Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

DOC あすへのカルテ シーズン2 ネタバレと感想 第1話 新たな人生

〜DOC あすへのカルテのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます💐: DOC あすへのカルテ あらすじと登場人物リスト

イタリア発の医療ドラマ【DOC(ドック)あすへのカルテ】のシーズン2がスタートしました。時は2020年2月ということでまさにコロナ禍に突入した頃で、画面からも「作り物」ではない&並々ならぬ緊張感と焦燥感が伝わってきた気がしたのはおばさんだけでございましょうか😨。以下第1話「新たな人生」(Una vita nuova)のネタバレですDOC2のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

パンデミックの幕開け

中国でコロナ感染症(COVID-19)が確認され、世界中への拡大が懸念される中、イタリアではまだほとんどの人がこれを「対岸の火事」と認識していました。唯一アンドレアだけはパンデミックの可能性を憂えて、アニェーゼに早く対策を立てるよう助言しています。

それぞれの道

あれほど固い絆で結ばれていた内科チームも、それぞれが「自分の決めた道」へ進もうとしていました。アンドレアは、なんとかして彼らを引き止めようと奔走します。

ジュリアとロレンツォ

アンドレアを諦めることにしたジュリアはジェノヴァの病院への転職を決め、ロレンツォは薬物依存を猛省して医者を辞めようとしていました。

ところがここでジュリアが「妊娠」に気付きます。父親はロレンツォです。彼女はロレンツォに会いに行きながらも、この事実を伝えられぬまま帰ってきてしまいました。が、ロレンツォは、何かを察したのか、自分がいないせいでジュリアが多忙なのは申し訳ないと、病院に戻ってきてくれます👍。

ジュリアはそのロレンツォの目の前で気を失ってしまいました。そのせいでロレンツォに妊娠を知られてしまいます。どうやら子供好きらしいロレンツォの表情は一変しました😍。でも彼はジュリアに何も強制しません。彼女がどんな結論を出そうと、ずっとそばにいる、とだけ伝えました🌹。

ガブリエルとエリーザ

エリーザは最初、なんとかしてガブリエルを引き止めようとしていましたが、それよりも自分がエチオピアに行くのが簡単だという結論に達しました🤗。ガブリエルはこの決断を最初は喜びますが、次第に不安になっていきます。望めばなんでも手に入る都会暮らしをしてきたエリーザが、エチオピアでの生活に耐えられるはずもないからです😔。

一方でアンドレアはガブリエルに、故郷に帰らずにここに残って故郷の医療を支援するという選択肢もあると促しました。ガブリエルさえイタリアに残ることになれば、エリーザも漏れなく残るはずです😈。

が、エリーザは、ガブリエルに信頼されていないと知って、すっかり怒ってしまいました😤。いや〜だいぶ昔のことになるけど、おばさんもインドを1ヶ月ほど旅行したことがあるのだけれど、あの派手好きなエリーザには、いくらワンコ好きでも、アフリカでの暮らし(しかもきっと無医村とかよね?)は無理のような気がするワ😓。

カロリーナ

アンドレアとアニェーゼの娘のカロリーナが医学部の卒業を間近に控えていました。アンドレアは、彼の働く内科で研修をするよう勧めますが、あまりにうるさく勧めたために、カロリーナにうざがられてしまいます😅。彼女は「仕事とプライベート」を区別しておきたいのです。これはもう絶対カロリーナの方が正しいですよね

コロナ疑いの患者

そんな時に、呼吸器感染症が疑われるウェディングドレスデザイナーのアガタが入院してきました😨。普通の治療を施してもなかなか良くならなかったことから、アンドレアは「コロナ感染」を疑います。アガタの見舞いに中国人の妻を持つ男性が来ていたから尚更です。

アンドレアはでも最初は「不倫」による他の感染症を疑ったのですが、アンドレアとアニェーゼの大学時代の同級生で感染症専門医のチェチーリア・テデスキ(Alice Arcuri)は、即刻隔離を命じました。

アガタの診断に当たっては、皆、なんの防護もしていなかったので、もしコロナだったら皆感染が疑われます😱。外国人医師は普段はマスクをしませんからね。それを予感させるように、彼らが触ったもの全てがクローズアップされていたのがまた不気味でしたね

が、結局アガタの病は、ストレスが原因の「スティル病」でした。彼女は、双子の妹ダリアと立ち上げた事務所の経営でひどく悩んでいたのです。ダリアはアガタに、事務所のことよりも自分を優先して生きてほしいと伝えました💐。

ついに来た!

ふたりの会話を聞いたアンドレアは、いつの間にか皆に自分の要求を押し付けていたことに気づきます😨。これを「ウィルス」に例え、自分が「人に頼らなければ生きていけないウィルス」になっていた、と深く反省しました💦。アンドレアはこの気持ちを皆に伝え、それぞれの旅立ちを応援すると伝えます。ところが・・・。

そこでまたジュリアが倒れました。しかもいきなり心停止です。必死の治療の甲斐あってなんとか意識を取り戻したジュリアに、ロレンツォが、自ら消毒した酸素マスクを付けました。そこでジュリアは、消毒薬の臭いがしない🤨、と語ります。そう、ジュリアはコロナに感染していたのです!?

エピローグ

数ヶ月後、アンブロジアーノ病院は徹底した消毒が行われていました。消毒を担当していたのはどうやらカロリーナのようでしたね。

まとめ

アニェーゼは、もう養子が来ちゃったようなのに、いまだにアンドレアに未練があるようでした😔。そんな時に現れたチェチーリアは、学生時代、アンドレアが好きだったそうです。しかも、アニェーゼとアンドレアが結婚してからもずっと一人を貫いていたらしい。せっかくジュリアがロッロとまとまりそうだったのに、これまた波乱の予感ですね😈。

DOC(ドック) あすへのカルテ
AmazonPrime:DOC(ドック) あすへのカルテ1
関連記事