直して、完成度を高めたほうがいいわ!全部に目を通して!

すると尾花は、祥平にスーシェフをやれと命じました。そこまでマグロにこだわりたいかという倫子に、尾花はキッパリこう言います。エスコフィユで三つ星を取れなかったのは、調査員を圧倒する何かが足りなかったから。マグロを出せば、三つ星のの壁は絶対に破れる!

倫子はそれでも間に合わなかったらどうするのだと詰め寄ったため、尾花は、そんなに心配なら、尾花がマグロ料理を作っている間に、自分でも他の魚料理を作ればいいと言い出しました。シェフなんだから

皆は尾花がマグロをやりたいだけだと思ったようですが、今にして思えば、尾花はシェフである倫子にもっと自覚を持ってほしかったのですよね。他の誰でもないシェフの自分が美味しい料理を作らなくてはならないのだという自覚、そしてその料理でお客様を絶対喜ばせる、という自信。本当はそれが当時のエスコフィユに足りないものだったに違いありません

倫子は尾花の挑戦を受けて立ちました。マグロ料理に代わる魚料理を完成させてみせる私がやる!

こうして尾花と倫子は、同じ厨房で同じように自分を叱咤激励しながら、文字通り昼夜なく、各々の料理を極めようとしました。口から出る言葉まで同じです

相沢と京野はそんな倫子に気迫を感じていたそうです。この店で一番成長してるのは、早見倫子シェフだよ

一方の萌絵は「三つ星のデザート」を作るというプレッシャーに押しつぶされそうになっていました。尾花はその姿にかつての自分を見たのでしょうね。祥平に萌絵を手伝うよう命じます。煮詰まってる時は誰かと一緒にやった方がいい

萌絵がさりげなく美優のことを尋ねると、祥平は振られたと答えました。それでも、三つ星を取れば美優が認めてくれるかもしれないと考えていたそうです。

失恋を確信した萌絵の心は晴れませんでした。尾花はそんな心中もすばやく察して手を打ちます。萌絵の作ったデザートを美優に試食してもらいに行ったのです

萌絵は、萌絵のデザートを絶賛する美優に、祥平を応援してほしいと頼みました。平古シェフはアンタの応援があれば、もっといい料理人になれるんだから

尾花は萌絵にも、料理人のメンタルが味に影響してくると言って聞かせます。もっと優しい気持ちで作ればもっと優しい甘さができる

美優は以前萌絵のロッカーに画びょうを入れたと告白して許しを請いました。萌絵は、今度美味しいスイーツをおごってくれればいいと許します。

こうして萌絵はついにデザートを完成させました。その美味しさには、あの峰岸も「めったくそうめえぞと大絶賛です

また相沢も祥平と一緒に「タルトブーダン」という前菜を完成させました。これも峰岸の折り紙つきです

一つ星の調査期間直前となって、ついに倫子が魚料理=ハタのロティ~ノアゼットアンショアを完成させました。旬のマハタをローストし、アンチョビとヘーゼルナッツのソースで合わせたというその料理は、皆の度肝を抜きます。相沢曰く、意識を吹っ飛ばされるような迫力があるそうです

尾花もまたその料理には心を奪われていたようですよね。食べた後にいかにも満足そうな笑みを浮かべていたのに、それはほんの一瞬で、上を向かなかったので、倫子は「ダメか」と下を向きました

あるいはあそこで倫子が自信満々だったなら、尾花も引き下がったかもしれません。でもそうではなかったため、尾花は引き続きマグロをやる、と豪語しました

おばさん、その魚料理で三つ星とれると思う?

倫子は「わかんない」と答えたため、尾花はその料理じゃ無理だ、とダメだししたのですよね。そのハタの料理じゃ三つ星は無理だ

一つ星と二つ星の審査ならそれでいいが、三つ星の審査はマグロで行く、、それまでには必ず完成させる!

一方で、ミシュランの調査員は一つ星の審査には一人で来店すると言われていたのに、グランメゾン東京には、新規の顧客の予約が全く入っていませんでした。トップレストラン10位に入った店なら調査対象になるはずなのに、それが調査に来ないということは、リンダの圧力がかかっているからです

尾花は早速リンダに会いに行きました。リンダは、平古祥平がいる限り星を取らせないと言ったはずだと念押ししますが、尾花はリンダを信じている、と畳みかけます。

リンダ・真知子・リシャールは、金や権力に媚びず、忖度もしないで、自分の舌だけを信じて、うまいものをうまいって世界に広めてきた。いい料理といいサービスを提供してる店は、正しくジャッジされるべきなんじゃねえの?それなのに何やってんの?

リンダは、爵位を持つ名士でパリの政財界にも顔が広いオーナーが怒っているのだと打ち明けました。

尾花は、今いる椅子にしがみつくために自分のポリシーをねじ曲げんのか、と挑発します

私は自分の舌に嘘をついたことは一度もない

そう豪語したリンダに尾花は、もう一度食べに来いと誘いました。尾花が言うには、リンダは、最高の料理を味わいたくて世界中を旅しているうちに、何を食べても心が動かなくなってきたのだそうです。人生で最高のフルコースを出す!お願いだから来てくれ!

これまた今にして思うと、尾花がリンダをこれほどまでに必死でくどいたのは、ミシュランの審査もさることながら、リンダに認めてもらうことによって、倫子に自信を付けさせたかったからなのではないでしょうか。

こうしてリンダがグランメゾン東京にやってきました。案内する京野の問いにとげとげしい態度で応じたリンダを、京野は「ご機嫌が少々傾いている」と皆に伝えます。優しい気持ちになっていただきましょう!

尾花もまた倫子が突き出した両手首をがっしり掴んでこう伝えました

倫子、俺達が今までやってきたことを、全部、今日出すぞ!思いっきり楽しもう!!リンダにも楽しんでもらおう!

ワインはリンダの希望通り、カップリングで選ばれました。「ウニのパンペルデュ」には爽やかな酸味が特徴のワインがサーブされます。ウニのアミューズの後に定番の山羊のミルクのバヴァロアを食べた後、ワインを飲んだリンダの顔にかすかな笑みが浮かびました

次は尾花自らサーブに来ます。栞奈と議論して完成させた「白子のポッシェ・ショーフロワ」は冷たいワインとのマリアージュ(組み合わせ)が絶妙です

手長海老の温かいスープは、倫子がパリで初めて尾花に会った時に尾花が作った手長海老のエチュベアラミニュットを彷彿させました。スープを飲んだリンダの表情が和らぎます思い出のシーンが流れていきます♪

同じように、かつて尾花が作ったクスクスアラメゾンは「クスクスのサラダ」と姿を変えました。ここでリンダは初めて「美しいと声を発します。

サラダを一口食べたリンダは顔を上げ、恍惚の表情を浮かべて反り返りました冨永愛さんがまたうまい(^^)/。その反応を見た尾花は後ろを振り向いて、よし!とガッツポーズを決めます

また相沢が祥平と考案した「タルトブーダン」は豚の血とリンゴのタルトにレバーをソースにして食べるのだそうです。リンダはこれを食べながらうんと頷き、まごうことなき微笑みを浮かべました。その笑みは厨房に伝播し、皆が笑顔になります

次はいよいよ倫子の「ハタのロティ」です。倫子の後姿を心配そうに見つめる尾花と、振り返って、うんと頷いた倫子の表情が印象的です

リンダは一口食べると、美しい眉を片方だけひょいと上げ、後は物も言わずに一心にフォークを口に運んでいました。倫子は身もだえして喜びます

そして祥平の肉料理が登場しました。前回リンダをうんと言わせられなかった「キジバトのドゥミ・アンクルート」です。祥平自身がサーブしましたが、もうその頃リンダは、復讐心メラメラの実業家ではなく、単純に美味しいものを楽しんでいるフーディーに戻っていたので、屈託のない笑みを浮かべてその一品を堪能しました本当に美味しそう♪

最後にデザートのクレームダンジュを食べたリンダは、いかにも感に堪えないという表情を浮かべて宙を見上げましたグランメゾン東京は本物だわ!。その様子を「最高のチーム」が見守っています

食事が終わったリンダのもとに倫子が赴きました。

「グランメゾン東京のフルコースは旅をしてでも食べる価値があるでしょうか?」という倫子の問いに、「自分の味覚に誇りと責任を持ち、本当に価値のある料理を世の中に正しく広めてきた」と自他ともに認めるリンダは、迷うことなく、「ある」と断言します

もう一度こういう体験ができると思わなかった。今までのベスト

リンダは、いたずらっぽい表情を浮かべて、これだから止められないのだと尾花を見つめました。尾花はあはははと笑います

リンダは早速ミシュランに連絡してくれたらしく、調査員が予約してきました。そのせいでリンダはマリクレールダイニングを首になったらしいですが、絶対的な自信を持つ舌で再び勝負すると去っていきます

本物のフーディーはね、自分の舌に嘘をついたら終わりなの

リンダが正しかったことはグランメゾン東京が証明してくれる、と断言したリンダは実にカッコよかったですね~。すっかりファンになっちゃいました

一つ星の調査員に続き、二つ星もやってきました。そしてついには三つ星がくるというその時になって、尾花のマグロも完成します

相沢も京野も絶賛しましたが、美味しいと語った倫子の表情には何か含みがありました。でもそれ以上は何も言わなかったので、尾花は、三つ星はこれで行く、と念を押します。これもまた倫子の覚悟のほどを試していたのでしょう。

その三つ星審査の当日にハプニングが起きました。クスクスサラダに使う和ゼリが、渋滞で届かなかったのです

そこへ、丹後がその和ゼリをもって現れました。丹後がgakuを去った後、江藤が新しいシェフとスーシェフを呼んだものの、これがサッパリ使えず、gakuは閉店に追い込まれそうになったところに、丹後が戻ってきてくれたのです。丹後はかつて江藤に救われた恩を返したかったのだそう

今回も丹後の恩返しだったようですね。丹後のために最高級の和ゼリを手に入れようとした江藤は、峰岸のところに日参しては断られていたのを、尾花がこっそり口添えしてくれたのだそうです。丹後は信頼できる料理人だから、と

これでウチが三つ星とっても後悔すんなよ

その和ゼリのクスクスは芹田がやらせてほしいと手を上げました。尾花も的確な指示を与えて、これまた自信を持たせます

そしていざマグロを出そうという段になって、それまで何度もためらっては口ごもっていた倫子がハタを取り出してきました。ごめん、やっぱりマグロは止めよう。私のハタを出す

尾花は、尾花のすべてをかけた料理を否定するのか?と気色ばみます。パリで自慢料理作ったのに俺に負けたよな?

倫子は、あの時とは違うと答えました。私の料理で勝負する!私のハタの方が美味しいわ!

尾花は店を辞めると言って厨房を出ていきました役者やの~(;^ω^)。それでも倫子はお客様のために料理を続けます

その様子に安心した尾花は、翌日祥平を呼び出して、倫子のことを頼んだそうです

星を持つようになったらプレッシャーに悩まされる。その時に必要なのは「自分を信じる力」「自分の料理で星を取ったという揺るぎない手応」~それには尾花夏樹は邪魔なだけだ。京野がいれば安心だけど、厨房にも相棒が必要だ。お前がスーシェフとして支えてくれ

ミシュランの審査発表の日、緊張みなぎる会場で、やっぱりマグロにすべきだったと反省し始めた倫子に、京野と祥平が尾花の気持ちを伝えました。パリではアメリーとエリーゼが、日本では相沢の母や峰岸夫婦、そして尾花の師匠の潮と凪子が「三つ星」が取れるよう祈っています

尾花とリンダの目は正しく、倫子のグランメゾン東京は見事に三つ星を獲得しました。今年新しく三つ星を獲得した店はグランメゾン東京ただ1軒だけだったそうです。ちなみにgakuは星をすべて失いました。やはり準備が足りなかったようですね

倫子は授賞式の壇上で、三つ星が取れたのは、たゆまぬ努力と星への情熱こそが夢への近道だと教えてくれた仲間たちのおかげだ、と語りました。

料理には人を動かす力があると教えてくれた尊敬する尾花夏樹に負けないよう、これからも努力し続けます!

尾花も会場の後ろでその様子を見守っていました。涙ぐみながら倫子に拍手を送り、会場に明かりがついて倫子がそれに気づくと、やったな、とでもいうように指を3本出して見せます

倫子はすぐに駆け付けてきて、取った、取ったよ!!と尾花に抱き着きました。尾花も嬉しそうに倫子をガシッと抱きしめます

あのハタのロティ、あれ死ぬほど、死ぬほどうまかった

尾花が初めて口で褒めました。でもその感動があったからこそ、マグロができていなくてもリンダを呼べたのですものね

それから尾花は去っていくのですが、だれもが尾花は、師匠から申し出のあった「ランブロワジーの(東京)姉妹店」でシェフになったものと思っていました。が、実際に行ったのは、師匠は師匠でも浅草の浪漫亭、おめかししてランブロワジーに出かけた倫子は当てが外れて浅草に駆け付けてきます

何でよ?ランブロワジーの姉妹店じゃなかったの?こっちの師匠だったの?

倫子は呆れ果てたように、これからどうするつもりなのかと尋ねました。すると尾花は「二人で世界一のグランメゾンつくろう」と言っただろうと答えます

なんと尾花は、ふたりで世界中の星をかっさらう=海外にグランメゾン東京の姉妹店を出そうと言い出しましたお金持ってる?

いや~あれからタンマリ貯め込んだことでしょうよ。なにせおばちゃんですからね

貸さないよ!

相沢もパリに戻ったことですし、まずはパリ支店ですかね~それとも珍しい食材を求めて他の国でしょうか。その姿が目に浮かぶようですねまた皆に会いたいわ~( `ー´)ノ

またgakuは一から三つ星を狙うと奮起し(でも江藤は関西弁を止めない)、祥平は美優の父親に認めてもらえたようです

あ~本当に楽しいドラマでしたね~。年末をこれで締めくくれて幸せでした。次回の「テセウスの船」も楽しみですね


【Amazon.co.jp限定】RECIPE (レシピ) (デカジャケット付)~山下さんのこのエンディングテーマがまたイイですね~


【Amazon.co.jp限定】グランメゾン東京 Blu-ray BOX(キービジュアルB6クリアファイル(赤)付)

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.