韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

HOMELAND S7 あらすじと感想 第5話 積極工作

2020/05/20
HOMELAND7-ホームランド7 0
ホームランド アメドラ

~HOMELAND/ホームランド シーズン7 あらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: HOMELAND/ホームランド シーズン7 あらすじと登場人物、キャスト

ホームランド7の第5話は「積極工作」(Active Measures)です。これまでずっとオキーフが悪の権化だと思い込んでいましたが、アイツは単なるピエロだったということでしょうか

以下早速ネタバレですホームランド7のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

オキーフの釈明を聞いたソールは、これまで世論を操っていたのはオキーフではなく「ロシア」だと確信しました。そんなに簡単にオキーフの話を鵜呑みにしてもいいのか、と思わぬでもありませんでしたが、キャリーの捜査でも似たような可能性が浮上してきたようなのです。ウェリントンが黒幕ではなかったのか?

今回キャリーはダンテとマックスの他、元カレだというステイン(William Popp)やドクシー(William Popp)にカーター・ベネット(Ari Fliakos)を誘ってチームを結成しました。彼らとともにシモーヌを探るつもりです

久々の「オペレーション」なので多少の失敗もありましたが、なんとかシモーヌに罠を仕掛けてどう出るかを見極めるところまで漕ぎつけました

まずはシモーヌがオフィスに一人きりになったところを襲い、手に入れた5万ドルがマクレンドン中将暗殺の報酬だったことを認めさせます。その上で、追加で10万ドルを手に入れて渡すよう脅しました。そこまで言えば、シモーヌがウェリントンに相談するだろうと想定してのことです

確かにシモーヌはすぐにウェリントンに連絡して家に会いに行きましたが、特に変わった様子は見せず、単に会いたかったと言って早速〇行為に及びました

マックスより一足遅れてこの様子を目にしたキャリーは狐につままれたような顔をしますWhat the f*ck?!

キャリーの推理では、シモーヌの背後にはウェリントン、およびキーンがいて、彼らがマクレンドン中将を暗殺させたはずでしたが、そうではないらしいということですよね。シモーヌの暗殺への関与は明白でも、黒幕は別にいるということ

そこで浮上するのが「ロシア説」です。もちろんソールはキャリーが何をしているかは知りませんし、キャリーもまた「ロシア説」は考えていないようでしたが、ソールは、フェイクニュースを発信し、政権を揺るがしているのはオキーフではなくロシアだとキーン達に伝えました

I'm talking about information warfare.
これは情報戦だということだ

主語は「We」ですが、同じフレーズはオープニングのところにも登場していましたね

ソールは、東欧でも似たような事例があったと主張しますが、キーンは、いかにも「また始まった」と言わんばかりで、ソールを無視します

それはウェリントンも同様だったため、ソールは独自のつてを頼りました。ワイオミング州のホバックに住む、ロシア諜報機関の元ベルリン支局長=イヴァン・クルーピン(Mark Ivanir)に会いに行ったのです。シーズン5でソールをたぶらかしたアリソンと組んでいたロシア人ですわね

ソールはクルーピンに、以前クリミア侵攻を正当化するためにフェイクニュースを流したように、今回は大統領の失脚を正当化するつもりだろうと詰め寄りました

I read your debrief on active measures. If anything, you ran up enough efforts to undermine democracies all over the world.
君の書いた積極工作に関する報告を読んだ。世界中の民主主義を転覆させるつもりだ。

クルーピンは否定します。

It's too dangerous, and too soon after we were caught with our hands in your elections.
危険だし、何より、アメリカの選挙に介入したばかりだ

こんなところで認めちゃいましたね~これには大笑いでした

それでソールは「エフゲニ・グロモフ」という男を疑います。クルーピンは考えすぎだと交わしたようですが?

Sometimes, a domestic crisis is just a domestic crisis.
時に国内の問題は単なる国内の問題にすぎない

まあソールの話だけならそれでも納得したのですけど、シモーヌのこともありますから、可能性はありますよね

一方で、ルーカスビルで殺された人々の追悼式が行われることになりました。地元民が主催のため、同じように殺されたグッドマン(Cory Hart)を始めとする5名のFBI捜査官の名は追悼名簿に入っていません

それを見たキーンは早速、グッドマンの妻で自身もFBI捜査官らしいジャッキー(Chinasa Ogbuagu)に会いに行きました。キーンはグッドマンの死を悼み、是非追悼式に出席してほしいと依頼します。ジャッキーは耳を疑いました。夫を処刑した人間の仲間に会いに行けというの!?

キーンは、ジャッキーがその場に行くことが、最も国民を冷静にする=ケダモノではなく人間らしく振舞うよう伝える最上の方法なのだと訴えました。同じ女性としてこんなことを言うのは辛いけど、それが真実

ジャッキーはキーンの頼みを聞き入れてくれました

少し遅れて入ってきた彼女を見た地元民たちは口々に彼女を罵りますが、唯一、JJの母のメアリーだけは彼女を歓迎してくれます。メアリーは立ち上がって席を譲り、隣に座ったジャッキーの手をしっかり握りしめました。ここは見ていて胸が熱くなりましたね

3人の子どもを含む19名の死者を出した本当の原因はいったいどこにあるのか?しっかり見届けたいですねホームランドが面白い(^^)/

~これまでのホームランドのあらすじはこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5S6


HOMELAND/ホームランド シーズン7 (SEASONSブルーレイ・ボックス) [Blu-ray]

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.