18/40~ふたりなら夢も恋も~ネタバレと感想 第4話 優しい人間関係が嬉しい

福原遥さん&深田恭子さんがW主演のドラマ=「18/40(エイティーン/フォーティー)~ふたりなら夢も恋も~」の4話を視聴しました。ま〜大学生ってあんなに幼いんですかね〜😥。フィクションだと思いつつも、思い切り呆れちゃいましたわ😤。以下早速ネタバレですエイフォーのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

女性ならではの喜びと悩み

有栖の妊娠

有栖のお腹の赤ちゃんは順調に育っていました🌹。お腹も目立つようになってきて、大学では心無い噂が広まっていきます👿。遠くから有栖の姿を見て、そのお腹が大きい写真を撮ろうと狙う若者たちが、実に浅ましかったですね😤。アタイがあそこにいたら、あんたたちいったい何がしたいわけ?💢って怒鳴りつけてやりたいですわ。妊娠がそんなに珍しいかっ!!このク○ガキどもめっ!

その代わりに黒澤がヤツラをやっつけてくれたのはスカッとしましたね〜😍。お前ら、そんなガキみたいなことして恥ずかしくないの?!お前もこうやって生まれたんだよっ!!

有栖の妊娠は、大学だけではなく職場でも知られてしまいました。こちらは偶然店長の本橋和也(坂口涼太郎〜槙野伸治@らんまん)が、有栖の母子手帳を見てしまったのです💦。

でも本橋や店員の三上ミカ(ゆめぽて)は、決して冷やかしや蔑みではなく、むしろ、有栖の体を心配して困っていましたね👍。妊娠を知っていれば、決して無理はさせないのにって💜。この優しさがまた嬉しい

知らせを受けた瞳子は、自分が有栖の妊娠を知っていたことを伝え、ふたりに謝罪します。またこの話は本社でもすぐに広まり、瞳子が責任を問われることになりました。でも瞳子の会社の親会社の社長だという黒澤祐一(髙嶋政宏〜菊知岳大@ラストマン-全盲の捜査官-)は、有栖を解雇することで幕引きを図ろうとします。黒澤も、有栖の才能を見込んでくれていたらしいのですけど、ここは瞳子を庇おうとしたのでしょうね。

黒澤は、早速、有栖の代わりのバイトを連れてきました。それがなんと、有栖の大学の先輩の黒澤だったのです😲!

瞳子の病

一方の瞳子は、以前から治療(服薬)をしていた嚢胞が小さくならず、むしろ大きくなっているとの診断を受けました😨。柴崎は、薬を変えてみて、それでもダメなら手術を考えた方がいい、とアドバイスします。今は良性でも放っておくとガン化する可能性も否定できないからです。

瞳子はすっかり落ち込んでしまいました😭。

そんな瞳子に加瀬が接触してきます。彼はかつてプロ野球の新人王だったのだそうです。あ〜それでバッティングセンターか。瞳子が有栖のことで市郎とカフェで会っているのを見た加瀬は、てっきり、市郎が瞳子の元カレだと思い込んで嫉妬してしまいました😁。瞳子は慌てて否定しますが、加瀬の気持ちを知って嬉しくなってしまいます😍。あなたが好きです!💐

市郎の苦悩

その市郎ですが、有栖に中絶を命じた自分を大いに反省していました🐒。それで瞳子に手紙を書いて、会って話をすることにします。瞳子は、母親がいないから育て方を間違えたと嘆く市郎に、有栖の気持ちを代弁してくれました。有栖は市郎のことをとても大切に思っている、思っているからこそ、本当のことがなかなか言えずに悩んでいたのだ、と👍。

市郎は、妻の真理が亡くなってから、なんとか自分なりに精一杯有栖と接してきたのだそうです。そのシンボルとして「クマのお弁当の巾着袋🧸」が登場しました。その頃にはもう大きくなっていた有栖にとって、これは可愛すぎ=恥ずかしいグッズでしたが、有栖はその後もずっとこれを大切に使ってきたのだそうです🤗。それを知らない市郎は、このお弁当袋を一旦は捨てようとしたのですが、瞳子からこの話を聞いて、またきれいに洗濯していました🤭。

また有栖は、幼い頃に買ったらしい「消防士」のステッカーも大事にしていたそうですね。瞳子も1枚もらったそれを市郎に見せていました🌸。

瞳子は市郎を誘って有栖に会いにいきます。市郎はそこで、子供を産むなら大学は休学しろと勧めました。でも有栖は、どちらも叶えたいと主張します。それを応援してくれるのが瞳子だから、瞳子とこのまま暮らしていきたいと力説しました。

でも市郎は、出産は命懸けだから、両立は難しいと反論します。止めるんじゃなくて回り道をするだけだ。でも必ずいきたいところへ行けるから❣️。瞳子も精一杯応援しました。必ずキュレーターになろう!

有栖が疲れ果てて寝てしまうと、市郎は瞳子にこっそり生活費を渡しました。瞳子は断ろうとしますが、市郎は「父だから」と押し切ります

関連記事