Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

DOC あすへのカルテ シーズン2 ネタバレと感想 第15話 ウソと汚名

〜DOC あすへのカルテのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます💐: DOC あすへのカルテ あらすじと登場人物リスト

イタリア発の医療ドラマ【DOC2あすへのカルテ】の15話は「ウソと汚名」です。こうした展開(濡れ衣を着せられたり陥れられたりする)があるたびに思うんですけどね、なんでもっと皆、信じてあげないんですかね真実を知らずに無条件で信じてくれたのはエンリコだけだったなんて、それまたなんとも情けない話でやんすよ😔。付き合いの浅い研修医はともかく、ジュリアなんてもう10年以上も付き合ってたらしいのに。アタイにはそっちの方が信じられん🤨。

もし、何か深い事情があるに違いない、と思ったとしても、そんな事情を話してもらえないことに対して(=自分が信頼されていないとの)怒りを覚えるんかな。

ぼやきはそれぐらいにして🙏、以下あっさりネタバレですDOC2のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

ねじ曲げられた真実

ついにアンドレアの嘘が発覚しました💀。皆から非難の目を向けられたアンドレアは、すべて自分のせいだと告白します。ロレンツォのボンベを外してもっと必要な患者に回したが、その後席を外してしまったため、彼の急変に気づけなかった。でもあの判断は医師として間違っていなかったと断言できる(これはカロリーナのために強調した)。その後は、皆から責められるのが怖くてカルテを改竄した。どうか僕を許してほしい。

エンリコだけが、アンドレアはそんな卑怯なやつじゃない!と信じてくれましたが、他は皆、彼をとことん軽蔑しました👎。いや〜もしアタイがアンドレアだったら、この後真実が分かったとしても、もうこんな人たちのとこにはいたくないと思っちまうワ💦。

カロリーナはいたたまれなくなってまたしても苦悩しますが、リッカルドは、ここまで事態をこじらせたのはアンドレアだから、カロリーナが悩むことはない、と慰めます。いや、それも冷たいわ〜😔。これはリッカルドが独身だからなのかな。エンリコは、アンドレアが下手な嘘をついたのは、ひとえに「娘のカロリーナを守るため」に違いないと見抜きました。また既に息子のマッティアを失っていたことも(過保護に)拍車をかけたようでしたね。

反撃の狼煙

ここで立ち上がったのがアニェーゼです。アニェーゼはコスタンツァから、以前のシステム障害はウンベルトの仕業かもしれないと教えられたのです😍。ほぉ〜コイツは院長だったのですね〜今回ようやくハッキリしました😂。アニェーゼが院長の時は事務長かなんかで、彼女の失脚によって昇格したのですね。

アニェーゼは、さすがに院長だっただけあって👌、ウンベルトを一撃で仕留めるために、アンドレアにも内緒で、かなり慎重にことを進めますいいぞ、アニェーゼ!。下手にどこかに漏れたら邪魔されかねませんからね。でもこれを一番に「友達のチェチーリア」に打ち明けたのがまたよかった🤗。チェチーリアもアンドレアを信じてくれていたのが実に嬉しい👍。アンドレアに付くなら、協力してくれる?😁

も〜ここはワクワクしますね。カロリーナもきっと真相を話してくれると信じていますよ。最終回は年明け1月7日だそうなので、その頃にはここも再開しているはず(あくまでも予定)です🐒。

悪夢再び

今回紹介された症例は2つです。1つはこれまた嘘が嘘を呼んで正体が見えなくなってしまったケース(患者は嘘をつく)でしたが、もう1つは、まさに「悪夢」の再来でした。KPC(Klebsiella pneumoniae carbapenemase〜カルバペネマーゼ産生腸内細菌感染症)という感染力も致死率も非常に高い感染症です😨。これが高齢男性患者同士の部屋から院内感染で広がっていきました😱。男性のうちひとり=バルトロは亡くなり、もう一人の庭師のジェラルドも重症です。ふたりを見ていた&働きすぎのリッカルドもどうやら感染したようです😱。

前者のマルティーノはハンセン氏病で、子どもの頃に家族と旅行したブラジルで感染したそうです。牧師の父親が婚前交渉を厳しく禁じていたために、息子は真実が言えずに隠れて女性と付き合っていましたが、その父親自身、婚前交渉で息子を授かり、急いで結婚したのだそうです💦。その妻は息苦しい結婚生活に耐えられず、年に1〜2度はブラジルに逃げて愛人と過ごしていたらしい。

後者のおじいちゃんふたりのうち、ジェラルドはかつて大腿骨を骨折して置換手術を受けたところに骨髄炎を起こしたのだそうです。それがどこでKPCなんてもらっちまったのかしらねえ😭。とても他人ごととは思えんわ。

この院内感染を報告にやってきたチェスコーニの話を聞いたアンドレアが、部屋番号からすぐに「庭師のジェラルドか!」と心配したのを、今度はチェスコーニが「なんでそんなに患者のことに詳しいんだ」と語ったのを聞いて、思わず呆れちゃいました😵。いや、そのくらいの情報は(正しい診断を下すためにも)知ってて当然だから

まとめ

このように大変な時に、ガブリエルが戻ってきてくれたのは朗報です。彼は一度大きな挫折を経験しているので、きっとアンドレアの気持ちも理解して味方になってくれるはず。またリッカルドの病状も心配ですね。大事にならないと良いのですが。

DOC(ドック) あすへのカルテ
AmazonPrime:DOC(ドック) あすへのカルテ1
関連記事