韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

G線上のあなたと私 ネタバレと感想 第7話 也映子の選択

2019/11/27
G線上のあなたと私 0
G線上のあなたと私 波瑠 松下由樹

波瑠さん主演の【G線上のあなたと私】の第7話を視聴しました。也映子は確かに不器用だけど正しい選択をしましたよね。たとえそれで恋愛のチャンスを失ったとしてもそれはそれまでの縁だったということで、也映子自身は一生胸を張って生きられるとおばさんは確信しています也映子は偉かったよ!(^^)/


以下早速ネタバレですG線上のあなたと私のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


眞於が窮地に陥りました。理人の大学の教授のおかげで、腕はだいぶ良くなってきたかに思えたのですが、いざ演奏会でソロを弾こうとしたら、途中で指が動かなくなってしまったようです


でも眞於はこれを誰にも言わず、密かに教室の講師も辞めてしまいました。前々から辞めたいとの話はあったそうですが、それはまた演奏家として生きていきたいという理由だったのが、今回はその願いが絶たれてしまったのですよね。


眞於から、今後の活動に向けてヴァイオリンを買い替えるから、今のヴァイオリンを譲ると言われたと也映子が言うと、たまたま眞於の演奏会を見てしまった幸恵が眞於の真意を察しました。先生はヴァイオリンを辞めるつもりよ


また眞於は侑人の家の前まで行ったそうです。その近くで子どもを遊ばせていた芙美に挨拶をして、侑人の家の前でしばらく立ち尽くした後、何もせずに去っていったのを侑人が目撃して理人に電話をかけてきました。眞於はお前に会いに来たんだ。お前が行ってやってくれないか?


いやいやそーじゃないですよ。だって理人に会いたいなら電話をすればいいんだものね。それとも理人が好きになったから電話できなかったのでしょうか


また芙美はどうやら眞於のことを知っていたようなのですよね。確かに芙美は眞於から侑人を奪ったかもしれないけれど、それは侑人の選択で、眞於も、時間はかかったかもしれないけれど納得して別れたのですから、子どもが生まれて幸せに暮らしているところに顔出すべきじゃないと思うな~ってわかっているから黙って帰ったのでしょうが


この芙美と姑の敏美(長野里美~田宮君子@あなたの番です)のやり取りを聞いていても芙美は本当に良い子で、侑人の選択は正しかったように思えますよね


さて話を先に進めますると、也映子は理人や幸恵とともに眞於の家へと急ぎますが、その途中でハッと立ち止まりました。3人で行くと眞於は「先生」にならなければならないが、今の眞於に必要なのは理人だけだと気づいたそうです


その理人は今や眞於への気持ちはすっかり整理して、也映子を好きになっていました。理人は也映子が好きだと言おうとしますが、それを察した也映子は「人間愛」を持ち出します。


少なくとも、人生の1/4思い続けてきた人が一番苦しんでいるのに、知ってて行かないあなたは嫌。今行かないという選択をして二度と会えなかったら、一生後悔することになる。今溺れて息ができなくなってるのは眞於先生。だから助けに行ってあげてほしい


理人は眞於のもとへ行き、也映子は幸恵とカラオケに行きました。也映子は幸恵の問いに答えて、もし理人に交際を申し込まれたら付き合う、と語ります。たとえそうでも、理人には弱っている人を見捨てたりしないでほしいと思ったのだそう。


でも、たとえ口ではそう言っても、也映子の心は悲鳴を上げていました。也映子は急に胸の痛みを訴えます。私、28で心筋梗塞ですかね?


苦しくて息ができないという也映子を幸恵が抱きしめます。バカね、也映子ちゃん


その頃理人は、眞於に部屋に引きずり込まれていました。繰り返しになりますが、眞於は眞於で理人に惹かれ始めていたようですよね。


あ~やっぱりおばさんはこの人好かんわ~。自分から理人を振ったくせに、頼りたくなったら頼るなんて勝手すぎでしょ


でももしかしたら、理人が也映子を好きになり、眞於への感情が「人間愛」になったことを察したからこそ、甘えているのかもしれませんよね。だったらいいんですけど。


也映子もようやく就職が決まり、幸恵も、姑と娘が幸恵を解放してくれて自由の身になりました。理人は卒業を控えて忙しそうですが、ようやく3コンの夢は叶いそうです


あ~早く納まるところに納まってほしいものですね~。おばちゃん的にはもうヤキモキしすぎて見てられませんわ



G線上のあなたと私 1-4巻 新刊セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.